温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年08月10日

川古温泉 「浜屋旅館」②

 今日は朝から雑誌の取材で、みなかみ町(旧新治村)の川古温泉へ行って来ました。
 川古温泉の一軒宿「浜屋旅館」を取材するのは、3度目です。

 一番最初は6年前、かつて月刊「ぷらざ」に連載していた『源泉ひとりじめ』(当ブログと同タイトル)という温泉エッセイの取材で泊り込みました。3代目主人の林泉さんとの出会いも、この時がはじめてです。
 今でも鮮明に覚えているのが、夕食で出た、ご主人手作りの生ハムの美味だったこと! これが湯上りのビールに実に良く合うんです。イワナやニジマスの刺身、ゴマ豆腐など、素朴な山の食材にこだわった献立に大満足しました。

 満足といえば、やはり湯の良さですね。
 自噴する湯量は、なななんと毎分700リットル以上! 加温も加水も一切手の加わっていない上質な湯が、これまた滝のように湯舟からあふれ出し、ザバーザバーと音を立てて赤谷川の渓谷へ流れ落ちて行くのです。
 そして、ソーダ水の中にいるように、体中が気泡に包まれていく独特な浴感に、魅了されてしまいました。

 昨年は本の出版取材で訪れましたから、林さんとは、ちょうど1年ぶりの再会です。
 「本、評判がいいようですね。売れてるんでしょう?」
 そんな話から始まり、長い長い温泉話が始まりました。

 林さんは、かなりの博学の持ち主で、いつも教えられることが多い人です。もちろん、湯を楽しみに行ったのですが、ご主人との温泉話も楽しみにしていました。
 川古の歴史からはじまり、泉質のこと、湯治文化のこと、その詳しさと言ったら学者はだしです。でも、それもそのはずで、旧「新治村誌」の作成者でもあるのです。今日もたっぷりと、温泉好きにはたまらない、たくさんの貴重な話をしていただきました。なんだか、いい記事が書けそうな気がします。
 林さん、ありがとうございました。

 この季節、露天風呂はアブが多くて、のんびりとは浸かっていられませんでしたが、そのぶん、玉砂利を敷いた内風呂を十二分に堪能! 足元からプクプクと湯の玉が湧き上がり、体をくすぐっていきます。やがて、全身は泡だらけに……。
 今回も名物“サンゴの産卵”を楽しんでしまいましたとさ。


 ※「サンゴの産卵」=当ブログ内、霧積温泉「金湯館」を参照。

  


Posted by 小暮 淳 at 21:02Comments(0)温泉地・旅館

2010年08月09日

NHK追加講座 秋・冬編

 4月に開講以来、順調に回を重ねているNHK文化センターの 『探訪! ぐんまの源泉一軒宿』。
 僕が講師を務めて2年目になる、温泉講座です。おかげさまで好評につき、昨年同様今年も10月からの追加講座が決定しました。

 秋・冬編の目玉は、何と言っても紅葉と雪景色!
 とくに豪雪の温泉地での露天風呂は、みなさん大変感動して帰られます。
 前年度は、吹雪の万座温泉でした。
 湯舟から出ている顔が、見る見るうちに雪ダルマになってしまうという、なかなか貴重な体験をしました。
 今年度も、雪深い温泉地を予定しています。興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

●10月26日(火) 奥嬬恋温泉 「干川旅館」
           浅間山を望む高原にたたずむ素朴な一軒宿

●11月30日(火) 川場温泉 「悠湯里庵(ゆとりあん)」
           日本の原風景がよみがえる、かやぶきの湯宿

●1月25日(火) 宝川温泉 「汪泉閣」
           夏もいいけど冬もいい、雪見大露天風呂を体験!

・受講料 / 3回 9,450円 (別途バス・昼食代等)

 ※現在受講中の方を優先に受け付けています。
  一般受付は、8月23日(月)から開始されます。

☆問い合わせ・申し込み / NHK文化センター前橋教室
                tel.027-221-1211      


Posted by 小暮 淳 at 21:04Comments(0)講座・教室

2010年08月08日

祭りのあと

 実は、僕は今年、地元の育成会長なんです。
 年齢からすると「えっ?」と言われるんですが、いろいろ事情がありまして、お孫ができるというのに、うちにはまだ小学生の娘がいるんですよ。
 と、いうことで、大役が回ってきたというわけです。

 昨日は、年に一度の、町内最大の“お祭り日”だったのです。
 それはそれは、育成会長のする仕事といったら、めっちゃくちゃ忙しい! 盆と正月が一緒に来てしまった本家の嫁ぐらい多忙なのであります。

