温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2011年08月07日

習字のお稽古


 昨夜は、町内の納涼祭でした。
 僕は、もう役員でもなんでもないので、関係ないんですけどね。
 ま、昨年の育成会長だっつーことで、現役員さんたちを励ましに、日本酒をぶら下げて、会場まで行ったのです。

 「小暮さーん、待ってましたよ。いい酒、冷やしておいたんですから!」
 と、PTA本部役員のUさんが、すでに出来上がった顔で、やって来ました。
 Uさんとは昨年1年間、育成会長とPTA支部長として一緒に活動をした仲間です。
 女性役員が多い中、男同士、おまけに酒好きということもあって、何かと理由をつけて飲み歩いてました。

 キンキンに冷えた純米吟醸酒をいただき、僕が持って行った安酒も飲み干し、それでも足りずに酎ハイだろーが、ハイボールだろーが、祭りのゴタゴタの中、手当たりしだい飲み続けたら、案の定……

 町内の公民館で飲んでいたのに、午前様。
 今日は昼近くまで、起きられませんでした。

 さーて、午後からは、ちゃんと仕事をしなくっちゃと机の前に座ってみたものの、思考力がゼロ!
 アルコールが、まだ抜け切っていません。
 どうも、頭を使う仕事はムリのようです。

 ならば! と取り出したコピー用紙の束とサインペン。
 今日は、習字のお稽古(けいこ)をすることにしました。

 実は、来月出版が予定されている温泉本の第3弾は、今までにない趣向が凝らされているのです。
 それは、2種類の帯(おび) が用意されるということ!

 ジャーン! それは、書店販売用と温泉地販売用とでは、帯のデザインが異なるということです!

 書店販売用は、今まで通り出版社側が作ります。
 コピーもデザインも、まったくのおまかせです。

 ところが今回は、それとは別に温泉地(その他関連機関)での販売用に、特注帯を作ることになりました。

 で、その特注帯というのが、すべて僕の手描き文字を印刷するというもの。
 さらに、著者の直筆サイン入り!

 さらにさらに、今年の初めに開催された 「小暮淳キャラクターコンテスト」 のグランプリ作品も印刷されます。
 デザイナー、栗原俊文氏(前橋市) が描いた僕の似顔絵であります。

 これはファン待望の、プレミアム本でありますぞっ!(そう思ってくれる人がいるかどうか…)


 と、いうことで、せっせせっせと、白い紙に、手描きで文字を書く練習を始めました。

 これが、簡単そうで、いやいや難しい。
 時々、サインを頼まれるときに、「何か言葉を書いてください」 という読者の方がいるのですが、そのときは、失敗しようが、下手クソだろうが、その場かぎりのことなので、勢いで書いて渡してしまいます。
 が! 今回は、そうはいきません。
 印刷されるのですから、何枚でも何枚でも、書いては捨てて、書いては捨てて、いったい何枚書いて捨てたか分かりません。

 で、さっきまで書いていたのですが、「これだ!」 という傑作は1枚もあらず……(情けない)。

 たぶん、いつまで書いていても、自分が納得いくものは書けないのでしょうね。
 仕方がありませんから、明日、デザイナーさんに選んでもらうことにしました。

 今は、コンピューター処理も可能ですから、なんとでもなりますよね。

 ね、K君!
 あとは、よろしくお願いしますよ。
    


Posted by 小暮 淳 at 21:37Comments(5)著書関連

2011年08月06日

大事なことは飲み屋で決めろ!


 実は、この場におよんでも、まだ本のタイトルが決まっていなかったんです。
 ま、毎回のことなんですけどね。
 これだけは、僕の一存では決められませんから。

 とりあえずの仮タイトルというのは、制作中から付いています。
 そうじゃないと、どの本のことを言っているのか、分かりませんからね。
 で、いよいよ制作が終盤にさしかかると、暫定タイトルが付けられます。

 これは僕とディレクターで勝手に付けた 「これで行きたい!」 という希望的タイトルであります。
 この段階のタイトルが、一番著者としては気に入っているのですが、これがスムーズに通ることはありません。
 その後、発行元の出版会議にかけられて、「あーじゃ」「こーじゃ」とこねくり回され、対抗案がドッサリと出されてきます。

