温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年05月05日

吹割の滝は遊泳禁止!?


 『滝は吹割(ふきわれ) 片品渓谷』

 群馬県民なら誰でも知っている 「上毛かるた」 の “た” の札です。

 でも確か、僕が小学校で習ったときは 「ふきわり」 と読まされた記憶があります。
 いつ頃からか、「ふきわれ」 に改訂されていますね。

 で、僕は、この吹割の滝が大好きなんであります。
 いまだに、片品方面へ行った際には、必ず寄って、眺めてきます。
 つい先週も、取材で通りかかったときに、渓谷まで下りて見てきました。

 やっぱり、滝を見るなら、雪解け水の流れ込む、この時期が一番絶景ですね。
 それはもう、ゴーゴーと水しぶきを上げていて、覗き込むのが怖いくらいでした。

 吹割の滝の魅力は、この “覗き込み” にあります。
 滝って、ふつうは見上げるパターンが多いですよね。
 でも、この滝は、全国でも珍しい覗き込みの滝です。
 ですから、「東洋のナイアガラ」 の異名を持っています。

 どうして僕が、年に何回も吹割の滝へ行くのかというと、同行カメラマンや担当編集者に滝を見せるためです。
 群馬県民でも 「カルタでは知っているけど、実際には見たことがない」 という人が多いんですよ。
 そんなことを言われた日には、「だったら今から見に行きましょう!」 と、僕は得意になって案内役を買って出てしまうのです。
 (僕は自分の著書 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 でも、紹介しています)

 で、ほとんどの人が、ド肝を抜きます。
 「うわ~、思っていたイメージと違った!」 ってね。

 そーなんですよ、みなさん、カルタの絵や観光パンフレットの写真からのイメージだけで、勝手にスケールを判断しているのです。
 なんでも “百聞は一見にしかず” ですぞ!
 まだの方、ぜひ、連休の最後に出かけてみてください。
 (行く途中、本屋で僕の本を買って行くと、より楽しめます)


 で、ででーー!
 ここからが本題です。

 実は、僕は、この 「吹割の滝」 で泳いだことがあるんです。


 といったら、みなさんは驚きますか?

 ところが、これが冗談では、ないんです。
 正真正銘、国の天然記念物および名勝に指定されている渓谷で泳いだのです。

 そう、あれはもう40年以上も昔のことです。
 子ども会の旅行で行きました。
 海水浴ならぬ “瀑水浴” であります。

 夏場は水量も少なく、滝つぼの周辺には甌穴(おうけつ) のような “水たまり” がいくつもできるんです。
 この “水たまり” をプールがわりにして、泳いだのであります。

 なんてのどかな時代だったのでしょう。
 今では、絶対に許されないことです。
 当然のことですが、遊泳禁止であります。


 「昔さ、ここで泳いだことがあるんだよ」
 「ええーーっ、本当ですか!? ウソでしょう!」

 必ず驚く、同行者のリアクションが見たいがために、僕はせっせと吹割の滝へと通っているのです。
  


Posted by 小暮 淳 at 17:16Comments(3)つれづれ

2012年05月04日

絶大なるNHK効果


 先月の5日と12日、2週にわたりNHK総合テレビ 『ほっとぐんま640』 に出演したところ、今までにない反響をいただきました。
 過去にも、ラジオやテレビなどのメディアには、たびたび出させていただいてますが、今回の反響は、以前の比ではありません。
 あれから1ヶ月近く経つというのに、いまだに 「NHKテレビ、見ました」 と、たくさんの人から声をかけられます。


 僕がNHKと最初に関わったのは、今から15年前のこと。
 当時、僕は、まだフリーのライターに成り立てでした。
 でも “ライター” の名刺だけ持っていても仕事なんてありません。
 もっとインパクトのある名刺を持たないと、仕事なんて来ないぞ!
 と思い、自費出版で世に出した処女作が 『上毛カルテ』(上毛新聞社) でした。

 この本を書店で購入してくれた人の中に、NHKのアナウンサーがいました。
 「群馬のことに詳しい小暮さんに、ぜひ出演していただきたく・・・」
 と連絡があり、FMラジオの公開番組にコメンテーターとして出演したのが最初でした。


