温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2012年12月07日

高崎観音山温泉 「錦山荘」③


 「昔は、高崎市内で唯一の温泉宿って言ってたんですけどね」
 と笑う、支配人の武藤三治さん。

 そーなんですよ。
 僕も昔、雑誌の編集をしていた頃には、キャッチコピーとして使わせていただいた言葉です。
 でも平成18年以降の市町村合併により、唯一ではなくなってしまいました。
 今は、倉渕村も吉井町も榛名町も、高崎市ですものね。


 今日は久しぶりに、旧高崎市内にある高崎観音山温泉「錦山荘」へ行ってきました。

 この時期は、通常の温泉取材(出版や連載) に加えて、どうしても雑誌や新聞の新春号用の取材が入ってきます。
 これから書く原稿は、もう、すべて来年1月掲載分の記事となります。
 ま、そのぶん、原稿は年内に書けばいいので、なんとなくのんびりムードの取材となりました。

 「どういたしますか? 最初にお風呂に入られますか?」
 とは、支配人も気が利いていらっしゃる。
 「はい、では先に湯をもらいましょう。話を聞くのは、その後ということで・・・」
 と僕は、勝手知っている宿の湯屋へ向かって歩き出しました。

 昭和4年に建てられた重厚な造りの本館から、昭和63年に増築された新館へ。
 ジグザグ、ジグザグと曲がりながら上がる階段廊下が、なんとも印象的です。

 昔ながらの丸太を組んだ湯屋からは、掛け値なしの絶景が広がっていました。
 この時期、キーンと空気が澄んでいますから、それはそれは遠方の山々まで見渡せます。
 烏川越しに高崎市役所が、その奥に群馬県庁を、その借景としてまるで屏風絵のようにすそ野をのばした赤城山の雄姿を望むことができました。

 <ああ、今日はもう、取材はこれで終わりにしようか……
 だって、何度も来ているから温泉のことも歴史のことも知っているし、別段、今さら聞くことはないしなぁ……>
 なーんて怠惰(たいだ) な考えが一瞬、頭の中をよぎったのであります。

 いや、いかん、いかん!
 “現場百遍” ですぞ!


 僕は 「錦山荘」 に来たら必ず見せてもらう部屋があります。
 約20年前に、初めて取材で訪れたときに泊まった部屋です。
 それは本館2階にある、創業当時のまま残されている客室 「桐」 「竹」 「桜」 「楓(かえで)」 の間です。

 今となっては、この4部屋のどの部屋に泊まったのかは記憶にありませんが、この4部屋が “錦山荘らしい” 部屋なのであります。
 「ええ、今でもこの4部屋を指定して泊まる方がいますよ」
 と、今回も支配人が、ひと部屋ひと部屋、案内してくれました。

 なにが凄いって、その日本建築の粋を極めた内装美!
 「桐」 の間は桐、「桜」 の間は桜の木を贅沢(ぜいたく) に使って、「長押(なげし)」 や 「回り縁」、「鴨居(かもい)」、「網代(あじろ)天井」 が造られているのです。

 これは一見の価値あり!
 ぜひ、お泊りの際は、この部屋を指定してみてください。

 昭和の初期に高級料亭旅館として建てられ、新渡戸稲造や犬養毅など多くの政治家や実業家たちが 「高崎の奥座敷」 と呼んで利用していた錦山荘の品格を知ることでしょう。
    


Posted by 小暮 淳 at 17:55Comments(0)温泉地・旅館

2012年12月06日

ユアミーズ・ハイ


 以前、このブログでも書きましたが、僕は先月、自己最高の年間100温泉地(宿)を突破しました。
 現在も記録は、更新中であります。

 100ということは、3日に1日は温泉地にいる生活をしていることになります。
 我ながら、「確かに今年は、よく温泉地にいるよなぁ~」と感心しているのですが、まわりの人たちからも、この数字に関しては話題にされます。

 たいがいの人は、驚かれるのですが、まず “100温泉地へ行く” という感覚が理解できないようです。
 僕の家族や友人たちを見ても、普通の人は、1年に1回か2回です。
 ですから100回が多いのか少ないのかといえば、とんでもなく多い数という判断はつきます。
 でも、そこまでです。

 「そんなに温泉に入って、体のほうは大丈夫ですか?」
 これが一般的な反応です。
 なかには温泉好きの人がいて、「うわぁ~、うらやましい!」と言われることがありますが、これはちょっとウソっぽいリアクションですね。
 だって実際問題、その人は 「1年で100回以上温泉地へ行きたい」 なんて思っていないでしょう?
 完全なるリップサービスだと思います。

 では本当に、温泉好きが “うらやましい” と思える数って、どのくらいでしょうか?


