温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2015年12月02日

磯部温泉 「磯部館」


 磯部温泉(群馬県安中市) には、現在8軒の温泉宿があります。
 僕は今年の春から、すべての宿を制覇しようと泊まり歩いています。
 昨晩は、7軒目となる 「磯部館」 に泊まってきました。 

 磯部館は、磯部温泉開祖といわれた大手萬平 (詩人、大手拓次の祖父。今は無き鳳来館の創業者) の孫、桜井秀男が大正2年(1913) に旧・三景楼(明治時代創業) を買収して開業した老舗旅館です。
 現在の館主で4代目。屋号を変えず、一族だけで受け継がれている宿としては、磯部温泉最古だと思います。
 ※(舌切り雀のお宿 「磯部ガーデン」は、磯部館の別館として昭和2年に開業しました)

 で、一晩ゆっくり湯に入り、料理をいただき、館内をめぐり、歴史に触れて、その上で現主人の桜井太作さんに、じっくり話を聞いてきました。

 温泉誌などの資料は、ひととおり目を通して勉強して行ったつもりなのですが、やはり実際に話を聞いてみると、書物には書かれていない歴史の事実なんていうのもが、あるんですね。
 たとえば、「磯部館」 は “雀のお宿” ですが、「磯部ガーデン」 は “舌切り雀のお宿” です。
 さて、その違いは?

 なーんてね、なぜ違うのか、そう名づけられた理由なんて、どの資料を紐解いても載っていませんものね。
 一族だからこそ知り得るトリビアだったりするのです。
 これだから取材は、おもしろい!

 太作さんには、過去に何度もお会いしています。
 それでも会うたびに、「えー」 「へー」 というネタが飛び出してきます。

 つくづく、“取材は、し過ぎることはない” のだと感じました。


 と、いうことで、残るは、あと1軒です。
 四万温泉、水上温泉、猿ヶ京温泉、老神温泉に続く群馬の温泉地全館制覇を目指してガンバリます!
  


Posted by 小暮 淳 at 21:35Comments(2)温泉地・旅館