温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月16日

湯の平温泉 「松泉閣」

 「表紙の写真は、どこですか?」と訊かれることが、多々あります。
 昨年出版した拙著『ぐんまの源泉一軒宿』の表紙のことです。

 ふつう、どこの写真なのか、どこで撮影したのかは、カバーの折り返しに書かれているのですが、あえてはずしました。
 理由は、50軒の宿を不公平なく平等に掲載するためです。
 じいちゃん、ばあちゃんでやっている小さな民宿から、大企業が経営する豪華な旅館まで、一律に“一軒宿”というくくりで取材・掲載したかったからです。特定の宿だけ、写真点数を多くしたり、大きく特別扱いしたくないからです。

 で、写真の温泉はどこか? 分かった人はいますか?
 もし分かった人は、かなりの温泉通ですね。ヒントは本文をめくった、グラビアの露天風呂写真にあります。これにはかなり特徴が出ています。

 正解は、湯の平温泉(旧六合村)の『松泉閣(しょうせんかく)』です。
 表紙の写真は、薄暮の露天風呂。それも脱衣小屋です。
 写真を撮ったのは上毛新聞社のカメラマン、綱島徹氏です。彼は僕の中学・高校の同級生。モノクロ写真を得意とするカメラマンです。さすが見事に、カラー写真でも明暗の美しさを表現してくれました。

 湯の平温泉は、群馬県内で唯一、クルマで宿までたどり着けない温泉です。
 国道から白砂川へ下りて、宿の対岸にクルマを停めます。到着をインターフォンで告げ、荷物は「架空索道(かくうさくどう)」というゴンドラに乗せて、ひと足先に運んでもらいます。
 そこからは時間にして10分ほどですが、下り坂を歩き、吊り橋を渡り、もう一度急なつづら折りの坂道を登ります。よって、高齢者や体の不自由な方は、訪問を遠慮していただいているという、まさに秘湯の中の秘湯。

 夏場は、息切れがして途中、何度も休むようです。また冬場は、雪に足を取られながらの訪問となります。
 でも、苦労の先には、コバルトブルー色した川面を臨む絶景の露天風呂が待っていますよ!
 ま、その露天風呂へも、原生林の中を5分くらい歩きますが……ね。

 “温泉好き”を自称する方は、ぜひ一度は体験しておいて欲しい宿です。
 群馬には、「こんなにも不便なところに温泉があるんだ」と、改めて、群馬の底力を知ることでしょう。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯の平温泉 「松泉閣」
    コメント(0)