 実は先月、ちょうど100温泉地目となった湯田中温泉へ向かうバスの中で、温泉講座の受講生たちに僕はこんな話をしました。

 「僕は温泉が好きだから温泉ライターになったんですけど、やっぱり数には限度がありますね。年間50カ所くらいの時が一番楽しかった。これが80カ所を超えたあたりから苦痛に変わります。「ああ、また今日も温泉だ~」って。でもね、100以上になると今度は気分が “ハイ” になってくるんですよ。ランナーズ・ハイと同じなんですね。朝起きて 「あ、今日も温泉に行ける」 と思った瞬間に、ニャ~となって、そのうちヘラヘラと笑い出しますから。これは、もう “ユアミーズ・ハイ” です」
 (注) 「ユアミー」=「湯浴み」

 と、やや自嘲気味に話したわけです。
 だって、そう言うしかありませんもの。
 できるものなら、誰だって数より質で勝負したいですものね。


 でも、そんなとき、俄然、僕を勇気づけてくれる言葉に出合いました。
 友人であり、僕の本の表紙を撮影しているカメラマンであり、実は世界的なディスクドッグプレーヤーでもある酒井寛氏のブログです。

 彼は11月28日のブログに 『数が物語る真実』 というタイトルで、僕のことをこんなふうに書いてくれました。

 <大好きなことに多くの時間と情熱を注いでいる人こそ、本物であると確信しました。>

 いゃ~、救われましたよ。
 彼も犬好きが高じて、ドッグプレーヤーになった人ですから、認めてくれたんだと思います。

 『数が物語る真実』

 この言葉を糧(かて) にして、これからも温泉地をめぐり、読者のみなさんへ1軒でも多くの温泉宿を紹介し続けたいと思います。

 ※酒井寛氏のブログ 「犬日記」 はこちら
   http://inuniki.cocolog-nifty.com/blog/
   


Posted by 小暮 淳 at 18:28Comments(0)温泉雑話

2012年12月05日

湯ノ小屋温泉 「洞元荘」③


 早くも昨晩、来年4月出版予定 『みなかみ18湯〔下〕』(上毛新聞社) のプロフィール写真を撮影してきました。


 僕は昼過ぎから群馬県の最北端温泉地、湯ノ小屋温泉に入り込み、取材活動を続けていました。
 夕刻、「タヌキのお宿」 の名で有名な 「洞元荘(どうげんそう)」 にて、カメラマンの酒井寛氏と合流しました。
 温泉シリーズで酒井氏と組むのは、『あなたにも教えたい 四万温泉』『みなかみ18湯〔上〕』 に続き、これで3作目になります。

 「今回も、上巻に引き続き “文豪シリーズ” でいきましょう!」
 と2人の間では、すでに打ち合わせができていました。
 それも、前回は浴衣に丹前姿で、旅館部屋の広縁のイスに腰掛けて、腕を組んでいる姿でしたが、「ぜひ今回は、湯の中で撮ってほしい」 と、僕からリクエストをしておいたのです。

 題して、“文豪湯に入る” であります。

 でも、ただ湯に浸かっているだけなら、いつもの入浴シーンと変わり映えがありません。
 “文豪” を演じるわけですから、ひとひねり演出をくわだてました。

 ズバリ、“文豪、湯の中で酒に酔う” の図であります。


 と、いうことで、県内でも数少ない、湯の中で酒が飲める 「洞元荘」 に、撮影場所として白羽の矢が当たったのでした。
 それも、支配人のご厚意により、昨日は取材班のために休館日を提供していただき、全館貸切状態で行いました。

