温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月18日

連休はゲラカン

 いよいよ、9月に出版される温泉本のゲラ刷りが上がって来ました。
 「ゲラ刷り」とは、原稿や写真が組まれて、印刷前に校正用に試し刷りされたプリントのことです。

 まだ未取材、未入稿の原稿がありますが、とりあえず124ページ中、本文前半の22ページが送られてきました。
 この連休は、ゲラ校正のカンヅメ (ゲラカン) であります。

 校正は、もちろん著者一人がやるものではありません。
 取材先へも送られますし、編集者もがっちり見ます。ただ、原稿は著者に権利があるので、最終的な判断は著者が行います。

 出版元が新聞社ですから、編集者からは、なかなか厳しいチェックが入るんですね。
 使用できる漢字、送り仮名、表記の仕方などなど……。

 例えば、「循環濾過」→「循環ろ過」、「運動麻痺」→「運動まひ」となります。
 「癒し」の送り仮名は「癒やし」だったり、また動植物の表記は基本的にはカタカナとなります。
 でも植物の名前は、サクラと書くより「さくら」や「桜」の方が風情や情緒がありますよね。だから僕は、できるだけ押し通すようにしていますけど。

 例えば「ゆぶね」です。
 僕の文章には頻繁に出てくる言葉です。一般的には「湯船」と表記しますが、僕は断固として「湯舟」で通しています。
 何度も赤チェックを入れられますが、その都度“このまま(で良し)”と青チェックで返します。
 どう考えても、小さなお宿の風呂は、「湯舟」なのですよ。

 でも、ゲラ校正は本作りの作業の中でも、とても楽しい時間です。
 しいて言うならば、遠足の前夜のよう。リュックサックの中の持ち物チェックをしているときみたいで、ワクワクしながら校正を続けています。
 “明日になれば、待ちに待った楽しい遠足だ!” まさに、そんな気分なのです。
 “この作業が終われば、待ちに待った本の出版”なのです。

 連休は、またしてもカンヅメですが、僕にとってはこれも楽しい連休の過ごし方です。
 大好きな “ゲラカン” ですから!


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 急げ! 中高年 (2018-08-31 12:33)
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)
 あわてん坊な読者 (2018-07-10 11:43)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
連休はゲラカン
    コメント(0)