温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年08月15日

謎学の旅③ 「おばけ坂の白い家」

 お盆中なので、怪談話を1つ。

 「おばけ坂」って、知ってますか?
 ひと昔、いや、ふた昔前くらいに、テレビや雑誌などで全国的に有名になった「逆さ坂」のことです。
 上り坂に見えるけれど、実は下り坂。または、その逆。ほとんどの場合、目の錯覚による地形のいたずらだったりするのですが、僕は以前、恐ろしい体験をしました。

 僕が編集人を務める雑誌に、一通の読者ハガキが届きました。
 「富士見村(現・前橋市)の“おばけ坂”を調べてほしい」とのこと。

 でも少数精鋭の小さな編集室です。日々の仕事に追われてヒマなスタッフなんて、いません。
 「こんなハガキ、来てるけど? 誰か調査してみる?」と僕。
 すると、編集室最古参のお局様がすかさず、
 「一番ヒマなのは編集長です。興味があるなら、編集長が行って来てください!」と、ピシャリ。

 ということで、仕方なく、僕が出かけたわけです。

 通称・赤城県道から農免道路を西へ入り、大きな牛舎が見えたら右へ曲がる……。
 すると急に勾配のきつい上り坂が始まった。と思うと、今度は下り坂だ。
 途端、異変が起きた!

 前方は下り坂なのに、背中に強烈な重力を感じる。まるで後ろから、誰かに引っ張られているよう。
 ためしに、クルマを一旦停めて、ギアをニュートラルに入れてみた。
 すると、あらららら、クルマはバックして行くではありませんか!

 今度は、クルマから降りて、持参したゴムボールを道に置いてみた。
 やはり、コロコロと加速をつけて、坂道を上って行きます。

 と、その時です。
 急に、乗り物酔いに似た吐き気が、襲ってきました。
 「これは、やばい! 帰ろう」
 とクルマに乗り込もうとして、背筋がゾクッとしました。
 クルマを停めた行き止まりの道の先に、白い家があるのです。 真新しい、しょう洒な家です。

 なのに!

 窓ガラスという窓ガラスが、すべて割られていたのです。
 人の気配もありません。
 不思議に思い、近づいて家を覗き込もうとした瞬間、激しい頭痛が僕を襲いました。そして、同時に急な悪寒です。
 あわてて、クルマに乗り込んだことは、言うまでもありません。


 その晩、僕は高熱を出して寝込みました。

 後日、この出来事を雑誌に書いたところ、たくさんの読者からハガキや電話をいただきました。
 「場所を詳しく教えて欲しい」という内容がほとんどですが、なかにはこんなメッセージもありました。

 “あの白い家に近づいてはなりません”


 謎学の旅はつづく。


同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)
 編集長は、どこへ行った? (2016-06-27 22:36)
 怪談めっけ (2016-06-02 20:27)
 坂東太郎って誰よ? (2016-04-30 22:33)
 死んだ博士の呪い (2016-02-06 20:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
謎学の旅③ 「おばけ坂の白い家」
    コメント(0)