 まずは、毎朝6時20分~のラジオ体操の準備。
 その後は、7時10分まで、毎日、八木節の稽古です。八木節保存会の方たちに、早朝より指導に来ていただくため、お茶の用意も欠かせません。
 そして迎えた、祭りの当日。
 育成会は、模擬店を出展します。カキ氷、焼き鳥、フランクフルト、焼きそば、などなど。
 それら食材の調達は、すべて育成会長の仕事です。

 昨日は天気にも恵まれ、午前中より子供たちに神輿を担がせて町内を練り歩き、午後は模擬店の設営。夕方からは、いよいよ祭り本番です。八木節披露も無事終わり、ファイナルの花火大会も終わり、子供たちを帰したあとは、もちろん大人たちの世界が始まります。

 老若男女が公民館に集まり、祭りもピークに達します。
 もちろん、町内の人は、僕がどんな仕事をしているか知っていますから、自ずと“本”の話(やっぱり、印税です)と、“温泉”の話に終始しました。でも、なんだか、とっても温かいんですよ。地域社会って、いいなぁ…って、素直に感じました。

 年寄りがいて、子供がいて、サラリーマンがいて、自営業者がいて、いろんな人がいて、1つの社会。そんな年齢も、職業もバラバラの人たちが、力を出し合って、助け合っている姿に、感動すら覚えました。昭和のにおいまで、プ~ンとしてきましたよ。

 そして、驚いたことは、町内の人たちは、みーんな僕の本を買ってもっていること。
 嬉しさを飛び越えて、信じられない気持ちで一杯になってしまいました。

 来月、新刊本が出ることを話すと……
 「そうかい、また買うよ」「すごいなぁ、あんたは町内の誇りだ」「みんな、書店へ急げよ」などなど。ちょっぴり、目頭が熱くなってしまいました。

 向こう三軒両隣……

 とかく人間関係が希薄と言われる現代です。確かに昔ほど密な付き合いはしていないのでしょうが、まだまだ、うちの町内は捨てたもんじゃありません。
 しょう油や味噌だって、いまだに貸し借りしているんだから!

 この土地に引っ越して来たのは、15年前のこと。
 最近、やっと町の人たちに、存在を認めていただけるようになりました。
   


Posted by 小暮 淳 at 21:11Comments(0)つれづれ

2010年08月06日

9月17日 発売決定!

 今日の午前、上毛新聞社にて、最終の出版会議がありました。

 出版部長およびディレクター、編集者らが集まり、表紙とグラビアの写真、デザイン案をズラリと机の上に並べての選考です。グラビアはすぐに決まったのですが、表紙は二転三転した末、Y温泉の薄暮の町並みに決定しました。
 これにより、当初予定していたS温泉M旅館の湯殿は、グラビアへ移動となりました。

 本のタイトルは 『群馬の小さな温泉』 です。
 発行日は、昨年出版した前著の『ぐんまの源泉一軒宿』と同じ、9月17日となりました(出版の世界は大安にこだわります)。

 来週より、本文の最終校正が行われ、お盆明けには、すべてのデータが印刷所へ入稿されます。
 本体を刷っている間に、帯のコピーが決められ、ポスターおよび広告デザインの作業が進められます。

 同時に、メディアへの情報発信がされ、書店への営業が始まります。
 今回も、すでに楽天トラベルとのタイアップが決定しているので、こちらも書籍の発売と同時にネット上で特集が組まれることになっています。

 あと1ヶ月とちょっとで、手間隙かけた苦労が報われる瞬間がやって来るのです。
 その日は、昨年同様、関係者らと集まり、浴びるほど酒を呑みますぞっ!
  


Posted by 小暮 淳 at 18:00Comments(2)著書関連

2010年08月05日

アトピーに効く温泉②

 昨夕、愛犬のマロ君と散歩をしていると、見知らぬ婦人にあいさつをされました。
 「はて、誰だったか?」と、この界隈では見かけぬ顔に、ポカンとしていると、
 「私、そこの娘です。いい温泉を紹介してくださって、ありがとうございました」
 と、深々とお辞儀をされてしまいました。

 “そこの家”のご主人なら、良く知っています。
 散歩の途中に、大根やらキャベツやらゴーヤやら、いつも野菜をくれるAさんです。なるほど、嫁いだ娘さんだったのですね。
 そういえば以前、Aさんから「孫がアトピーで困っているんだけど、どこかイイ温泉を教えてくれんかね?」と訊かれて、県内のアトピーに効くと言われている温泉を、いくつか教えてあげたのでした。

 娘さんは、猪ノ田温泉(藤岡市)へ子供を連れて行ったそうです。
 「おかげさまで、すごく良くなりました」と、大変満足そう。これからも通うとのことでした。
 お役に立てたようで、うれしいですね。

