温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月07日

週末はプチカンヅメ

 K.W(カンヅメ・ウィーク)が明けて束の間、昨日一日取材に出かけただけで、早くも今日から巣ごもりです。
 たまりにたまった原稿の山を、連休中にだいぶ片付けたのですが、先送りにした原稿や新たに取材した原稿がプラスされて、現在、9本分の資料が未執筆のまま、机の上にドカンと鬼積みされています。

 週末は、いつもプチカンヅメ。これはライター稼業の常識ですから、今さら四の五の言っても始まりません。因果な商売に手を染めてしまったとあきらめて、黙々と執筆作業を続けるのみです。
 幸か不幸か、この歳になると子供も大きくなって、休日にどこかへ連れて行かなくても良いので、わずらわしい家族との関わりもありません。思う存分、仕事に専念できるというものです。土日は仕事の電話やメールが入らないのもいいですね。

 今週末の必筆目標は、原稿6本です!
 来週は月曜日から、また温泉行脚が始まるので、それくらいは片付けておかないと、その後の仕事に支障をきたします。

 5月、6月は出版本の追い込み取材に入ります。今月中だけで12温泉をめぐりますので、気が抜けません。5日に2つの温泉に入っていることになりますね。
 「ああ、たまには、のんびりと温泉にでも行きたい」と、思ってしまう今日この頃です(笑)。  


Posted by 小暮 淳 at 14:36Comments(0)執筆余談

2010年05月06日

ネットで3,000円 !?

 この連休に、嫁いだ娘が里帰りしました(嫁ぎ先は県内なのですが)。
 帰って来るなり、父を見ての第一声が「おとうの本、ネットで中古が3,000円で売られているよ」でした。
 話を聞くと、拙著『ぐんまの源泉一軒宿』が、新品より高く出回っているらしいのです。

 さっそくアマゾンで検索してみると、確かに「中古品 2,192円より」の文字が!
 「在庫希少、品薄のため定価より高額」と書いてあります。そして、その下には、
 「3,002円 中古品 非常に良い」と、さらに高い金額が! 娘の話は本当だったのです。

 こんな但し書きが付いています。
 「実質新品として取り扱われたものを仕入直後より未読のままビニール封入しております」と……。
 なんだか怪しい、いかがわしいモノの販売のようなコピーですね。
 本とは、不思議なものです。新品より中古品の方に価値があるなんて。

 「そうそう、言い忘れてた。『上毛カルテ』は100円だったよ!」と娘。
 『上毛カルテ』とは、平成9年に上毛新聞社から出版した僕のエッセイ本です。
 こちらは今でも、在庫があまっております(100円とは、ちょっぴり悲しい)。

 帰りがけに、娘いわく
 「マサシ(娘の亭主)とも話してたんだけどさ、おとうの本をおとうから原価で仕入れて、ネットで高く売って儲けようかって。在庫ある?」
 まったくもって、何を考えている娘やら。でも、書店へ行くと、夫婦して僕の本を目立つ場所に陳列し直してくれているらしいのです。ま、それも親孝行の1つでしょうかね。

 
  


Posted by 小暮 淳 at 11:19Comments(0)著書関連

2010年05月05日

赤城温泉 「湯之沢館」

 僕は完全なる内風呂主義者です。
 良い湯守(ゆもり)のいる宿は、内風呂を大切にしているからです。
 だから露天風呂のない宿が少なくありません。

 露天風呂とは、戦後の高度経済成長期以降に、旅行会社が客の受けを狙って、旅館やホテルに造らせたものですから、本来の「入湯」とは理にかなっていない施設なのです。
 まず湯を大量に使用し、温度が冷めやすい。そのため、よっぱどの高温で湯量が豊富な源泉を所有していない限り、加水して過熱して、循環ろ過するしかありません。
 また、屋外であるため、レジオネラ菌が発生しやすいので、塩素消毒をしている場合が多い。湯のことを考えると、露天風呂とは、実に理に合わない浴槽なのです。要は、景色と解放感のためだけに造られている風呂です。

 ということで、僕が感動する風呂は、ほとんどが内風呂です。とって付けたような露天風呂はいただけません。
 でも、そんななかで、「これはいい」と思えた露天風呂の1つに、赤城温泉の「湯之沢館」があります。

 同館の「瀬音露天風呂」は、自然の立地を利用した崖の途中に造られています。
 滝を眺める風呂は、県内でもいくつかありますが、滝の途中にある風呂は大変珍しい! 風呂の脇を滝が流れ落ちて行くのです。「よくぞまあ、こんなところに風呂を造ったな~」という感じです。露天でありながら、かけ流しというのも気に入りました。

 日帰り入浴もやってますので、ぜひ一度体感してみてください。ただし、混浴です(女性時間あり)。

   


