温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年12月13日

今年の漢字


 今年も1年間の世相を反映する漢字一文字が発表されました。
 「北」 だそうです。

 昨年が 「金」 でしたからね。
 なんとも落差を感じます。
 北朝鮮の脅威におびえた年だったということでしょうか。


 さてさて、僕も恒例の個人的今年の漢字を発表したいと思います。
 一昨年が 「労」、昨年が 「奔」 でしたからね。
 疲れて、走り回ったあげくに、手にしたものとは?
 では、発表です!

 今年の漢字一文字は、「活」 です!


 理由は……
 その前に、ざっと1年間を振り返ってみたいと思います。

 なんといっても今年は、3つの “温泉大使” に任命されたことでしょうね。
 老神温泉大使(群馬県沼田市)、伊香保温泉大使(群馬県渋川市)、四万温泉大使(群馬県吾妻郡中之条町) です。
 昨年、みなかみ温泉大使(群馬県利根郡みなかみ町) と中之条町観光大使に任命されていますから、これで5つの大使を兼務することになりました。

 また今年は、シリーズ9冊目となる著書 『金銀名湯 伊香保温泉』(上毛新聞社) を出版しました。
 それに付随して、テレビやラジオの出演、講演会やセミナーの講師依頼が増えました。

 群馬テレビやエフエム群馬の生放送、NHKBSプレミアムの旅番組にも出演させていただきました。
 また講演会も多く開いていただきました。
 各温泉地のほか、群馬銀行様をはじめ、県内企業からも講師として呼ばれ、温泉の話をさせていただきました。
 ライフワークとして行っている市町村公民館での講座も、年々増えています。

 そうそう、今年は生まれてはじめて、サイン会を行いました。
 新刊 『金銀名湯 伊香保温泉』 の発売を記念して、紀伊国屋書店様が開催してくださいました。
 なんとも照れくさい、初体験でありました。

 変りダネでは、グループサウンズのザ・キャプテンズのレコーディングにも参加しました。
 メンバーとラジオ番組で知り合い、意気投合したのがきっかけです。
 『吾妻線~中之条バージョン』
 ぜひ、聴いてくださいね。
 僕は、コーラスを担当しています。

 テレビやラジオのほか、日経新聞と観光ガイドブック『d design travel 群馬』(ディアンドデパートメント) から取材を受けました。
 群馬の温泉の魅力を全国に知ってもらうことができたと、大変喜んでいます。


 と、いうことで今年の漢字は、活発に活動したということで、「活」 に決めました。

 みなさんの今年は、どんな漢字になりましたか?
   


Posted by 小暮 淳 at 12:01Comments(0)つれづれ

2017年12月11日

3つのキーワード


 「ご両親は、お元気ですか?」
 「えっ?……はい」

 「マロちゃんのファンなんです」
 「あっ、……ありがとうございます」

 「今日も、H へ行かれるんですか?」
 「……、いえいえ」

 最近は初対面の人や、久しぶりに会った知人などから、たびたび、このようなことを言われることが多くなりました。
 なんのことかって?
 熱心な読者様なら、おわかりですよね。


 “両親” とは、認知症のオヤジと車イス生活のオフクロのことです。
 “マロ” とは、我が家の愛犬、チワワのオスであります。
 そして “H” とは、僕らのたまり場、酒処 「H」 のことです。

 すべて、このブログに登場するキャラクターおよびキーワードであります。
 ということは、みなさん、しっかりとチェックされているということなんですね。
 ブログなんて、読まれてナンボですからね。
 ありがたいことであります。

 初対面でも、いきなり両親の介護話やマロのネタから始まれば、コミュニケーションが取りやすいというものです。
 思わぬところで、ブログが潤滑油の役割を果たしているということですね。
 たかがブログ、されどブログであります。


