温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月15日

君よ、情熱の河を渡れ!

 竹沢! でかしたぞっ!

 海パンカメラマンこと、竹沢佳紀くん、やってくれました。会心のシャッターが炸裂しました。

 昨日は午後3時に、撮影場所の温泉旅館にディレクターのK氏とともに到着。 ほどなくして新進気鋭の若手 (といっても30代後半ですが) 竹沢くんも、機材を抱えてやって来ました。
 全館貸切ですから、他のお客はいません。
 「自由に使ってください」
 とご主人に言われて、竹ちゃん(僕は彼をそう呼びます)は、早くもやる気満々です。

 3時半よりミーティング開始。
 K氏より事細かに、竹ちゃんに撮影ポイントの指示がされました。
 彼へのノルマは、規定アングルを3カット必達、およびフリーアングル数点。それと、僕のプロフィール用写真の撮影です。

 ミーティング終了後、竹ちゃんは休む間もなく、脱兎のごとく部屋を飛び出して、ロケハンに行きました。
 K氏はというと、缶ビールを片手に露天風呂へ。僕も後から追いかけました。

 「いいですね~。仕事だけど仕事じゃないって」と、露天のヒノキ風呂で、シトシトそぼ降る雨を見ながらビールを飲むK氏。
 「そーですね~。仕事だけど仕事じゃないって、いいですよね」と僕。

 本の表紙撮影ですから、これは立派な仕事なのですが、もうディレクションをしてしまったK氏にとっては、もうやることがありません。風呂に入るか、酒を飲むか。
 僕にいたっては、著者なので、それ以上にやることがありません。あとは夜遅く、浴衣姿にタオルを下げて、湯屋へ向かう旅人を演じればいいだけです。
 今回、実労働があるのは、一番若手の竹ちゃんだけなのです。オヤジ2人は、ただの酒飲みです。

 夕飯は、近くのそば屋から店屋物をとって食べて、すぐに竹ちゃんは現場にもどりました。
 K氏は部屋でひたすら飲み続け、僕はビールを持って竹ちゃんのいる現場へ陣中見舞いに。 

 三脚を立てて、黙々とシャッターチャンスを狙っている竹ちゃん。
 「まかせてください。オレ、絶対にやりますから」
 今回、大役の白羽の矢が当たったとき、彼はそう胸を張っていいました。それでも、現場を見たとき、
 「呑まれますねぇ、凄い湯小屋です」と、正直に緊張していることを僕に告げました。

 S温泉のM旅館の湯屋は、まさに温泉遺産の名にふさわしい歴史的建造物です。
 圧倒される気持ちは分かります。でも、ガンバレ! 竹ちゃん!

 部屋にもどると、宿のご主人も加わって、酒盛りが始まりました。
 宿の創業は元禄時代、16代目になるご主人の老舗旅館ならではの苦労話を聞くことができ、とても楽しい時間を持つことができました。ご主人、このたびは本の出版に対して、多大なるご協力、およびご理解をいただき、誠にありがとうございます。

 しばらくして、「やりました! やりました!」とご機嫌な声で、カメラと機材を抱えて竹ちゃんが登場!
 会心のショットが撮れたようです。
 さっそくモニターにつないで、膨大な写真の量を端からクリックして、K氏とご主人に見せ出しました。

 「いいね、……いいよ。これで行こう!」
 K氏もご満悦のようす。ご主人も、
 「若い人は感性が違いますね。こういう写真を撮るカメラマンは珍しいですよ」
 と、これまたお墨付きをいただきました。
 やったね、竹ちゃん!

 本の完成と、ベストセラーを願って、4人で乾杯をしました。

 夕べは、布団に入ってからも夜が更けるまで、熱い熱い竹ちゃんと、熱い熱い作品作りについて語り合っていました。

 早朝5時、竹ちゃんは、そーっと布団を抜け出して、また写真を撮りに行きました。  

 いいぞ! 竹ちゃん。
 そのまま迷わずに、情熱の河を渡って行けよ!

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 山頂に立つ (2018-06-14 11:00)
 ディレクター魂 (2018-06-07 15:38)
 どこかで 誰かが⑨ ディレクター (2018-05-29 11:18)
 不自由なれど (2018-05-21 13:34)
 読者の目 (2018-04-27 12:09)
 どこかで 誰かが⑦ 写真 (2018-01-31 12:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
君よ、情熱の河を渡れ!
    コメント(0)