温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月11日

ぐんまの宝物

 「小暮さんにとって、温泉って何ですか?」
 あまりにも漠然としていますが、よく訊かれる質問です。
 でも、僕は質問の答えとしてではなく、常日頃思っていることとして、
 「温泉は群馬の宝です」
 と言い続けています。

 最近、『群馬の逆襲』(木部克彦/彩流社)という本が、群馬県内で売れているようですね。
 僕も読みましたが、温泉にはあまり触れていません。伊香保、草津、水上……、やっぱり旅行雑誌程度の評価です。
 群馬県民が、その程度の知識と認識しかないのが、実は群馬の温泉の実情です。
 だもの、県外の人に、温泉への熱意も情熱も伝わりませんよね。

 「地域ブランド力」ランキングで、群馬県が47都道府県中の最下位! むべなるかな、です。
 群馬には日本一の“温泉”があるのに……、と残念でなりません。

 県の観光関係の人と話しても (けっこう僕はムキになって、ツバを飛ばしながら熱く温泉を語ります) 、「群馬は温泉だけじゃありませんからね。もっともっと、自慢できるものがたくさんありますよ」と、言葉が返って来る始末。
 “だったら!なんで最下位なんだよ~!”と、突っ込みたくなりますよ、本当に。

 実は、僕が温泉に興味を持ったのも、まずは群馬県民に群馬の温泉の素晴らしさを知ってもらいたかったからです。
 県民が誇りに思えるものは、必ずや県外へ伝わります。

 牡蠣といえば広島、蜜柑といえば愛媛、サクランボは山形、焼酎は鹿児島、アンコウは茨城……。

 では、温泉といえば……

 近い将来、必ずや“群馬”と答えさせたい!
 県外の年寄りに、「ああ、死ぬまでにもう一度、群馬の温泉に入りたいね」と言わせたい!

 自称、群馬温泉大使。
 これからも、群馬の温泉の素晴らしさを、どんどんPRして行きますぞ!

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
はじめまして。

群馬県なら車でちょっと行けば、銭湯の湯銭並みの料金で温泉を楽しめます。
東京なら2千円から3千円は取られます。
色々な温泉を手軽に楽しめる群馬の温泉にバンザイですね。
Posted by 元気が一番! at 2010年07月11日 15:56
元気が一番!さんへ


“色々な温泉を手軽に楽しめる群馬の温泉にバンザイ”
まさに、その通りです。
群馬には温泉の泉質が、ほとんどが揃っているんですよ(放射能泉だけは、ありませんが)。こんなにもバラエティーに富んだ温泉がある県は、全国でも珍しいんです。

もう少し足をのばして、山の温泉へ行ってみてください。
無料で入れる温泉が、群馬にはまだまだたくさんありますよ!
Posted by 小暮 at 2010年07月12日 00:43
小暮淳様、初めまして。
みしゅらんという温泉サイトの掲示板の常連で
利根川温泉掲示板を運営しているONKEN21と申します。
「源泉の一軒宿」は読みましたよ。
ルンズ・ファームの温泉について検索してたら、貴ブログを発見し、
私の掲示板でも紹介させていただきました。
私は群馬のすぐお隣、利根川ほとりの埼玉側に生まれ今も住む、古くからの群馬の温泉好きです。
私の温泉好きの原点は20数年前に入った「伊香保露天風呂」です。
当時は混浴で、公営日帰りの老舗の小野上温泉センターもない時代のことです。
以来、群馬のすぐ隣に住む温泉好きとして、
身近な群馬の温泉を愛し、そこを出発点に全国の温泉に出かけ
そして近年は私の住む埼玉でも常に身近で原点の群馬の温泉を参考に
いかにいい温泉を郷土に普及させるか、ネット上で活動していました。
現に埼玉でも行田・羽生・久喜あたりとか、さいたま市にも
群馬南部あたりなら十分通用しそうないい温泉が登場しています。
さすがに群馬北部のような温泉は埼玉では地質や環境的に無理ですけどね。
でも、昨年北毛に新しくできたSの湯は私の掲示板を逆に参考にされていたようです。
群馬は週末の仕事帰りでも土日半日日帰りでも行けてしまう身近な温泉が多いです。
群馬の温泉をこよなく愛する隣人として、小暮様の活動に高く共鳴します。
今後とも同じ利根川流域に住む温泉好き同士よろしくお願いします。
Posted by ONKEN21 at 2010年08月03日 22:20
ONKEN21 さんへ


コメントありがとうございます。
僕も「みしゅらん」は、時々拝見しています。

また、拙著を読んでいただいたとのこと。大変嬉しく思います。重ねて、ありがとうございます。
『ぐんまの源泉一軒宿』は、“一源泉一軒宿”の温泉地のみの取材・掲載でした。来月出版予定(9月17日)の『群馬の小さな温泉(仮)』は、2軒~5、6軒の宿のある、小さな温泉地ばかり集めて1冊の本にまとめましたので、ぜひ、ご期待ください。
たぶん、これも群馬の温泉好きには、バイブルの1冊となることでしょう。

暑い日が続きますが、熱中症にはお気をつけて、この夏は涼しい群馬の“ぬる湯”めぐりでも楽しんでください。

これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 at 2010年08月04日 17:07
そうさ、群馬の宝は温泉だ~~~(^o^)丿

冬の温泉は格別だよね。。。

そう、DISCO復活、先日マハラジャの招待受けてきたが、ナント、TV番組のインタビューに2局(NHK・日テレ)と採用されちゃいました!!!

オヤジ・オバン世代が元気出していこう~~~(^_-)-☆
Posted by クラウン“wakuwaku”です♪ at 2010年11月04日 07:00
クラウンさんへ

いつもありがとうございます。
ますます、温泉が恋しい季節になりました。

ここだけの話、来年も温泉本の出版が決まりました。
ということは、来年も温泉三昧の年になりそうです。
それでも、温泉は飽きることありませんねぇ。
たぶん日本人のDNAの中に温泉好き遺伝子が、
組み込まれているんでしょうな。

群馬の温泉を、もっともっとPRして行きましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2010年11月04日 10:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ぐんまの宝物
    コメント(6)