 「小暮さんの言いたいことは分かるんですよ。でも、これだと一人称のイメージが強過ぎて、今後、小暮さん自身が他の温泉地と仕事をする場合に弊害になりかねませんよ」
 なーんて言われてしまうと、「う~ん、言われてみれば、確かにそうだ」と納得してしまいます。
 出版部の人間は、出版のプロですから、実にまっとうな意見を突きつけてきます。

 で、二転三転としながらも、結局、昨日の時点では、まだタイトルが決まらずにいました。


 こんなとき、僕ら(業界) には、素敵な言葉があるんです。
 それは、“困ったときの酒頼み” てーやつです。

 シラフで、しかも会議室で、固い頭でウンウンと何時間もうなりながら、しかつめらしい顔をして意見を出し合っていても、ラチが明きません。
 「では、酒の力を借りて、1発で決めましょう!」
 とのディレクターの鶴の一声にて、昨晩、新前橋駅前のいつもの飲み屋「B」に召集がかかりました。

 午後6時きっかりに、3人が集まりました。
 制作ディレクターのK氏、出版部長のTさん、そして著者の僕です。

 まずは、ここまでスムーズに取材および制作が、とどこおりなく進んできたことに「カンパーイ!」。

 雑談もなく、すぐに本題へ。
 テーブルには生ビールと枝豆のみ。
 あとは一面に広げられたタイトルコピー案のプリントの山です。

 「この “○○たい” っていうフレーズは、いいですね」と僕。
 「そうね、温泉を知り尽くした小暮さんだからこそ、使える言葉ですよ」とK氏。
 すると今度はTさんが、
 「じぁ、誰に対して○○したいのか?ってことですね」

 いーぞ、いーぞ! どんどん核心に近づいていきます。

 「やっぱり、“△△△” でしょうね」
 「う~ん、他の言葉ないかなぁ?」
 「でも “△△△” には、二人称以外にも広い意味がありますよ」

 なーんて、ジョッキも2杯目になると、グルグルと脳の回転が活発になってきます。

 「じゃぁ、とりあえず “△△△ に ○○たい” というフレーズを基本に展開させましょうよ」
 ということになり、他のコピー案のプリントはテーブルの上から片付けられました。

 「どーしますか?このあとは……」と僕が言うと、
 「そうですね、もう冷酒にしましょう」とK氏。

 ちがゃーうし! 酒のことじゃなくて、タイトルコピーのことですよ!

 でも、ここで生ビールから冷酒に切り替えたことが、その後、すぐに“吉”と出たのです。

 出てきた銘柄は、地元館林市の「分福」であります。
 ネーミングが良いではないですか!
 福を分けるのですよ。
 そしたら、まさに天からコピーの神様が降りてきたのです。

 「あれ、いまTさん、なんと言いましたか?」とK氏。
 何気に発したTさんの言葉を、K氏は聞き逃しませんでした。

 「△△△……、□□ですか?」 とTさんが言い終わらぬうちに、
 「“△△△□□○○たい” ですよ!」とK氏が、ひと際大きな声を上げました。

 僕はすぐさま、目の前の紙に、“△△△□□○○たい” と書いて、3人の前に置きました。

 「決まりですかね」と僕が言うと、
 「決まりでしょう」とK氏。
 Tさんも、「いいのが出ましたね。小暮さんらしいタイトルになりましたよ」と、ご満悦の様子です。

 「では、これより本格的に飲みましょうか」
 というK氏の合図とともに、
 「おねえーさーん、お品書き持ってきて! それと冷や2合追加ねっ!」


 これにて、一件落着。

 苦しいときの酒頼み。

 大事なことは飲み屋で決めろ!
  