 過日のこと。
 酒処 「H」 のママからメールが来ました。
 「ついに、H を探し当てた客がいた!」
 という内容でした。

 後日、聞いた話によれば、ある日、知人に連れられてやって来たイチゲンの客が、店内を見渡して、僕の本が何冊も飾られていることに気づき、ビックリ仰天して思わず、

 「えーーーっ!」

 と叫び、あわてて外へ飛び出して、看板の店名を確認。
 戻るなり、

 「ここが、“H” だったんですかぁ~~!!!」

 と、また叫んだといいます。
 

 さぞかし、まわりのお客さんたちは、驚いたことでしょうね。
 興味のない人には、なんのことだか、さっぱり分からない話ですもの。

 でも、ママいわく、
 「あまり有名になっちゃうと、困っちゃうな~」
 ですって。
 「だって、うちは昭和で時間が止まっちゃってる時代遅れの店だから」

 いえいえ、だからこそ、たどり着けたときの喜びも、ひとしおなのでありますよ。

 今どきでも、“H” だけの情報では、なかなか、たどり着きませんって。
 それでも、探し当てる読者がいること自体が、“昭和”なのであります。


 読者のみなさま、これからも当ブログを、ごひいきくださいますよう、お願い申し上げます。
  


Posted by 小暮 淳 at 14:42Comments(2)執筆余談

2017年12月09日

冠を正す


 僕は現在、週刊・月刊・不定期を合わせて、6本の連載記事を書いています。
 うち2本が、“冠記事” です。

 冠記事とは、タイトルに筆者の名前が付いている記事のことです。
 「グラフぐんま」(企画/群馬県、編集・発行/上毛新聞社) に 『温泉ライター小暮淳の ぐんま湯けむり浪漫』、「ちいきしんぶん」(発行/ライフケア群栄) に 『小暮淳の はつらつ温泉』 を連載しています。
 今月、『ぐんま湯けむり浪漫』 は第6回、『はつらつ温泉』 は第20回を迎えました。


 ご存知かも知れませんが、新聞や雑誌の記事には2種類あります。
 「無記名」記事と「記名」記事です。
 無記名記事は、新聞社や雑誌社の記者や編集者、専属ライターなどが書いた記事で、文責はすべて発行元にあります。
 一方、記名記事は、特定の作家や著名人に書いていただいた依頼原稿が一般的です。
 最近は、新聞などでは自社の記者が書いた記事の文末に、筆者の名前が掲載されていることが多くなりました。
 たぶん、やりがいと文責を持たせるためだと思いますが。

 無記名記事の場合、文体が三人称の視点で書かれています。
 これに対して記名記事は、一人称で書かれることが多くあります。
 自分の名前を出して書いているわけですからね。
 見たこと、感じたことを、他人の視点を気にせずに書けるわけです。
 一般論ではなく、自論を主張することができます。

 “ナンバーワン” の文章を求めるのではなく、とことん “オンリーワン” の文章に徹することが可能になります。
 いわば記名記事は、ライターにとって理想の仕事といえるかもしれません。

 ただ、オンリーワンには、責任がもれなく付いています。
 間違った情報を書けば、編集社ではなく、筆者に責任は求められます。
 時にはクレームにへこむこともありますが、それでもオンリーワンの仕事をしている充足感は、他では味わえない宝物です。


 僕はよく、「李下の冠」 という中国のことわざを思い浮かべます。
 「李下に冠を正さず」 ともいいますね。
 李(すもも) の木の下では、たとえ冠が曲がっていても、手を上げて直そうとしてはいけない。
 なぜなら、すももを取ったと疑われるからとの意です。
 転じて、他人に疑われるような行動はしないほうがよいということです。

 意味は、まったく異なりますが、なぜか 「冠を正さず」 と 「いずまいを正す」 の語感が似ていることから、頭の中で勝手に 「冠を正す」 という造語を作っているのです。

 「冠を正す」 とは、縁あって冠の称号をいただいているのだから、常に品行方正であれ。
 どこで誰が見ているか、分からないんだぞ!
 と、自分を戒める言葉として使っています。

 これからも、おごらずに、されど臆することなく、オンリーワンの記事を書き続けていきたいと思います。
 読者のみまさま、末永く、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。
   


Posted by 小暮 淳 at 12:29Comments(0)執筆余談

2017年12月06日

祝! 四万温泉


 今年も 『温泉総選挙2017』(うるおい日本プロジェクト:主催、環境省・観光庁:後援) が、発表されました。
 昨年はリフレッシュ部門で、みなかみ18湯(群馬県利根郡みなかみ町) が見事1位に輝き、群馬の湯力(ゆぢから) を全国に知らしめました。

 そそ、そして今年は、さらなる快挙を群馬勢が成しとげました!
 なななんと、最高賞の地方創生担当大臣賞に、四万温泉(群馬県吾妻郡中之条町) が選ばれたのです!

 おめでとう、四万温泉!
 すごいぞ、群馬!

 それだけじゃありません。
 部門賞の上位には、群馬勢が名を連ねています。

 ●チームで温泉活性化賞/伊香保温泉
 ●リフレッシュ部門4位/みなかみ18湯
 ●ファミリー部門4位/伊香保温泉
 ●女子旅部門2位/四万温泉
 ●女子旅部門4位/伊香保温泉


 みなさん、気づかれましたか?
 そうなんです!
 すべて僕が温泉大使を務める温泉地なんですよ!
 うれしいです!!

 やっぱ、群馬には “湯力” がありますね。
 この調子で、来年もヒートアップいたしましょう!

 GO!GO! 温泉パラダイス!
 YU!YU! 湯の国 ぐんま県!

 
 
 
   


Posted by 小暮 淳 at 12:49Comments(4)大使通信

2017年12月05日

ようこそ、先輩!