 撮影場所は、名物の混浴大露天風呂 「夕立風呂」。
 混浴なので当然、貸し切らないと撮影できません。
 ※(なお、「夕立風呂」の名前の由来については、拙著 『群馬の小さな温泉』 を参照ください)


 さあさあ、酒井氏が三脚を立ててスタンバイする極寒の露天風呂へ、文豪気どりの素っ裸の男が登場です(僕です)。
 手には、支配人が用意してくれた桶(おけ)、日本酒の入った竹筒、そして升(ます)を持っています。

 「こちらの準備はオーケーです。提灯の前あたりに入ってください」
 と酒井氏。
 「はいはい、今行きますよ~」
 と言ったものの、寒い寒くないって、心臓が止まりそうに鬼寒いのであります。
 時々、風花(かざはな) のように雪も舞っています。

 早く湯舟に身を沈めたい一心で、露天風呂へ足を入れれば・・・

 「あーっ、ち、ちいいいいいい!」
 さすが、源泉の温度が70度以上もある湯ノ小屋 1号源泉であります。
 この巨大な露天風呂、しかも寒風にさらされているにもかかわらず、この熱さ!

 充分に体全体に、かけ湯をしてから、熱湯の吹き出る湯口から遠い場所に竹筒と升の入った桶を浮かべて、スタンバイしました。

 「おお、おおおー」
 と、意味不明な雄叫びを上げる酒井氏。
 良いんだか、悪いんだか、分かりません。

 今度は、「うぉ~、スゲー!」 と、ひと言。

 「どうなのよ、文豪してる?」
 「してる、してる。提灯の明かりでバックがオレンジ色だよ。燃える文豪だ!」

 そう言われて、気分も上々。
 そのたびに升酒をグビ、グビ、グビ・・・・
 そのたびに腹の底から、カーッと熱くなります。

 これぞ、“人間徳利(とっくり)” であります。
 冷酒を飲んで温泉に浸かり、胃の中で熱燗のできあがり~!

 この後、時間をずらして、もう一度、背景となる“闇の色”を変えて撮影。
 約2時間にわたるプロフィール撮りが、無事終了しました。


 宿にもどった一行(僕とカメラマンとディレクター) は、夕げの膳の前へ。
 撮影の成功を祝う乾杯の準備に入ったときです。
 支配人から 「タヌキが出ました」 と告げられ、「ソーレ、急げ」 とばかりに脱兎のごとく、館内にある 「タヌキの見学室」 へ。

 あわぁ~、本当だー!
 いるわ、いるいる。
 宿が出した残飯目当てに、タヌキが1匹、2匹、3匹・・・・・全部で6匹。

 「あっ、違うのが来たぞ!」
 良く見れば、キツネです。
 それも2匹。
 先客のタヌキを追い払いながら、我が物顔で悠然と残飯の中へ、ノシノシノシ・・・


 話には聞いてましたが、こんなにもたくさんのタヌキやキツネが間近で見られるとは思いませんでした。
 大の大人、それもオッサンたちが、子供のようにはしゃぎ回っていたのであります。

 もちろん、その後は部屋にもどり、タヌキに化かされたように浴びるほど酒を飲んだことは、言うまでもありません。
 ポン!
   


Posted by 小暮 淳 at 18:52Comments(2)温泉地・旅館

2012年12月03日

ググっとぐんま 冬号


 「ググっとぐんま」の最新号(冬号、2012年12月1日~2013年2月28日) は、もう、ご覧になりましたか?

 「ググっとぐんま」は、群馬県が発行している群馬の観光情報誌です。
 2010年の4月に、翌年開催される 『群馬デスティネーションキャンペーン(群馬DC)』 にあわせて発行されました。

 なぜか、その時、僕にお声がかかり、創刊号から編集に参加しています。
 また、群馬DCは昨年終了しましたが、その後も “アフターDC” とのことで、引き続き発行されています。


 で、今回発行の 「ググっとぐんま」 冬号では、特集 「上州の冬は、名湯の温泉街へ。」 と題して、僕が巻頭記事をド~ンと6ページにわたり書いています。

 なぜ、群馬は温泉大国と呼ばれるのか?
 群馬の温泉が素晴らしい理由は?
 群馬の温泉の日本一って?
 などなど、群馬の温泉の魅力について書かせていただきました。

 まだ読んでいない人は、ぜひ、ゲットしてくださいね!

