温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年08月12日

竹ちゃんマンの逆襲

 海パンカメラマンことT君あらため、本名:竹沢佳紀こと、通称 “竹ちゃん”。
 僕が絶大なる信頼を寄せる、新進気鋭の若手カメラマンであります。

 その竹ちゃんが、やってくれました!
 野球で言えば、9回裏に飛び出した満塁逆転さよならホームランをかっ飛ばしてくれたんです。

 以前、当ブログでも紹介しましたが、来月17日に出版される拙著 『群馬の小さな温泉』(上毛新聞社)の表紙写真は、Y温泉の薄暮の町並みに決定していました。でも、これはディレクターがサンプルで撮影してきた写真の中から選んだものです。よって、すべてのデザインは出来上がっていますが、写真は仮データであり、ダミーの状態だったのです。

 本データの入稿リミットは、お盆前!
 竹ちゃんは、それまでにディレクターのサンプルどおりの写真を、確実に写さなくてはなりません。
 でも、竹ちゃんなら、絶対にやってくれる。そう信じて、撮影日を待ちました。

 ところが、竹ちゃんだって売れっ子カメラマンですから、なかなか時間が作れません。
 しかも指定は、灯ともし頃の夕暮れ時から日没までと制限されています。さらに鬼のディレクター氏からは、空に青空が残り、灯りがともるという微妙なシャッタータイムを指示されています。

 一昨日、取材の帰りにY温泉に竹ちゃんを連れて行き、ロケハンをして来ました。
 ディレクターが指示した場所を探し、ためしに三脚を立ててセッティングをしてみます。竹ちゃんは、丁寧に三脚の位置まで撮影して、入念にチェックを重ねて本番に備えました。

 「でも、俺、雨男なんですよ…」と不安げに、ぼそりと竹ちゃん。

 天気予報は “曇りのち雨”。ロケをした昼間は、天気予報がはずれて晴れていました。
 でも、もう時間がありません。この日の夜しか、竹ちゃんのスケジュールは空いていないのですから。


 そして、その夜 -------

竹ちゃんはふたたび、Y温泉へ向かいました。アシスタントに奥さんを連れて。
 しかし、竹ちゃんからディレクターに悲痛な電話が入りました。

 「雨です! それも、どしゃ降りです」

 彼の緊張は、ピークに達していたことでしょう。もう、後がないのです。
 でも、さすが名ディレクターのK氏です。気転を利かして、竹ちゃんにこう言いました。

 「キミの好きに撮って、いいよ」

 ピンチがチャンスに転じた瞬間でした。竹ちゃんの本領発揮です。
 感性のおもむくままにシャツターを切ったといいます。


 昨日、上毛新聞社の出版部にて、上がってきた写真を見ました。

 ジーンと目頭が熱くなって行くのがわかりました。
 雨が降ったおかげで、石畳が濡れて、街灯の明かりを映してきらめいているではありませんか。
 ほの明るい旅館の窓際には、浴衣を着た客人の姿が旅情たっぷりに写り込んでいます。

 竹ちゃん、やったね! 最高傑作だぜ!
 雨男の勝利だね。


 ぜひ、みなさん。書店で彼の会心のショットを見てあげてください。
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)
 今日の日経新聞② (2018-09-08 11:22)
 『民話と伝説の舞台』 好評発売中! (2018-09-05 12:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
竹ちゃんマンの逆襲
    コメント(0)