温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月12日

第2回 里山本出版会議

 今日は上毛新聞社にて、10月に出版が予定されている里山本の2度目の会議がありました。
 いよいよ、第1話の原稿および写真がデータ入稿されました。

 今回は、連載元の「ちいきしんぶん」(ライフケア群栄)の担当者、吉田勝紀さんが同席しました。
 彼は、2年半前の連載スタート時からの担当で、『里山をゆく』と『ぶらり水紀行』のすべてに同行して、写真を撮ってくれている人です。本の出版に当たっては、原稿と写真のデータ整理および入稿まで、すべておまかせしています。

 来週、2人で最終話の取材へ出かけてきます。
 8月掲載の『ぶらり水紀行』第12話までが、本に収録されることになりました。
 収録は全26話となります。

 9月の温泉本に続いて、立て続けの出版となるので、この夏はなんだか大変なことになりそうな気配です。
 それでなくても、忙しい毎日が嫌いで、この人生を選んだような男ですから、まさかの展開にかなり戸惑っています。

 ちなみに里山の定義は、「1000m未満の低山であること」「人里と隣接していること」「登山口まで公共交通機関があること」としました。
 さらに道中に、「温泉があること」。そして一番重要なポイントが、「酒が呑めること」です。
 これらすべての条件を満たした山歩(さんぽ)コースを、エッセイにて紹介します。

 山歩き&温泉めぐり&ほろ酔い旅、とずいぶん欲張った一冊ですが、さて、売れますかね?

 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)
 今日の日経新聞② (2018-09-08 11:22)
 『民話と伝説の舞台』 好評発売中! (2018-09-05 12:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第2回 里山本出版会議
    コメント(0)