 ※「ググっとぐんま」 は、県の関連機関や観光施設、またはJR線、東武鉄道の駅で無料配布されています。
   


Posted by 小暮 淳 at 18:16Comments(4)執筆余談

2012年12月01日

猿ヶ京温泉 「料理旅館 樋口」②


 今日から師走です。
 そして、忘年会シーズンの到来!

 と、いうことで今年の第1回目を飾る、記念すべき忘年会に出席してきました。
 出版関係者との忘年会ということで、やっぱり会場は温泉旅館です。
 それも、今年取材でお世話になった温泉地ということになりました。

 で、今回、お世話になったのは、美人女将と卓越した料理が、つとに有名な猿ヶ京温泉の 『樋口』 で行われました。


 「先日、小暮さんの読者という若い女性が泊まりに来られましたよ。うちのことはブログで知ったとかで、ありがとうございます」
 と、ウワサの女将が登場。
 相変わらず、お美しい!

 「えっ、若い女性ですか? 僕の読者に若い人なんているんですかね?」
 「ええ、20代の女性2名でした」

 へーっ、そんなこともあるんですね。
 でも、うれしいじゃ、あーりませんか!
 若い人が、温泉を好きになってくれているんですから。

 しかも、
 「確か、車は県外ナンバーでしたよ」
 とは、喜びもひとしおであります。
 群馬の温泉、バンザーイ!


 すっかり気を良くして、まずはササッとひと風呂浴びて、僕の特等席へ!
 拙著 『みなかみ18湯〔上〕』(上毛新聞社刊) をお読みの人は、ご存知かと思いますが、樋口名物 “湯上がり生ビール” であります。

 えっ? なに?
 湯上がりに生ビールなんて、ちっとも珍しくないって?

 でも、これが、ただの湯上がり生ビールではないんですよ!
 赤谷湖を一望する高台ロビーから夕焼けを見ながら飲む生ビールなんです。

 9年前に初めて来たときから、病みつきになってしまいました。


 「読者のなかには、小暮さんが飲んだ同じソファーでビールを飲みたいと言われる方もいますよ」

 へーっ、それは、凄いや!
 みんな、ここに “湯上がり生ビール” を飲みにいらっしゃ~い!
 とにかく、絶景!
 とにかく、美味!


 「カンパーイ!」
 「1年間、お疲れさまでした」
 「来年も引き続き、よろしくお願いいたしまーす」
 と、口々にねぎらいの言葉をかけ合い、宴の始まりです。

 乾杯ビールから地酒の冷酒へ。
 1本、2本、3、4、5、6・・・・

 「もっと、たのみますか?」
 と内線電話に手をかけようとしたときです。
 スーッと、扉が開いて、ご主人が登場しました。
 手にしたお盆には、冷酒のビンがズラ~リ 並んでいるでは、あ~りませんか!

 「今日は、ジャンジャンやってください。私も仕事を片付けて、後でご一緒させていただきます。いつもの店に、予約を入れてありますから」
 とだけ言い残して、部屋から出て行きました。

 “いつもの店” とは、「のんびり屋」 という居酒屋のことです。
 以前、取材に訪れたときに、ご主人に、大衆演劇の劇団員たちが公演中に集まるという店へ連れて行ってもらったことがありました。
 その後、本の取材でも訪ねて、ママと一緒の写真を撮りました。
 (※ママとの晩酌シーンは、『みなかみ18湯〔上〕』 P93を参照)


 午後9時過ぎ、いつもの店にて、ご主人と合流。
 ママも一緒に、2次会が始まりました。

 ウィスキーのボトルを1本空けて、店の外へ・・・
 師走の猿ヶ京は、キーンと冷え込んでいます。

 「ラーメンでも食べて帰りますか?」
 ご主人のひと言で、宿の前を通り過ぎてしまいました。


 忘年会シーズン、到来です。
  


Posted by 小暮 淳 at 18:28Comments(0)温泉地・旅館