温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月11日

尻焼温泉 「ホテル 光山荘」

 昨日、今日と2日間、旧六合村の尻焼温泉に泊り込み、取材をしてきました。
 六合村は、数年前からパンフレットを製作したり、雑誌の取材等で、たびたび訪れていますが、今回は初めて「光山荘」に泊めていただきました。

 尻焼温泉は、巨大な天然川風呂で有名ですが、「光山荘」はその川風呂に一番近い宿です。
 僕の来訪を大変歓迎してくれて、営業部長の小渕哲也さん、初代女将の小泉とよさん、2代目女将の長岡つる代さんに出迎えられ、楽しい取材ができました。
 小渕さんは、夕食の席にも顔を出してくれて、ビールと地酒でほろ酔い談義が始まりました。尻焼温泉のこと、他の六合村の温泉ばなし、群馬県内の温泉事情などなど、熱く語り合っていたら、ついつい飲み過ぎてしまいました。

 尻焼温泉の源泉は、すべて川の中。「光山荘」は自家源泉を持っています。泉温は54度の高温泉です。
 ちょっと熱めですが、加水なし、加温なし、完全かけ流し。その量が半端じゃない! 広い湯縁全体から、ザーザーとあふれ流れています。
 つくづく「同じ温泉でも、こんなに違うものなのか…」と、感心する絶妙な浴感のする湯です。
 ひと言で言えば“涼しい湯”です。熱いのにさわやかで、性別で言えば、クールなイケメン君ですな。
 湯上りが、これまた涼しい。湯切れがよくて、まったく後を引かない。やっぱり、別れ上手なドンファン君ですね。
 あれほど熱い湯だったのに、湯上りに汗が出ないんですね。本当に不思議な湯でした。

 温泉は、源泉によってすべて異なる。2つと同じ湯はなし!
 驚きとともに、大変勉強になりました。光山荘さん、参りました。あっぱれです。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
尻焼温泉 「ホテル 光山荘」
    コメント(0)