温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月20日

マナビーズ同窓会

 今夜は、「マナビーズ」の同窓会です。
 マナビーズとは、10年以上も前に、僕が組んでいたバンドの名前です。これが、かなり異色のバンドだったのです。

 13年前、平成9年のこと。
 当時、「学ing」(まなびんぐ)という教育雑誌の編集にかかわっていました。中学3年生を対象にした受験攻略誌です。
 もちろん僕はライターとしての参加ですが、ディレクターをはじめ、イラストレーターやデザイナーさんたちが、すべてバンド経験者だったものだから、「だったら子供たちのために(うそ、自分たちがやりたくて)、バンド作って歌っちゃわない!」ということで、結成したバンドが、マナビーズです。

 四万温泉で合宿をしたり、県内の野外ライブに出演したり、雑誌のキャラクターでもある「マナチュー」君のTシャツを作ってメンバーのユニホームとして着たりして、遊んでいたのです。もちろん、このTシャツは、雑誌の読者に抽選でプレゼントしました。

 今夜、そのときのメンバー (編集スタッフ ) 5人全員が、10年ぶりに再会します。
 今となれば、そうそうたるスタッフだったのですよ、これが!

 紅一点のボーカルは、現在、クレイアーティストとして活躍しているイラストレターの飯塚裕子さんです。
 そして、なななんとドラム担当は、木彫家で版画家で、絵本作家でもある野村たかあきさんなんですよ。
 他のメンバーも、みんな現在フリーで活躍している面々です。

 ちなみに僕は、ギターとボーカルを担当していました。

 「またバンドやっちゃう?」
 なーんて話で、今夜は盛り上がるんですかね。
 もう、今からワクワクしています。

 外は今日も猛暑です。さぞかし生ビールがうまいんでしょうね。
   

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マナビーズ同窓会
    コメント(0)