温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月23日

銭湯 × 温泉

 昨日は夕方から高崎で、対談取材を受けました。
 「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄)主催による特集企画で、『群馬伝統銭湯大全』(クレインダンス刊)の著者・抜井諒一さんと銭湯×温泉のトークを楽しんで来ました。

 そもそも僕はライターですから、取材をしたり話を聞くのが本業で、話を聞かれたり、取材を受けることは稀のことなのですが、最近はぽちぽちそんな依頼が来るようになりました。でも、記者さんやライターさんから話を聞かれるというのもヘンなものです。「ああ、いつもこんな感じで僕の取材を受けているんだ」と、思うことがあります。
 ま、でも昨日は対談ということで、抜井さんも僕も気取らず、リラックスムードの中で、語り合うことができました。

 抜井さんは高崎市在住の、印刷会社に勤務する青年です。まだ20代ですから、僕とは親子ほど歳が離れていますが、なかなか落ち着いていて、歳の差は感じませんでした。まあ、銭湯に興味を持つくらいですから、同世代の若者よりは、渋めかもしれませんね。
 話を聞くと、どうも僕とは初対面ではないようです。昨年、渋川市で開催した講演会にも来て頂いているようで、また別のパーティーの席でも一緒になったことがあったようです。ただ、名刺を交換して、ちゃんとご挨拶をしたのは、このときが初めてでした。

 銭湯と温泉、同じ湯の文化ですが、片や街中の大衆文化、片や人里離れた深山の湯治文化ですから、あまり類似点はないのですが、お互い興味はある世界です。僕も雑誌記者時代には、銭湯を取材したことがありました。
 あれやこれやと、話が脱線しながら盛り上がって、気が付いたら2時間半の対談になっていました。

 結局、銭湯も温泉も、平成の世になり、日帰り温泉施設に泣かされているという現実がオチとなりました。街中に温泉を掘ってしまうのですから、銭湯と温泉のイイトコ取りです。まさに浴場界のニューハーフの出現です。
 最後は、そんな平成浴場事情で盛り上がりました。

 この対談記事は、6月18日発行の「ちいきしんぶん」紙上に掲載されます。

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
銭湯 × 温泉
    コメント(0)