温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年07月31日

パワースポット

 ちょっとお聞きしたいことがあり、奥嬬恋温泉の「干川旅館」に電話を入れました。
 運良く、3代目主人の干川英男さんが出られて、用件を話したあと、雑談となりました。

 「小暮さん、雑誌の反響がすごいですよ!」と、ご主人。
 干川旅館は、7月号の「月刊Deli-J」で、僕が記事を書いた旅館です。

 連載の『源泉巡礼記』は、4年目に入っている人気シリーズです。すでに“追っかけ”がいて、毎月、掲載された温泉を雑誌片手に、訪ね歩いている読者が大勢いると聞いています。
 さすが、県内最大の発行部数(35万部)の雑誌だけあります。

 奥嬬恋温泉の場合は、どうも温泉目的だけではないようです。
 僕が本文の中で、「干俣の諏訪神社は、願えを叶え、奇跡を起こすパワースポット」と書いたことも、人を呼んだようです。
 でも、これは、僕も女将も体験した事実なのですから、「やらせ」でも「しかけ」でもありませんよ。

 そもそも、湯治場と呼ばれる歴史の古い温泉地は、すべてパワースポットなのです。
 だから農閑期になると、コタツを担いで、米と味噌をもって、何週間も泊り込んで、英気を養ったのです。決して、病気になってから出かけたのではありません。病気にならないように、元気に暮らせるように、季節の変わり目に行った儀式のようなものです。
 湯治は、中国漢方の“未病”に近いかもしれませんね。

 古い温泉(自噴している)には、発見伝説が残っています。
 日本武尊、弘法大師、源頼朝などは、発見者の“御三家”です。
 そして、必ず薬師様や薬師堂が祀られているのです。

 僕は、霊験あらたかな温泉は、すべてパワースポットだと考えています。
 いつか、そんな奇跡を起こした“湯”ばかりを集めた本を出版できたら、面白いですね。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
パワースポット
    コメント(0)