Posted by 小暮 淳 at 16:34Comments(12)著書関連

2011年08月04日

カンヅメ あけたら

 昨夜遅く、無事に脱稿いたしました。

 「脱稿」とは、すべての原稿を書き上げることです。
 僕は最後の原稿は、いつも 「あとがき」 と決めています。
 原稿用紙にして3枚ちょっと(1,300字程度) の内容ですが、書き出すときは、多少の緊張を要します。

 何を書くかは、すでに制作途中から考えていますが、いざ書き出すと、グイグイと胸に迫り来るものがあるんですね。
 なんだか、書き上げてしまうのが惜しいような……。
 気分としては、文化祭の後夜祭の興奮状態とでも言えば、ニュアンスは伝わりますかね。

 「あぁ、あと数行で、終わってしまう~」
 という寂莫感というか、虚無感というか、喪失感というか……。

 取材を始めて10ヵ月。
 「なんて、ゴールは遠いんだぁ」 と制作中は、莫大な取材量と原稿量を目の前に、辟易(へきえき)していたのも事実です。
 なのに、もう少しで終わると思うと、急に別れが惜しくなってしまうのですから、執筆作業とは不思議なものです。

 それでも、始まりがあれば、必ず終わりはやって来ます。

 「終わったー!」
 と、一人で深夜の仕事場で、ガッツポーズ!
 書き上げた原稿をメールにて送信のあと、階下へ降りて行き、冷蔵庫の中からビールを取り出し、プルタブを思いっきり引き上げます。

 「お疲れさん」
 と自分に向かって、カンパイ。

 こんなとき、なぜかいつも思い出すのがマラソン選手の有森裕子の言葉。
 「自分をほめてあげたい」

 そーだよ、自分で自分をコキ使ったんだもの、まずは自分で自分をほめてあげなくっちゃ。本気でやってた自分がすねちゃいますよ。「次からお前一人でやれよ」なんて言われたら、なまけ者の僕は、お手上げです。
 まずは、頑張ったもう一人の自分にエールです。


 一夜明けて、カンヅメ生活も明け、さあ、今日くらいは朝からのんべんダラ~リと一日読書でもいそしもうかと考えていたのですが、そうは問屋が卸してくれないんですね。
 僕の手帳の白紙も、昨日まででストップ。
 今日の朝イチから、会議であります。
 早くも県の観光情報誌の秋号の制作がスタートを切ってしまったのです。
 原稿入稿のリミットは、今月の20日。

 なに? 20日だぁー!
 おいおい、あと2週間しかないじゃんよ。
 しかも間には、お盆休みもまたいでいるし……。

 と、思ったら、「小暮さん、はい、これ」 とディレクターから大きな茶封筒がドーンと手渡された。
 中身は、出版部から返ってきた100ページを超える本文のゲラ原稿です。

 今週中に、全ページの校正チェックだってか~~っ!

 あーあ、こんなことなら、カンヅメを明けるんじゃなかったよ。
   


Posted by 小暮 淳 at 21:17Comments(6)執筆余談

2011年08月03日

「俺たちの旅」 を旅する


 只今、“カンヅメ生活” 敢行中です。

 ささやかな息抜きの楽しみは、愛犬マロ君との散歩と、DVDの観賞くらいのもの。

 と、いうことで、書店で懐かしのTVドラマが収録されたDVD BOOKを衝動買いしてきました。
 ジャーーン! 「俺たちの旅」であります!

 たぶん、僕と同世代の人たちは、もれなく青春のバイブルとなったTVドラマではないでしょうか?
 それまでのスポコン(スポーツ根性)ものにはなかった、青春本来の挫折と怠惰な生活を描いたリアルな活写が、当時の若者の共感を大いに呼びました。
 当時、高校生だった僕も、例外ではありませんでした。

 舞台は、1975年(昭和50年) の東京・吉祥寺。
 中村雅俊が演じる、カースケ。
 津坂まさあき(現・秋野太作) が演じる、グズ六。
 田中健が演じる、オメダ。
 この3人が繰り広げる友情物語です。

 いゃ~、なつかしい!
 忘れていたけど、すぐによみがえって来ましたよ。

 バスケットボール部のマネージャーで、カースケに思いを寄せる洋子。
 当時、あこがれましたもの。
 金沢碧さん、今もお元気でしょうかね。

 グズ六の彼女で、のちに妻となる紀子さん。
 演じたのは、上村香子さんです。
 当時、高校生の僕には、ちょっぴり大人っぽくて対象外でしたが、今見ると、美人でカワイイんですね。
 なんで、あんなグズ六を好きになったんでしようか?
 いまだに、不思議です。

 て、いうか、オメダのおふくろさん役の八千草薫さん!
 たまりません、なーぁ。
 この歳になって、改めて観てみると、どストライクじゃありませんか!

