温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月18日

桜川温泉 「ふじやまの湯」

 昨日の午前中より川場村に滞在して、村内の温泉地を取材してまわりました。
 夜は、ご厚意により、桜川温泉「ふじやまの湯」に泊めていただきました。

 夕方、宿に着くと、初代主人の中村嘉一さんがフロントで店番をしていました。御歳84才とか。まだまだ、お元気です。
 やがて畑仕事を終えた3代目の中村久さんが戻り、取材協力のお願いと、段取りの打ち合わせをしました。久さんとお会いするのは初めてですが、お声は以前に何度か電話で聞いたことがありました。イメージどおりの方でした。がっちりした体格に、あごひげがのびた、いかにも山男タイプの青年。朴訥ながら、やさしさのにじむお人柄です。

 部屋で旅装をといて、すぐに浴室へ。
 話には聞いていましたが、自然石を敷きつめた圧巻の岩風呂です。「武尊山の焼き石」と呼ばれる巨大な火山岩が浴室の真ん中にあり、左右に「ぬる湯」と「あつ湯」があります。どこから配管しているのか、巨岩の割れ目が湯口となって、湯が注がれていました。
 湯はアルカリ性の単純温泉。つるすべの湯を浴みながら、窓の外に目をやると、花、花、花、花のお花畑です。それも山野草ばかり。クリンソウを中心に、シラネアオイやタイツリソウ、イカリソウ、時期は過ぎてしまいましたミズバショウの姿まで見られました。クリンソウの満開時期には、ライトアップをされるとか。まだ少し早いようで、実に残念です。
 湯舟の中から山野草の“花見風呂”なんて、いいですなぁ~!

 湯上りにビールをいただきながら、ひとしきり2代目女将の中村せんさんから、山野草栽培の苦労話を聞きました。

 川場村の奥の奥、この先は川場スキー場しかありません。家族だけでやっている小さな民宿です。
 僕の一番好きなタイプの温泉宿ですね。湯も人も温かくて、体も心もポッカポカになりました。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
桜川温泉 「ふじやまの湯」
    コメント(0)