温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月24日

夢の軌跡

 「夢は叶うもの」いつも僕は、そう思って生きています。よく「叶える」という人がいますが、そうは思わないんですね。
 なんだか「叶える」というと努力が必要です。でも本当に好きなものって、努力なんてしません。勝手に心と体が動いてしまいます。時に、無我夢中で一生懸命な姿を見て、他人は「努力している」と評価するのかもしれませんが、本人は好きなことですから、なんら苦痛を感じていないんですね。むしろ楽しくてしょうがない。だから人一倍頑張ってしまう。気が付くと、夢が叶っているということです。

 10代のとき、歌手になりたくて東京へ出ました。音楽学校へ通いながら、ライブハウスや路上で(今で言う、ストリートです)歌ったり、仲間とコンサートを開いていました。いつしか、そんな僕を見ていた人が「レコーディングをしないか?」と言ってくれて、本当にレコードデビューの夢が叶ってしまいました(もちろん、ヒットはしません)。

 20代になって役者になりたいと思い、劇団に入りました。稽古はちょっぴり辛かったけど、舞台に立つのが楽しくて夢中になりました。何年か後に、池袋のサンシャイン劇場のステージに立っていました。

 夢が叶っても、続かないのが僕の悪いところです。

 30歳を前に、小説を書こうと思い、原稿を新聞社へ送ったところ、掲載されてしまいました。
 これで図に乗って、タウン誌に勤めて、雑誌の編集を始めたのですが、どうしても自分の名前(記名)で文章が書きたくなって、会社を辞めてしまいました。これがフリーライターの始まりです。
 辞めて最初にやったことは、仕事を探すことより、自分の本を出版することでした。1年間かけて、本を作りました。それが『上毛カルテ』(上毛新聞社)です。

 それからはアジアを旅したいと思ったら旅に出て、離島の生活を書きたいと思ったら島に何年も通いました。
 それらは本になったり、展示会をしたり、と形になりました。
 この頃から、夢は叶えるのではなくて、叶うものなのだと思うようになりました。ただ、その「夢」は、本当に好きなことなのか? 本当にやりたいことなのか? この見極めは必要です。苦痛が伴った時点で、夢は夢と化してしまうからです。

 40歳を過ぎてからは、ひたすら温泉ばかり入っています。「50歳までには本にしたい」と漠然と思っていたのですが、ぎりぎり昨年、その夢も叶いました。

 今の夢は、もっと温泉の本を書くことです。
 この夢は、もうお約束されている夢ですが、まだ叶っていないので、夢は夢です。

 もしかしたら僕は、叶う夢しか見ていないのかもしれませんね。傷つくのが恐くて、あえて叶いそうもない夢は見ないようにしているのかもしれません。ま、いいじゃありませんか! 叶う夢が多いほど、人生は楽しいですぞ! 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 御用だ!! 「小暮」 (2018-01-15 13:45)
 フラッシュバック (2018-01-12 12:15)
 年賀御礼 ~見知らぬあなたへ~ (2018-01-08 18:58)
 人生に楽園があるとすれば (2018-01-06 12:04)
 天命元年 (2018-01-04 13:41)
 1+1が9になる日 (2018-01-02 13:37)

この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
Blog始められたんですね!
それから、娘さんご結婚されたんですか!?
時の経つのは早いもの、こちらも年取る訳ですわ・・・
お元気でご活躍何よりです。
こちらの「呂號」関連もいろいろ進んでいます。
七月から学◎の「歴◎群像」で「呂號」の連載が始まります。
また千葉県某市では「地下構造物」の発掘調査に関わっていたりと何かと忙しくしています。
今年こそは、飲みましょう!!
Posted by しばた at 2010年05月26日 17:38
しばた様

気づいてくれたんですね、ありがとうございます。
「ご無沙汰、ご無沙汰」と言いながら、十数年が経ってしまいました。

そーなんですよ。今夏には、僕はおじいちゃんになるようです。あまり実感はないんですけどね。人生はシナリオのないドラマですから、いつでも出たとこ勝負です。そのとき、考えることにしています。
ぜひ、ぜひ、また飲み語りましょう。
Posted by 小暮 at 2010年05月27日 01:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夢の軌跡
    コメント(2)