温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月29日

駅前旅館でGO!GO!


 昨晩は、高崎駅前の老舗旅館「豊田屋」で、メディア懇親会が開かれました。
 5月に続いて、僕にも声がかかり、2度目の出席となりました。

 豊田屋は7年ほど前、高崎市の依頼で取材に入ったことがあります。
 創業は明治12年。戦前・戦中は軍用旅舎として、戦後は群馬交響楽団を描いた映画『ここに泉あり』の撮影現場および出演者の宿舎として使われた歴史などを調べ、一冊の雑誌にまとめました。
 4代目主人の園原豊さんに会うのも、久しぶり。とっても元気そうでした。

 さてさて、今回のメディア懇親会は、前回に増して、にぎやか、かつ豪華な顔ぶれでした。
 県内のラジオ、テレビ、新聞、雑誌にかかわるメディアマンに加え、県の観光関係の方など、総勢12名が集いました。

 その中に、以前このブログでも紹介した『群馬の逆襲』(彩流社)の著者・木部克彦さんがいらっしゃいました。
 「本、読みましたよ」とこちらが声をかけようとする前に、彼の方から「いつも読んでます」と先に言われてしまい、出鼻をくじかれてしまいました。互いの文章のことを語るのって、なんだか照れくさくてヘンな感じがしますね。

 文筆業同士、次回作のことや、群馬の魅力についてなど、短い時間でしたがお話ができて、とても有意義なひとときでした。
 でも不思議なものですね。彼の本を読んで、“一度お会いしてみたい”と思っていたら、こうして会えるんですから……。
 木部さんは、僕とまったくの同世代。10月には新刊本が出版されるとのこと。大変忙しい毎日を送っているようです。
 お互い、もう若くないのですから、体には気をつけながら、ジャンジャンいい本を書きましょうね。

 宴もたけなわとなり、エフエム群馬のNさんがギターを取り出し、僕が呼ばれて、結局最後は『GO!GO!温泉パラダイス』の大合唱となってしまいました。
 上毛新聞社のKさんが、この様子を動画で撮影。ユーチューブにアップするとのことでした。

 次回は、パリッシュ出版のUさんが幹事となり、9月に開催されることになりました。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 秘密のH (2018-12-06 11:30)
 三人会 (2018-11-30 19:18)
 ちょっと、ひと休み (2018-10-19 11:27)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
駅前旅館でGO!GO!
    コメント(0)