温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月14日

本日、表紙撮影

 上毛新聞社から温泉本第2弾の出版話をいただいたのが、昨年の暮れ。あれから7ヶ月……

 今年の1月から、こつこつと取材を進めて、現在35温泉が終了。残すは、あと1つ。
 いよいよファイナルステージです。

 そして今日は、待ちに待った表紙写真の撮影日です。
 ここまで来ると、山頂が見えてきて「長かったけど、よくここまで登ってきたなぁ」と、ちょっとホッとしています。
 でも、表紙は本の顔ですからね。撮影は一番緊張する作業でもあります。だから毎回、練りに練って話し合い、最良の撮影場所を探します。

 今回は、S温泉M旅館の温泉遺産ともいえる湯小屋で撮影することになりました。
 これから午後、アートディレクターのK氏と現場に向かいます。

 今日は旅館側の全面協力のもと、全館貸切にしてもらいました。よって、今晩は撮影クルーのみで泊り込みです。
 部屋と寝具だけ貸してもらい、食事と酒を持ち込んでの持久戦!
 納得のいく写真が撮れるまで、カメラマンを缶詰めにします。タイムリミットは明日の9時!
 夕方の光、夜の闇、朝の湯けむり、を徹底的に撮影します。

 で、今回、あまたといるカメラマンの中から、名誉ある表紙とグラビアの撮影を仰せつかったカメラマンとは?
 はい、僕が絶大な信頼を寄せる、天才的感性を持ち合わせた新進気鋭の若手カメラマン、竹沢佳紀くんでーす!

 竹沢佳紀、たけざわよしき、TAKEZAWA……

 あっ、わかっちゃいましたか? そうです、あのフルチンカメラマン改め、海パンカメラマンのT君です!

 と、いうことで、僕がディレクターにお願いして、彼に白羽の矢を当ててもらったのです。
 彼なら、絶対にイイ写真を撮ってくれるはずですから。

 さーて、そろそろ戦場へ向かいますか~!
 頼んだぞ、たけざわーー! 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 山頂に立つ (2018-06-14 11:00)
 ディレクター魂 (2018-06-07 15:38)
 どこかで 誰かが⑨ ディレクター (2018-05-29 11:18)
 不自由なれど (2018-05-21 13:34)
 読者の目 (2018-04-27 12:09)
 どこかで 誰かが⑦ 写真 (2018-01-31 12:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本日、表紙撮影
    コメント(0)