温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月20日

川場温泉 「花紀行」

 川場村には、6つの温泉があります。
 武尊(ほたか)温泉、小住(こじゅう)温泉、桜川温泉、塩河原温泉、宮山温泉と川場温泉です。
 小住温泉は日帰り入浴施設、その他は湯宿があります。武尊、桜川、塩河原、宮山は一軒宿です。

 川場温泉には3軒の宿がありますが、唯一ペンションで温泉を引き入れているのが、「花紀行」です。
 武尊神社を過ぎて、厄除観音へ向かうりんご畑の中に、しゃれた洋風の建物が顔を出します。
 白いりんごの花の中に、ペンションを見つけたときは、ちょっぴり感動を覚えました。

 ご主人の星野紀重さんと奥さまの八重子さんは、平成4年に脱サラをして、ペンションをはじめました。
 宿は名のとおり、四季の花々に囲まれていて、お話を聞いたレストランのテーブルにも、オダマキ・シャガ・ムラサキケマンといった野草がさりげなく飾られていました。聞けばすべて、ご主人の趣味だとか。料理も園芸も生け花も、すべてひとりでこなしてしまうそうです。
 紀重さんは山岳カメラマンでもあります。武尊山や尾瀬に魅せられて、若いときから写真を撮り続けています。
 「都会の人たちが、ふと名もない草花に気づける“気づきの場所”になってくれたらいい」と言います。
 自然を愛しながら自然体の暮らしをしている方です。サラリーマンをしていたことが信じられないくらい、自然に溶け込んでいました。

 浴槽に引き込んだ源泉は、もっとも古い歴史を持つ「弘法の湯」の1号泉と3号泉の混合泉。
 諸国行脚の際に、この地を訪れた弘法大師が、老婆から水をもらい、その厚意に感謝して杖をついて湧き出させたという伝説の温泉です。今でも泉源の近くに弘法大師堂があり、尊像が安置されていました。

 歴史ある古い湯と、しゃれたペンション。これからの温泉地の姿を垣間見たような気がしました。

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
川場温泉 「花紀行」
    コメント(0)