Posted by 小暮 淳 at 15:15Comments(0)温泉地・旅館

2010年05月04日

月刊パリッシュ 5月号

 フリーペーパーの「パリッシュ」5月号に、僕の拙著『ぐんまの源泉一軒宿』の記事が載っていました。

 「本屋さんが選ぶGWお出かけ本」というコーナーで、煥乎堂前橋本店の蛭川店長さんが紹介してくれています。
 “オールカラーで見やすく、温泉ファン必携の書”とまで書いてくださいました。ありがとうございます。

 おかげさまで、このGWはどこの書店でも、平積み態勢で販売してくれています。
 文真堂書店さんは、大きなポップを作って飾ってくれました。
 紀伊国屋書店さんは、温泉・ガイド・郷土の3コーナーにて販売してくれています。
 ありがとうございます。

 都内の図書館では軒並み貸出中で、3ヶ月待ちのところもあるとか。できれば待たずに買ってくださいね。
 店長さんの言葉を借りれば、「温泉ファン必携の書」ですから!

 GWも残り1日です。ぜひ、ぐんまの源泉一軒宿へお出かけください。  


Posted by 小暮 淳 at 10:57Comments(0)著書関連

2010年05月03日

アトピーに効く温泉

 愛犬のマロ君と散歩をしていると、町内の人からよく声をかけられます。
 最近は、新聞や雑誌にコラムやエッセーを書いているので、近所の人も僕がどんな仕事をしている人か分かったようで、温泉のことを聞かれることが多くなりました。

 先日もキャベツをくれたおじいさんが、「孫がアトピーでね。どこかいい温泉はないかい?」と聞いてきました。
 もちろん親切に、思い当たるいくつかの温泉名を教えてあげたのですが、温泉に絶対という言葉はありません。あくまでも「効くといわれている」温泉であることを強調しておきました。

 昔から「温泉は病気には効かないが、病人に効く」といいます。
 温泉分析書の適応症(一般に効能という)の欄を見てもらうと分かるのですが、一切病気名というのはありません。すべて慢性の症状です。神経痛や筋肉痛、リウマチ、関節痛、五十肩などなど。
 ときどき難病の病名を示し、「治った!」と告知している温泉がありますが、法律的には薬事法違反にあたります。

 アトピー性皮膚炎は、現代病の1つです。医者の治療でも完治しない場合が多いので、病気というよりは、これも慢性症といえるのではないでしょうか。
 古来より、群馬県には皮膚病に効くと言われてきた温泉が多くあります。思いつくだけあげてみると……
 猪ノ田温泉(藤岡市)、坂口温泉(旧吉井町)、野栗沢温泉(上野村)、亀沢温泉(旧倉渕村)などでしょうか。
 医学の発達した現在でも、アトピーをはじめ皮膚病が治ったとの感謝の手紙が、全国から届いている温泉です。実際に、僕も療養に通う湯治客らに会いました。温泉の泉質には、医学だけでは解明できない、「霊験」という成分が含有されているのかもしれませんね。

 ちなみに、上にあげた4つの温泉に共通しているの事柄があるのですが、わかりましたか?
 1つは、すべて冷鉱泉(亀沢も昔は冷鉱泉でした)。もう1つは、西または南上州であることです。
 北は名湯と呼ばれる熱い温泉が湧きますが、南は薬湯と呼ばれる冷たい温泉が湧いています。
 これが、群馬の温泉の特徴です。
   


Posted by 小暮 淳 at 14:34Comments(0)温泉雑話

2010年05月02日

K.W. 突入!

 人が働いているときに休みをとって、人が休んでいるときに働く。これがフリーで生きていく鉄則です。
 この業界は、とかく休日明けに入稿という出版社や編集部が多く、家族を抱えたフリー人間は、まったく家庭サービスができずにいるのが現状です。
 僕もかつては(子供が小さい頃)、県外の取材先へ家族を連れて行き、近くの温泉宿に家族を放り込んで、仕事をしていたことがありました。ま、話を聞けば、業界の人はみんな同じようなことをしています。

 その代わり、自分の都合で休みを作れるのが、フリーの強み。
 平日は、どこへ行ってもすいていますから、渋滞知らずだし、のんびりできます。
 一日の中でも、午後の3時頃に仕事が終われば、「今日はここまで!」と近所の風呂屋へ行って、湯上りビールを楽しんじゃいます。
<注>僕は日帰り温泉施設のことは、温泉と呼びません。「風呂屋」です。

 ところが、このところ、平日も休日も休みのない生活が続いています。思い出そうとしても、今年に入ってから休んだ記憶がありません。
 人が働いているとき(平日)は、ほとんど取材です。人が休んでいるとき(祝日)は、原稿を書いています。
 と、いうことで、このゴールデンウィークは、すべて執筆にあてられています。
 ご存知、ライター名物「カンヅメ」です。

 ああ、またもや未原稿の数を数えてみたら、ナナント13本! 必筆期限は、連休明けの6日です。
 世間ではG.W.ですが、僕にとっては恐怖のK.W.(カンヅメ・ウィーク)が始まってしまいました。

 みなさん、楽しい連休をお過ごしください。

  


Posted by 小暮 淳 at 15:55Comments(0)執筆余談