 “アトピーに効く” と言われている温泉は、県内にいくつかありますが、泉質はバラバラです。
 塩化物泉、メタけい酸含有、硫酸塩温泉……
 ただ、共通しているのは冷鉱泉もしくは低温泉であること、そしてアルカリ性です。

 猪ノ田(いのだ)温泉は、「メタホウ酸・硫化水素含有ーアルカリ性冷鉱泉」という泉質です。
 手元に、ご主人の深澤宣恵さんからいただいた、明治21年に群馬県が発行した“湯屋営業免許証”のコピーをみると、硫化水素を大量に含む湯で、明治の初期より皮膚病に特効があり、薬師の湯と呼ばれていたことが書かれています。
 明治元年には、すでに湯小屋があり、遠方より湯治客でにぎわっていたことも記されています。

 泉温は、約13℃。
 ボイラー技術のない当時、わざわざ沸かしてまで入った湯です。
 効能がないわけがありません。

 平成の現代でも、枯れることなく自然湧出していることが、凄いではありませんか!
 さすが、湯の国群馬ですね。
   


Posted by 小暮 淳 at 09:00Comments(0)温泉雑話

2010年08月04日

謎学の旅② 「ウナギを食べない住民」

 ウナギ好きって、多いですよね。
 僕は、食べなくても平気な人ですけど、すぐに「ウナギ食べてー」って言う人、います。
 でも、生まれてから一度も、ウナギを食べたことがない人がいるの、知ってましたか?
 それも、1人や2人ではなく、ある居住地域の人たち、みーんなです。

 前橋市東片貝町にある片貝神社は、お稲荷さん、片貝神社、虚空蔵様と3つの社殿がある神仏混合の神社です。境内には周囲10メートルほどの八角形をした池があります。案内板には、こんなことが書かれています。

 『ウナギは虚空蔵尊の化身として信仰者から特別な保護を受けた。もちろん片貝の住民は虚空蔵尊の化身なるがゆえに、絶対に食するものはいなかった……』

 説明によれば、昔からこの池のウナギを捕ると、目がつぶれると言われてきたそうです。
 「そんなバカなことがあって、たまるものか!」と、ある人がこの池のウナギを捕ったところ、たちまち目が見えなくなったとのことです。

 「そんなバカな!」と、僕も同様に思い、さっそく周辺住民に聞き込みを開始しました。

 「俺は、よそから来た人間だから食べるよ」「あんな、うまいもん食うにきまってるがね」などなど、半信半疑ながら、ちょっと期待はずれのコメントばかり返ってきてしまいました。

 待てよ、話を聞いた人は、みんな若い人だったのです。
 そして、ついに……

 「昔からの住民は、絶対食べないね」のコメントを収集!

 4月の第2日曜日。
 虚空蔵鰻池に、ウナギが奉納される祭りがあるというので、行ってみました。

 着物姿の世話人の方たちが、おごそかにウナギを池に奉納する姿は、ちょっと不思議な光景です。
 儀式のあと、僕はすかさず世話人たちに近寄り、質問しました。
 「ウナギ、食べますか?」
 すると……

 「生まれてこのかた、一度も食べたことがない」「子供の頃から、絶対食べてはいけないと言われてきたからね」と、70年以上ウナギを食べたことがない人がたくさんいたのです。
 そして、さらに
 「ここの町内には、ウナギ料理の店はないよ」とも。

 そうそう、実は、コメントをもらった若い人たちも、こんなことを言ってました。
 「年寄りの前では食べない」とか「町外へ出て食べる」など、やはりこの町では、“うなぎの蒲焼”は御法度のようでした。


 謎学の旅はつづく。
  


Posted by 小暮 淳 at 08:39Comments(0)謎学の旅

2010年08月03日

ラスト原稿

 すべての原稿を書き終えることを「脱稿」と言います。
 本日、たった今、9月出版予定の『ぐんまの小さな温泉(仮)』の全原稿を書き上げ、入稿しました。

 脱稿しました!

