温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月19日

一番いい温泉

 こんな仕事をしていると、まわりの人たちは、僕のことを温泉のスペシャリストか何かと勘違いして、ガイドブック代わりに使われることがあります。
 先日も知人から電話があり、「どこか、いい温泉はありませんか?」と訊かれました。
 また、講演やセミナーで必ず出る質問が、「一番いい温泉はどこですか?」というもの。

 こんな、難しい質問はありません。
 それは「一番おいしいラーメン屋を教えてくだい」と訊かれたようなものです。

 ラーメンも、いろいろあります。
 しょう油なのか、味噌なのか、塩なのか、とんこつなのか……
 細麺なのか、太麺なのか、ちじれ麺なのか……
 あっさり味なのか、こってり味なのか……
 つけ麺? 激辛? ダシは?

 温泉も、まったく同じです。
 肌にやさしいアルカリ性がいいのか、殺菌力の強い酸性がいいのか?
 無色透明のさらりとした湯がいいのか、個性的なにごり湯がいいのか?
 温度は? 露天風呂なの? 内風呂なの? かけ流しにこだわるの?

 僕が知っている限りのことは、教えてあげます。でも、“一番いい温泉”だけでは、あまりにも漠然とし過ぎていて、答えに窮してしまいます。
 まず、大切なのは“目的”です。
 温泉に何をしに行くのか? 誰と行くのか?

 次に、期待するポイントです。
 宿のサービス? ロケーション? 料理? それとも、お湯?(本当は、これを一番にしてください)

 病気やケガを治す湯治目的なら、ずばり、症状に合わせた効能を持つ温泉を紹介します。
 ストレス解消が目的なら、転地効果に優れた秘境の宿を教えます。

 料理やサービス、設備を一番と考える人は、僕ではなく旅行雑誌やネットで調べたほうが、いいですね。


 たかが温泉、されど温泉です。
 あなたは、温泉に何を求めますか?

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一番いい温泉
    コメント(0)