温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年08月20日

ゆるキャラの夏


 今年の猛暑は、凄まじいですね。
 僕も何度か、記憶が飛んでしまう瞬間がありました(ただのボケかも…)。
 でも、猛暑の中、動き回っているのは人間だけなんですってね。動物は、防衛本能で動かなくなります。確かに、動物園の動物も、我が家の愛犬マロ君も、涼しいところを探して、一日中、じっーとしていますもの。

 猛暑の受難は、こんなところにも!

 全国の“ゆるキャラ”たちは、この猛暑の中でも、イベントに引っ張りだこです。
 よい子の皆さんには申し訳ありませんが、あの着ぐるみの中には、アルバイトの学生さんとか、フリーターとか、人間が入っているんですよ(知ってるって!)
 でも、仕事は過酷です。炎天下の道路工事より、さらに重労働です。

 ちょっぴり詳しいことを言うと、ヒーロー・戦隊モノのスーツで外気より+5℃、動物・怪獣モノになると着ぐるみの中は+10℃以上になるんですよ。知ってましたか?
 気温35℃では、45℃以上になっているわけですから、こりゃ~、たまりません。だんだん、気が遠くなっていきます。

 えっ? なんで、そんなに詳しいのかって?
 はい、実は僕、今から30年以上も前ですが、子ども相手の着ぐるみ劇団に籍を置いていたことがあるんです。
 どちらかというと、円谷系のヒーロー&怪獣ショーがメインだったのですが、時には市町村や商店街にも呼ばれて、クマやパンダの着ぐるみを着て、風船を配ったこともあります。

 大きなイベントだと、「ピンポンパン」 のおねえさん(酒井さんでした) や子門真人さんなんかと、ステージを一緒にやったことがあります。子門さんは、とても気さくな人で、楽屋も一緒で和気あいあいと過ごしました。当時、流行っていた 「ホネホネロック」 のバックで踊りましたっけ。

 怪獣ショーは、マイクロバスに乗って、日本全国ドサ回りです。
 デパートの屋上やスーパーマーケットのオープンイベント、商店街のお祭りなどなど。たいがい午前1ステージ、午後1ステージですが、時には午後2ステージなんていうハードな日もありました。

 どうして、そんなツライ思いをしてでも続けていたのかと言うと、アルバイト代が良かったからです。
 朝、昼、夜の3食が支給されて、当時、1日5,000円もらえたのです。
 貧乏学生やフリーターには、破格のアルバイトだったのです。

 ウルトラマンやウルトラセブン、ウルトラマンタロウ、仮面ライダーといったヒーローモノは、バック転ができないと入れないので、ほとんど体育大の学生でした。僕みたいに身長がない人は、怪獣や動物、それと仮面ライダーのショッカー(これが全身タイツ姿で、とても恥ずかしかったー)。

 あと、火薬班もいました。
 ウルトラマンがスペシューム光線を放ったあと、スイッチを押して、花火を爆破させる係りです。

 実は、僕がいた劇団で、学生1人が焼死するという事故が起きてしまいました。
 「ウー」 という怪獣をご存知ですか? 雪山に現れる全身毛むくじゃらの雪男怪獣です。その毛むくじゃらに引火して、火だるまになってしまったのです。皮肉にも、お客さんたちは演出かと思って、拍手をしていたといいます。

 僕が劇団を去って、翌年のことでした。


 ところで 「ゆるキャラ」 と言えば、「焼きまんじゅうろう」君って知ってますか?
 僕のプライベートバンド、じゅん&クァパラダイスの 『GO!GO!温泉パラダイス』 に続く第2弾、『焼きまんじゅうろう 旅すがた』 のキャラクターです。イラストは、絵本作家の野村たかあきさんが描いてくださいました。

 実は、この 「焼きまんじゅうろう」君、すでに本に載っています。
 『日本全国ご当地キャラクター図鑑 2』(新紀元社、1,400円)の群馬県のページです。
 ぜひ、書店で見てやってくださいな。

  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 となりの芝生 (2018-02-19 13:47)
 キレる中高年 (2018-02-14 12:40)
 小さな手と手 (2018-02-12 13:06)
 16歳へのレクイエム (2018-02-02 18:27)
 トンカツと温かい手 (2018-01-29 13:56)
 鬼の道 素通り (2018-01-27 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ゆるキャラの夏
    コメント(0)