温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年04月04日

猿ヶ京温泉 「旅籠 吉長」


 またもや、猿ヶ京温泉へ行ってきました。
 それにしても、猿ヶ京温泉は奥が深い!

 ひと口で “猿ヶ京温泉” と言っても、4つのエリアに分かれています。
 赤谷湖の東、温泉街の玄関口にあたる 「相俣エリア」、国道17号の上に広がる 「湯の街エリア」、国道より湖側へ下った 「湖岸エリア」、そして旧三国街道沿いに軒を連ねる 「民宿通りエリア」 です。

 で、今回は 「民宿通り」 に入り込み、昨晩は猿ヶ京温泉最西端の宿 「旅籠 吉長」 に泊めていただきました。


 旅館の玄関に入って、最初に目に飛び込んできたのは、踊るように殴り書きされたヤンチャな文字です。
 あれ?
 この文字、どこかで見たことあるぞ!

 <人生なんざあ しょせん成り行き たいした事は無い> 

 そう、片品村の鎌田温泉 「梅田屋旅館」 の襖(ふすま) に書かれた文字と内容が似ています。
 そして、その作者は・・・

 立川談志師匠では、あ~りませんかっー!


 主人に聞けば、平成7年の6月にプライベートで泊まりにきて、当時、小学生だった娘さんの習字の筆を借りて、模造紙に書いたものだといいます。
 いやいや、それにしても大迫力であります。
 談志ファンの僕としては、また1つ、県内で師匠の足跡を見つけたことに感激してしまいました。

 部屋で一服した後、浴衣に着替えて、露天風呂へ。
 折りしも昨夜は、爆弾低気圧の通過中!
 強風と闘いながら、何とか撮影終了。
 カメラマンの 「はい、オーケーです」 の声を聞いて、湯舟から出ようとしたときです。
 何気なく、露天風呂にかかる東屋の梁(はり) と柱の交差部分に目をやると・・・

 おっ、おおおおおーーーーーーっ!

 “立川談志” の文字が!
 そう、千社札であります。

 当然、僕は脱兎のごとく浴室から飛び出して、主人のもとへ。
 「ええ、談志さんが、自分でお貼りになったようですよ」

 ななな、なんですとぉぉぉ!

 梅田屋旅館に引き続き、またしても偉大なる師匠と同じ湯舟に入れたというわけです。
 感謝感激、雨あられ!

 きっと、ふだんからコツコツと真面目に温泉行脚(あんぎゃ) をしている僕に、神様がご褒美をくださったのですね。
 ありがたや、ありがたや。

 今晩は、師匠の大好きだった日本酒をチビリチビリとやりながら、師匠の十八番だった 『芝浜』 を、じっくりと聴きたいと思います。
   


Posted by 小暮 淳 at 21:25Comments(4)温泉地・旅館

2012年04月02日

新連載 「一湯良談」


 「一湯良談」 と書いて、
 “いっとうりょうだん” と読みます。

 いよいよ、今週から新連載のコラムがスタートします!


 連載が始まるのは、高崎地区で無料配布されているフリーペーパー「ちいきしんぶん」(発行/ライフケア群栄) です。
 そうです、拙著 『ぐんまの里山 てくてく歩き』(上毛新聞社) の元となった「里山をゆく」「ぶらり水紀行」 を連載していた新聞です。
 現在でも、「民話と伝説の舞台」 を連載中ですが、新たに今月より毎月コラムを連載することになりました。

 内容は、読んで字のごとく。
 毎回、1つの温泉にテーマをしぼり、僕が取材で出合った心に残る “いい話” をつづっていきます。
 お湯にまつわるエトセトラ、人情あふれる女将さんの話、頑固一徹な湯守のオヤジ、などなど、ほっこり心がなごむエピソードの数々を、ご紹介します。

 第1回目の掲載は、4月6日(金) です。
 以後、毎月第1金曜日(一部木曜日) に連載されます。
 ●発行部数/100,000部
 ●配布地域/旧高崎市内、隣接地域(吉井町・玉村町)、その他設置場所


 で、コラムが掲載されるのは2面ですが、4月6日号の1面トップ記事も僕が書いています。
 はい、いよいよ、あの! 下仁田ネギの特集です!
 (当ブログの1月20日「下仁田ねぎのナゾ」、1月30日「ふたたび下仁田ねぎを追って」参照)

 題して、
 「謎学の旅 下仁田ネギのルーツを追って」
 『 なぜ下仁田ネギは 「上毛かるた」 に描かれなかったか?』
 であります。

 ご興味のある人は、ぜひ、お読みください。
 えっ、高崎に住んでいないから読めないって?
 う~ん ・・・・
 どうしたら読めるか、発行元に問い合わせてみてくださいな。

 ●ちいきしんぶん(ライフケア群栄) TEL..027-370-2262
   


Posted by 小暮 淳 at 21:06Comments(3)執筆余談

2012年04月01日

「温泉通になろう!」 3週連続放映!


 今日から4月です!

 新入学、新入社、新年度・・・
 新しいことが始まる月のスタートです。
 みなさん、胸いっぱいの希望に満ちあふれていることでしょうね。

 僕ですか?
 僕も今月は、新しいことがいくつも始まります。
 新連載、新講座については、追い追いお話しすることにして、今日はテレビの新番組の紹介をします。

 いよいよ、明日(4月2日) からNHK総合テレビで、群馬県域放送が始まります。
 定時番組としては、正午前の 「天気予報・お知らせ」。
 夕方、6時40分~59分(月~金) は、ニュース&生活情報番組 『ほっとぐんま640』 がスタートします。

 で、新番組 『ほっとぐんま640』 の第1週~第3週の木曜日に、僕がコーナーのナビゲーターをします。
 ライフアップ 「温泉通になろう!」 です。
 すでに先月、四万温泉にて、ロケ収録を行ってきました。
 (ロケの様子は、当ブログ3月16日「四万温泉 四万やまぐち館②」を参照)

 で、僕の役割は何かといいますと、温泉の“講師”です。
 生徒は新人キャスターの熊谷彩花さん。
 フリップを使ったり、実際に入浴したり、正しい温泉知識を僕が手取り足取り教えちゃいまーす!

 お時間のある人は、ぜひ、ご覧ください。



    『ほっとぐんま640』 ライフアップ
       「温泉通になろう!」

 ●放送局  NHK総合テレビ (群馬県域放送)
 ●放送日  4月5日(木) 「群馬の温泉豆知識」
         4月12日(木) 「温泉の正しい入り方」
         4月19日(木) 「浴衣を着こなす」
         <午後6時40分~59分>
 ●出演者  熊谷彩花(キャスター)
         小暮 淳(温泉ライター)
         田村久美子(四万やまぐち館 女将)
   


Posted by 小暮 淳 at 17:49Comments(3)温泉雑話