 名古屋章さんや森川正太さん、穂積隆信さん、結城美栄子さんらも、いい味を出して、脇をかためていますよ。


 で、ふと、思ったことがあります。

 中村雅俊の格好です。
 アーミーシャツにラッパジーンズ、ロン毛パーマにズタ袋バッグ……

 当時の僕の格好、そのままじゃありませんかーっ!?

 おまけに、下駄履きも同じ!

 あれっ?……
 てーことは、もしかして?
 中村雅俊が僕を真似るわけないから、僕がどっぷりとカースケにかぶれていたってわけですね。

 いゃー、そういえば、ドラマの中でカースケは、こんな台詞を言うんですよ。

 「気楽に生きなきゃ、人生なんてつまらない」
 「その日その日が楽しくなければ、一生が楽しいはずがない」

 ってね。

 あれーーーっ、これもオレの口ぐせ、信条だぜ!

 謎が解けましたよ。
 僕にとって、「俺たちの旅」 が人生のバイブルだったんですね。
 そして、そのとおりに僕も、旅をしてきたっていうわけです。

 なんだか、すっきりしました。


 「明日のために
   今日を生きるのではない
     今日を生きてこそ
      明日が来るのだ」
     (第7話 エンディングロールより)
  


Posted by 小暮 淳 at 17:30Comments(5)つれづれ

2011年08月01日

白紙のスケジュール帳


 今日から8月です。
 そして新しい1週間の始まりです。

 でも、僕の手帳は今日から始まる1ページが、丸々真っ白なのであります。
 これは8月の第1週は、ここ数年、スケジュールを入れないようにしているからです。

 そうです、出版本の最後の執筆&編集期を迎えるため、毎年、この1週間は一切他の仕事を入れないで、出版に集中しているのです。
 いわゆる、「カンヅメ」 であります。

 なぜか、2年前から僕の本の出版日は9月の中旬と決まっています。
 9月の中旬に書店の店頭に本を並べるということは、1ヶ月前に印刷所へすべてのデータを入稿しなければなりません。
 当然、その前には著者自身の校正をはじめ、出版部の校閲が入ります。
 同時進行として、表紙デザインや帯デザインなどの “表紙まわり” の装丁作業が行われます。

 ま、デザインのほうは、専属のディレクターとデザイナーがいますので、おまかせしているのですが、それでも製作過程において著者が目を通さないわけにはいきません。

 で、逆算すると、8月の第1週の今頃は、著者の原稿がすべて入稿されていないとならない時期にあたります。
 “すべて” ですよ!

 あー~ー~ーっ、どこかへ逃げてしまいたい~!

 大作家先生のように、どこかのホテルにカンヅメにしていただければ、ダダもこねずに観念して、せっせせっせと原稿を書けるのでしょうが、こちらは、しがないライターでっせ。
 いつもと変わらぬ環境(我が家の仕事場)で、数々の誘惑と闘いながら、受験生のようにネジリ鉢巻をしながら、ウンウンうなっているのです。

 「あっ、タバコを買って来よう」
 「ちょっと、郵便局まで」
 「資料を探しに図書館へ」
 「そーだ、そーだ、犬の散歩だ」

 とかなんとか自分に言い分けをしながら、車で、自転車で、徒歩で、脱出を試みるのでありますが、出かけたら出かけたで、書きかけの原稿のことが気になって仕方ないのであります。
 結局、小心者ですから1時間と時間をつぶせずに、仕事場へ舞い戻って来てしまうのです。

 あー、何も考えずに、うまいビールが飲みたい!
 (毎晩、飲んでいるのにね)
 あー、何も考えずに温泉に入りたーい!
 (ふだん、人10倍入っているのにね)

 なぜだか、追い込まれれば追い込まれるほど、ないものねだりをしたくなるのですよ。

 なにっ?
 そんなこと、グダグダとブログに書いていないで、早く原稿を書けってか?

 ………。


 あー、今度は、眠くなってきました。
  


Posted by 小暮 淳 at 21:21Comments(4)執筆余談