温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年05月26日

鹿沢温泉 「紅葉館」②

 連日の雨模様のなか、奇跡的に晴れた昨日。NHK文化センター温泉講座『探訪! ぐんまの源泉一軒宿』の2回目講座が、行われました。今回は、鹿沢温泉へ行ってきました。

 下界は30度を超えるという真夏日にもかかわらず、標高1770mの湯の丸高原は、上着を着てても涼しいほどでした。
 地蔵峠から百体観音をめぐりながら、鹿沢温泉へ。この道は「湯道」と呼ばれ、湯治場へ向かう旅人の安全祈願と道しるべを兼ねて、江戸時代末期に100体の観音像が安置されました。その湯治場こそが、「百番観音像」の立つ、鹿沢温泉です。

 4代目主人の小林康章さん、女将の百合子さん、三男の信貴さんが出迎えてくれました。小さなお宿なのに、無理を聞いてくださり、23人もの食事を用意してくださいました。
 昼食は、大阪で修行を終えてきた信貴さんの手打ちそば。天ぷらは、女将が朝摘んできた11種類もの山野草を揚げたもの。いただいた食堂は、大正7年の大火後に再建された、鹿鳴館風のおしゃれレトロな空間です。

 極めつけは、やはり、湧出から浴槽まで一切の動力を使わずに流し入れた源泉120%の完全かけ流しの温泉!
 これを「自然湧出」「自然流下」といいます。県内でも今は、数えるほどしかない貴重な温泉国宝級の湯と湯舟です。
 うっすらカーキ色に微濁した湯は、力強くてグイグイと押してきます。性別は男、それもかなりのマッチョで、格闘家です。

 食事の前に1ラウンド、引き分け。食後に2ラウンド目に挑戦するも、圧倒的な押しの強さにより、湯舟の外へはじき出されてしまいました。男性風呂は5人が挑戦するも、4人はKO負けをしてしまいました。ただ1人、40分頑張れた強者は、この講座の長老で、鹿沢温泉に20年ぶりに訪れたという温泉の達人でした(その人は講師より温泉に詳しい)。

 県内でも3本の指に入る極上の湯(僕はそう思います)に、受講生らは大満足の様子。
 「やっぱり、源泉一軒宿はいいですね」
 「次は、どこへ行くんですか?」
 「もう毎月、楽しくて楽しくて」
 と、この講座は大変人気があり、回を重ねるごとに、みなさん、どんどん温泉通になっていきます。
 講師冥利につく、楽しい一日でした。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鹿沢温泉 「紅葉館」②
    コメント(0)