温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月12日

奥嬬恋温泉 「干川旅館 別邸花いち」

 今日は朝からカメラマンのT君と、月刊「Deli-J」の取材で奥嬬恋温泉まで行って来ました。
 T君とは、例のフルチンから海水パンツを起用した新進気鋭のカメラマンです。
 (※ブログ内、高崎観音山温泉「錦山荘」を参照)

 干川旅館を訪ねるのは、何回目でしょうか。雑誌でも数回、JRの冊子でも昨年出版した本でも、たびたび訪れている温泉宿です。
 宿に着くなり3代目主人の干川英男さんと、女将の陽子さんに出迎えられました。今日もいつものように玄関ロビーには、巨大な花梨の根コブでできた衝立の前に、陽子さんが生けた季節の花が咲き誇っています。「野に咲く一輪の花のようにありたい」という女将の願いから、別邸の名「花いち」は名付けられました。

 「小暮さん、悪いですね。急に地元の法事が入ってしまって、手が離せなくなってしまいました。原稿おまかせでいいですか?」と主人。「はい、それでよろしければ」と僕。「申し訳ないですね。撮影は好きにやってください」と女将。
 ということで、勝手知ったる温泉旅館です。初めてのT君を連れて、館内を案内しながら撮影を始めました。

 今回は、大浴場と貸切半露天風呂の2ヶ所での入浴シーン撮影。まずは大浴場から……。
 「いい風呂っすね。ええと、ではこのあたりに入って、庭を眺めてください」
 さっそく流暢なT君のトークが炸裂です。
 「いいですね。ちょっと肩にお湯なんか、かけてみてくださいよ。そうです、そうです。いいですねぇ」
 ポーズをとるのに夢中で、彼の姿に気づきませんでしたが、振り返ると、なななんと、フルチン!
 「あれ、海水パンツは?」
 「いや、今日はこれで行きましょう!」
 行きましょうって、前回、ブラブラが変態チックでキモイから海水パンツをはいてくれたんじゃないの?
 ま、いっか。彼のテンションのおもむくままに任せることにしましょう。雑誌の出来上がりが楽しみです。

 このときの様子は、月刊「Deli-J」7月号に掲載されますので、乞う、ご期待!

 
 


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

この記事へのコメント
こんばんわ、小暮様
花いちの陽子です。今このページを開き驚きと喜びに浸っています。小暮様には本当に感謝です。デリジェイに記事を載せていただいてから、干俣神社に参拝の方はもちろん温泉やお泊りのお客様が、沢山お越しくださっております。感謝感謝です。村でも干俣神社が、凄い事になっているとうわさです。
先日娘さんの病気が良くなりお礼参りに来られたお客様には、嬉しさの余り鳥はだが、止まりませんでした。本当に有り難う御座います。ひとまずメールで、お礼の言葉で、大変恐縮ですが失礼致します。本当に有り難う御座います。まだまだ残暑厳しいですが、御体ご自愛下さいませ。   干川陽子
Posted by 干川 陽子 at 2010年08月31日 21:49
干川陽子さんへ

その節は、大変お世話になりました。
そーですか、干俣の諏訪神社がブレイクしちゃいましたか!
あそこは、実に願い事が叶う神社ですものね。

実は、あの後、月刊「Deli-J」にも、また僕のところにも問い合わせは来ています(当ブログ内、「干俣の諏訪神社」参照)。

また、10月には、NHKの温泉講座でお世話になります。
その時は、よろしく、お願いします。
Posted by 小暮 at 2010年09月01日 02:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
奥嬬恋温泉 「干川旅館 別邸花いち」
    コメント(2)