 前橋市の南部郊外、田園風景に囲まれた、のどかな住宅地。
 ここに僕ら一家は、23年前に越してきました。

 小学生だった長女も、保育園児だった長男も、すでに成人して家を出て、家庭を持ちました。
 唯一、ここで生まれた次女だけが、まだ同居していますが、来年は高校を卒業します。
 県内での進学を希望しているようですが、いずれ、ここを出て行くのでしょうね。

 PTA役員、子供会長として、子育てをしながら地域の活動にも参加してきました。
 運動会、夏祭り、バス旅行、バーベキュー大会……
 子どもたちは大きくなって巣立って行きましたが、なぜか僕は、いまだに “子供会” の活動をしています。
 正式名は、「前橋市K地区子ども会育成連合会」 といいます。

 気が付いたら、役員をさせられていました。
 もう、自分の子どもは在籍していないのにね。
 先日の日曜日も 「ウォークラリー大会」 が行われ、スタッフとして借り出されました。


 公民館に、ゼッケンを付けた区域内の中学生が大勢集まりました。
 指導に当たる校長先生の姿もあります。

 「もしかしたらN先輩ではありませんか?」
 僕は勇気をふるって、H中学校の校長先生に声をかけました。
 「そうですけど……(少し間を置いて)。えっ、小暮君かい!?」
 「はい! 先輩、お久しぶりです」

 今秋、K地区で開催された市民運動会で、H中学校の校長先生としてあいさつをされたNさんを見かけました。
 その時から、今度お会いしたら、絶対に声をかけようと決めていたのです。
 Nさんは、僕の中学校時代の卓球部の先輩です。
 なんと、45年ぶりの再会であります。


 「小暮君、活躍しているじゃない。本も書いているよね」
 「えっ、僕のこと知っていたんですか?」
 「時々、新聞や雑誌にプロフィールが載っているよね。生まれ年を見て、あっ、小暮君だって思ったよ」

 それから気が付いたら2人は、30分以上も立ち話をしていました。
 まるで日記帳をめくるように、中学を卒業から今日までの互いの人生の道のりを告げていました。

 「で、今はH中学にいるわけ。もうすぐ定年退職だけどね」

 先輩の話によれば、昔は校内暴力で荒れた時代もあったけど、今の子は、おとなしいとか。
 その代わり、登校拒否が多くなったといいます。
 モンスターペアレントによるクレームも、年々過激になっているそうです。

 「定年まで、何事もないといいですね」
 「でもね、教育は守りに入ったらダメなんだよ。常に新しいことを考えていないと」
 「攻撃が、最大の防御っていうことですね?」
 「そのとおりだ」

 その言葉、僕らフリーランスの人間にも当てはまります。
 守るものなどないのだから、ひたすら攻め続けるしかありません。


 ありがとうございます。先輩!
 そして、ようこそ、先輩!
 我が地区へ。
   


Posted by 小暮 淳 at 11:22Comments(0)つれづれ

2017年12月03日

降臨


 お笑いの世界には、“笑神” と呼ばれる笑いの神様がいるそうです。
 いつものステージなのに、突然、笑神が降りてくると、ドッカン、ドッカン、ネタが受けて、客席が爆笑に包まれます。

 ミュージシャンの世界にも、“音楽の神様” がいるようです。
 120%の演奏ができたり、作曲中に思わぬフレーズが浮かんだり、そんなとき、「あっ、降りてきた!」 と感じるといいます。

 実は、僕らライターの世界にも、神様はいます。


 昨日、群馬県内の某神社へ行ってきました。
 別に、何かを祈願しに行ったわけではありません。
 取材です。

 その神社には、鳥居がありません。
 最初から無かったのではなく、ある事件をきっかけに鳥居が取り外されてしまいました。
 そして境内には、犬の銅像と由来が書かれた石碑が建立されています。
 さらに、その隣には、犬を供養した “石尊様” と呼ばれる祠が祀られています。

 僕は、この伝説の謎を解くために訪れたのでした。


 「何をなさっているのですか?」
 メモを取っているいると、突然、見知らぬ初老の男性が声をかけてきました。
 「取材です。来年は戌年なので、犬の像が建てられた理由が知りたくて……」

 すると男性は、こう言いました。
 「だったら、うちに来ませんか? すぐ、そこですから、お茶でも飲みながら話しましょう」

 最初は何を言っているのだか分かりませんでしたが、男性は、クルリときびすを返すと、石碑の裏側に回り込みました。
 「私は、こういう者です」
 と指さした先には、
 <設立実行委員会委員長>
 と書かれています。

 えっ、本当?
 マジですか~!?

 「詳しい資料もありますし、建立までのいきさつをお話しいたしますよ」


 来た!来た!来たぁぁぁぁ~!!!
 降りて来たーーーっ!

 そう、“取材の神様” っていうヤツですよ。
 渡りに舟、なんていうレベルじゃありません。
 奇跡に近い出会いです。


 「やっぱり、僕はモッテますね」
 同行のカメラマン氏に言うと、
 「ええ、そう思います。過去にもありました。これで2度目ですよ」

 神が、降臨しました。

 あとは、僕の文章しだいということです。
 “文章の神様”
 今度は、あなたが降りて来てくださいね。
    


Posted by 小暮 淳 at 17:29Comments(4)取材百景