 原稿用紙に換算して、約120枚。取材期間7ヵ月、制作期間は9ヵ月。
 毎度のことですが、本を1冊作るということは、努力と忍耐と根性が必要です。いわばマラソンランナーのようです。もしくは、登山家ですかね。
 何度も、何度も、壁にぶち当たり、苦しい思いをして、それでも何とか乗り越えて、ゴール(または山頂)を目指します。
 でも、なぜそこまでして本を作るのかといえば、マラソンランナーや登山家と気持ちは一緒です。
 達成感なんですよ。自分の足でたどり着いた喜びです。

 1冊の本を仕上げるのに、原稿の入稿順序は人それぞれでしょうが、僕の場合は「本文」→「まえがき」→「プロフィール」、そして最後に「あとがき」を書き上げます。
 なかには「あとがき」を最初に書く人もいるのかもしれませんが、やっぱり長い取材と執筆期間を振り返りながら、しみじみと書き上げるのが、いいですね。

 だから、さささっとは、書きません。
 何日もかけて僕は、じっくりと書きます。なんだか、これを書き上げてしまうと、祭りのあとのような淋しさが襲って来そうなのですよ。
 それこそ、書いては読み返して、酒なんかチビリ、チビリやりながら、推敲(すいこう)を重ねます。
 でも、締切りもありますから、いつまでも別れを惜しんではいられません。どこかで踏ん切りをつけて、見送って、再会を約束しなくてはなりません。
 まるで、プラットホームの恋人同士のようです。

 で、さっき別れて来ました。
 今度会うときは、「ゲラ刷り」校正です。そして、次に会うのは、書店ということになります。

 とりあえず、温泉本の「ラスト原稿」は、送り出しました。
 でも、10月出版の里山本の脱稿は、まだまだ先のことです。

 しばらくは、夢の中でも原稿を書き続けなくてはなりませんね。

   


Posted by 小暮 淳 at 08:36Comments(0)執筆余談

2010年08月02日

ロマンの森倶楽部

 昨日は、友人の永澤徹氏が代表を務める「ルンズ・ファーム赤城ぶどう園」の『ロマンの森倶楽部』プレオープン式典および祝宴に、臨席して来ました。

 永澤氏とは、かれこれ14~5年の付き合いになります。
 僕がまだフリーになりたての頃で、彼は埼玉県川口市のフィットネス・スポーツクラブの顧問をしていました。知人を介して知り合ったのですが、当時は彼もバンドでハーモニカなんか吹いていて、ライブの席で良く顔を会わせていました。
 川口市のスポーツクラブのイベントにも、バンドで呼ばれて行って、何度か演奏しました。所沢の自宅へも、ちょくちょく酒を呑みに遊びに行きましたっけね。

 そんな永澤氏が2001年の1月、何を思ったか、すべての生活を投げ打って、群馬県の旧赤城村にぶどう園を造ってしまったのです。当然、僕ら遊び仲間たちは、ボランティアで開墾のお手伝いをしました。
 あれから約9年半……。

 「ルンズ・ファーム赤城ぶどう園」は、新たなステージへと登り始めました。
 食と農業と自然をテーマにした癒やしの施設『ロマンの森倶楽部』です。

 今年のはじめ、永澤氏から「温泉が湧いたよ」との報告を受けていたので、この日を楽しみにしていたのです。
 昨年秋のイベント(収穫祭コンサート)以来ですから、約10ヶ月ぶりに赤城ぶどう園を訪ねてみて、びっくり!
 かつては、ぶどう畑とあばら家(管理棟)しかなかった場所に、立派な浴室棟やレストラン棟、そしていくつものテナント棟が、ポコポコと立ち並んでいるではありませんか! 
 改めて、永澤氏の有言実行力に感服しました。

 式典は夕方からですが、だいぶ早く着いてしまったので、まずは温泉をいただくことに。
 「天地の湯」と命名した源泉は、薄生成り色した高濃度の塩化物温泉(食塩泉)。源泉の温度は54℃というから、なかなかのものです。夏場は、かなり加水しないと入れませんな。
 浴感は弱アルカリ性でつるつる感があります。でも、食塩泉は保温効果が高いため、夏より冬に効能を発揮する温泉です。
 案の定、湯上りは、汗が止まらずに、延々と噴き出していました。

 ということで、真昼間からビールをいただきながら、木陰で友人、知人らと早くも宴会モードです。
 1本が2本、3本……5、6本目くらいには、たくさんの来臨者で会場はうめつくされていました。

 さすが政財界、メディア系の方が多いですね。
 もう、かなり出来上がってヘロヘロとしていたところへ、パリッシュ出版の土屋和子社長が声をかけてくれました。
 土屋さんは、業界の先輩であります。
 美貌といい、行動力といい、昔からまったく変わらないパワフルなお方ですね。

 祝宴がすべて終了したのは、午後の8時過ぎ。
 同行の友人も、しこたま酒を浴びてしまったので、代行車を前橋から呼んで帰って来ました。

 永澤さん、さらなるステージアップを期待していますよ。
 僕の周りには、人生の目標となる躍動的な先輩がたくさんいます。
 これが大変、励みになるんですね。  


Posted by 小暮 淳 at 09:55Comments(0)つれづれ