 時はめぐり、一昨年の暮れ。
 今度は、僕の温泉本を読んだという別のアナウンサーから連絡があり、正月4日のFMラジオ 『群馬百年インタビュー・たすきでつなげ群馬の力』 という番組に出演しました。
 テーマは 「温泉の力」。
 群馬県内の秘湯と呼ばれる温泉や一軒宿を中心に、40分間の対談を放送しました。

 人生とは、実に異なもの不思議なものです。
 このときの出演がきっかけとなり、4月から毎月、ラジオ番組を持つことになったのですから・・・
 そうです、金井一世キャスターと組んで1年間放送した 『群馬は温泉パラダイス』 です。

 で、1年経った今年。
 いよいよNHK前橋放送局で、県域テレビ放送がスタートしました。
 でもね、まさか、その放送開始の記念すべき1発目の企画に “温泉” が来るとは、驚きました。

 「まあ、いろいろとNHKさんにはお世話になっているし、断る理由も見当たらないし」 ということで、企画の協力と収録に参加 したわけであります。

 そして迎えた、オンエア日。
 放送直後から我が家の電話は、鳴りっぱなしです。

 ケータイの番号は親しい人しか知りませんから、ほとんどがメールです。
 ところが、なぜか家の電話が次から次へと鳴るのです。
 ほとんどが、親類縁者からなのですが、思わぬ人からもかかってきました。

 「高校の同級生の○○です。今テレビ見ていたらさ、小暮君が出ているじゃない! ビックリして電話したのよ」
 と言われても、すぐには顔が思い浮かびませんって。
 卒業して、何十年経っていると思ってんだよ。

 「でさ、何で小暮君、テレビに出てたの? 仕事何してるの?」
 ってか。
 おいおい、すごいボケだね。
 でも、しょうがないか。
 卒業以来、付き合いがないんだから、僕の職業なんて知るよしもありませんよね。

 でも、うれしかったよ。
 ありがとう、○○くん。
 (電話を切るころには、顔を思い出しました)


 それにしてもNHKの視聴率の高さには、今回、つくづく驚かされました。
 それからというもの、取材先の温泉旅館でも行く先々で 「見ましたよ」 と言われ、町内のイベントに参加しても、犬の散歩へ出かけても 「テレビに出てましたね」 と声をかけられる始末です。
 その影響力といったらありません。

 露出が多くなると、それだけ悪いことができなくなるわけでして、マイナス面も多々増えるわけです。
 でも、すべては群馬のブランド力向上のためだと、自分に言い聞かせています。
 群馬の温泉を、もっともっと全国の人に知ってほしいのです。

 ぜひ、みなさんも力を貸してくださいな。
   


Posted by 小暮 淳 at 18:58Comments(3)温泉雑話

2012年05月03日

死にたくなったら温泉に入ろう!


 警察庁の統計によれば、日本では年間の自殺者数が、14年連続で3万人を超えているそうです。

 3万人ですよっ!

 これは、もう毎年、戦争をしているようなものです。
 生活しているだけで、生きるか死ぬかの命を賭けた戦場にいるのと同じことです。


 昨日は一日、新聞やテレビで頻繁に “自殺” の文字が飛び交っていました。
 内閣府が発表した「自殺対策に関する意識調査」が発表され、それによると成人男女の23.4%が「自殺したいと思ったことがある」と回答し、年代別では20代が28.4%で最も多いのだそうです。

 思わず 「ウソだろう~!」 と声を上げてしまいました。

 この歳まで、一度も 「死にたい」 なんて考えたことも、思ったこともない楽天家の僕には、信じられない数字であります。
 「なんで死にたいの?」 と、こっちが聞きたいくらいです。

 で、内閣府では、自殺願望の理由を次のように分析しています。
 ・不況に伴う就職難
 ・非正規雇用者の増加
 ・希薄な人間関係
 が、影響しているのではないかと。

 このコメントに、僕は釈然としませんね。
 就職難だと、死にますか?
 正社員になれないと、死にますか?
 希薄な人間関係は、多少関係あるかもしれませんが……

 まあ、死にたい理由は人それぞれでしょうが、今の日本人は、心と体に余裕がなくなっていることだけは確かです。

 で!
 僕が前々から自殺防止に推進しているのが “心の湯治” であります。
 そう、温泉に入ってれば、体だけではなく、心まで健康になれるということです。

 温泉に入ったとき、なぜか人は 「あ~、極楽だ~」 って、心から思いますよね。
 だもの、極楽を感じているときに、誰も自殺なんて考えませんって。

 しかも、ちゃんと昔から心の病を治す効能をうたっている温泉だってあるのです。
 特に 「ぬる湯」 と呼ばれる温度の低い(40度以下)温泉には、精神の鎮静作用が高いといわれています。
 これは、ゆるい湯に長時間入ることにより、血行が良くなり、老廃物や疲労物質が排出されるためです。

