温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月10日

野栗沢温泉 「すりばち荘」

 一昨日訪ねた宝川温泉は、その昔「白鷹の湯」と呼ばれていました。
 これは温泉の発見伝説により付いた名前です。

 日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国征伐の折り、一羽の白い鷹(たか)に導かれて湯を発見し、傷を癒やしたという伝説に基づいています。
 実は、このように動物発見伝説が残る温泉は、全国にたくさんあります。県内でも、鹿沢温泉の“鹿”、霧積温泉の“犬”、猿ヶ京温泉の“猿”、鳩ノ湯温泉の“鳩”などなど、摩訶不思議な話から面白民話まであり、それだけで1冊本が書けそうです。

 でも、そのほとんどは伝説で、史実に基づいてはいません。

 ところが、県内に1つだけ、伝説でも民話でもなく、昭和の時代に動物が発見して、人間に湯の恵みを与えてくれた温泉があります。それも、外国の動物です!

 群馬県最南端の温泉、野栗沢温泉(上野村)を見つけたのは、「アオバト」という南国の鳥でした。
 アオバトは東南アジアのごく限られた地域に分布する渡り鳥です。上野村には、昔から毎年5月~10月の半年間、やって来るといいます。
 では、何でこんな山奥にやって来るのでしょうか?

 実はこの鳥、海水を飲むことで知られている鳥で、上野村に湧く、海水に似た塩分の多い源泉を飲みにやって来るのです。
 その数、約3000羽!
 僕は以前、『すりばち荘』に泊まり、ご主人の黒沢武久さんに早朝5時に叩き起こされ、源泉の湧く岩場までアオバトを見に行ったことがあります。
 とにかく圧巻のひと言でした。泉のまわりが一面、鮮やかな黄緑色に染まるのです。それもハトですから、デカイんです。

 「野栗沢の人は、昔からこの鳥を捕まえて食べていた」と黒沢さんは言います。
 肉は滋養強壮にてきめん効果があり、産後の肥立ちの悪い婦人に食べさせたといいます。
 また、泉は“魔法の水”で、これを飲んで畑仕事をすると、不思議と疲れを知らないそうです。

 
 『すりばち荘』では飛来期中、パック料金にて宿泊客をアオバト観察に連れて行ってくれます。
 興味のある方は、ぜひ一度体験してみてください。
 絶対、感動します!(神秘的で、鳥肌が立ちますよ)
 


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
野栗沢温泉 「すりばち荘」
    コメント(0)