温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月16日

泡の付く湯

 群馬県内には、全国でも全体の1%しかない珍しい炭酸泉の湧く温泉がいくつかあります。一般に炭酸泉というのは旧泉質名で、現在は二酸化炭素泉のことをいいます。成分の炭酸ガス(小さな気泡)の刺激で、毛細血管が広がり血圧を下げる効果があることから、ヨーロッパでは「心臓の湯」と呼ばれ、大変珍重されている温泉です。
 県内では、下仁田温泉が有名ですが、二酸化炭素泉の他にも、炭酸水素塩泉や一部の硫酸塩泉でも泡が付く温泉があります。僕が入った湯では、霧積温泉、温川温泉、平治温泉、半出来温泉なども、体に気泡が付きました。

 ところが炭酸泉は熱に弱いので、温めると気泡が飛んで消えてしまいます(コーラを温めると炭酸が抜けますよね)。よって、炭酸泉はほとんどが、冷鉱泉か低温泉です。ちなみに下仁田温泉の源泉の温度は約12度。加温した内風呂よりも、露天風呂にある源泉風呂の方が、より泡は付きます。が、いかんせん冷鉱泉ですから、冬場はなかなか厳しい。夏に入ると気持ち良いですが……。

 実は県内には、高温泉でありながら、気泡の付く温泉があります。それも半端でない炭酸ガスの量です。
 残念なことに、ここで名前と場所を明かすことはできません。地元民専用の浴場のため、公表できないことをお許しください。僕も公言しないという約束で、地元の方に教えていただいた温泉です。

 先日、取材の帰りに、カメラマンのT君にサプライズプレゼントとして、この温泉へ連れて行ってあげました。
 T村にあるH温泉の源泉に、無人のプレハブ小屋が建っています。もちろん誘導看板も、小屋に名前もありません。小屋の前に立っても、ここが温泉とは分からないでしょう。
 湯舟に入るなり、T君は「おおおおおおお~!」と雄叫びを上げました。ものの1分も経たないうちに、全身が泡だらけになったからです。そのスピードと泡の量は、たぶん県内一です。
 「いやぁ、温泉って奥が深いですね。びっくりしました」と、驚愕気味のT君。
 加温もせずに適温で入れ、炭酸ガスが抜けずにいる。湧きたてだからでしょうが、まさに奇跡の湯です。

 もし知っている人がいたら、ナイショにしてあげてくださいね。
 

 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
泡の付く湯
    コメント(0)