 実際に、ぬる湯の湯治場へ行ってみると、古い分析書の効能欄に、「不眠症」「神経衰弱」「ヒステリー」「うつ病」などと書かれています。
 なかには、「つきもの」 と書かれた温泉もあります。


 どうですか?
 23.4%のみなさん!
 今度、「死にたい」 と思ったら、即!温泉に行ってください。

 それから経営者のみなさん!
 年に1、2回、従業員に “温泉休暇” を与えたらいかがですか?
 きっと、仕事の能率が上がると思いますよ。

 もっともっと、温泉を心と体の健康のために活用してほしいものです。
   


Posted by 小暮 淳 at 13:59Comments(5)温泉雑話

2012年05月02日

薄利多売の世なれど


 先月29日、未明。
 関越自動車道上り線、藤岡ジャンクション付近で、高速道路事故史上最悪の惨事が起きた。
 死者7人、重軽傷者39人。
 そのニュース映像は、この世のものではなかった。


 その日、僕は地域のイベント業務で、午前7時には公民館にいました。
 デモンストレーションのため消防自動車が1台、到着しています。
 「例の事故で、今日は3名しか出動していないんですよ」
 と消防署の職員の話し声が聞こえました。

 えっ、例の事故?

 この時点では、僕は何も知りませんでした。
 「今朝、関越で大きな事故があったらしいよ」
 と、仲間の役員。

 「ニュースを知って、今日は下の道から来ましたよ」
 とは、末娘が3月まで通っていた小学校の校長先生。
 埼玉県在住で、この日はイベントに来賓として出席していました。

 僕は、すぐにケータイでネットのニュースを確認。
 すでに “7人死亡” の文字。

 とんでもないことが、起きたぞ・・・

 見上げた空には、ひっきりなしに報道のヘリコプターが飛行していました。


 ことの顛末(てんまつ) は、すでに、みなさんも報道で知っていることでしょう。
 「居眠りをしていた。疲れていた」
 運転手は、そう証言しています。

 バス業界では、「起こるべくして起きた事故」とも・・・

 時が経つにつれ、過当競争の中で、末端のドライバーが酷使されていた事実も浮き彫りにされました。
 一番悪いのは、居眠りをしたドライバー自身だということは分かっていても、遺族の怒りの矛先は、彼一人に定まらないはずです。

 いつからでしょうか。
 日本が、おかしな方向に進んでいます。


 “薄利多売の世の中” 
 僕らの業界も例外ではありません。

 ライター、エディター、カメラマン、デザイナー、イラストレーター……
 他人の命は奪いませんが、自らの命が危うい環境にいます。

 僕のいとこは去年まで、東京でデザイン事務所を営んでいました。
 「ジュンちゃん、仲間はみんな安い仕事に手を出して行ったよ。でも僕にはプライドがあるからできない」
 そう言った彼は、スタッフを解雇し、事務所を手放しました。
 現在は、自宅にて細々と、我を貫いています。

 だからと言って、彼の言う “安い仕事に手を出した” 仲間たちの現状も、安泰ではありません。
 仕事量は2倍になり、収入は2分の1という過酷な選択を強いられているのです。

 いつから日本は、こんな世の中になってしまったんでしょうね。

 他人と同じことをするからには、蹴落とし合い、業界の “ナンバーワン” を目指すしかないのでしょうか?
 だからといって、唯一無二の “オンリーワン” を手に入れるには、あまりにもリスクの多い世の中であります。


 昔が良かったなんて、言いませんよ。
 昔は昔で、不自由な時代だったと思います。 

 でもね、今よりは人々がのんびり生きていたように思うんです。

 ナンバーワンになれなくても、
 オンリーワンになれなくても、
 無理をしなくても生きていかれる世の中であってほしいものです。


 亡くなられた方々のご冥福と、負傷した方々の一日も早い回復を、心よりお祈りいたします。
  


Posted by 小暮 淳 at 01:35Comments(7)つれづれ