温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年08月26日

「GG」と呼んで

 そもそもブログは、プライベートなことを書く場なのでしょうが、あまりに私的過ぎると、マスターベーションのようでむなしくなります。
 増して、身内や家族ネタは、延々と見せられる結婚式のビデオや毎年送ってくる子どもの写真年賀状のようで、閉口してしまいますよね。

 分かっています。分かっていますが、今日だけは書かせてください。ご勘弁ください。


 本日、8月26日、午後4時48分。
 愚娘が、男児を出産しました!

 はい、ということで、晴れて僕は、おじいちゃんになりました~(とさ)

 今日は朝から超多忙を極めてまして、午前2本の会議と打ち合わせ、午後は2本の打ち合わせと合間に電話による取材が数本……。
 すっかり、娘が昨日入院したことも、家内が仕事を休んで病院に張り付いていることも忘れていました(ま、祖父なんて、そんなもんでしょう)。
 夕方、家内と娘の亭主から連絡が入ったときも、コンビニで膨大なコピーを取っていたくらいですから、ノンキなものです。

 まだ実感がわかないというのもありますが、やっぱり我が子の誕生とは、感覚が異なりますね。

 まず、緊張感がない!

 第一子の長女のときは、嬉しさを通り越して、「こりぁ、大変なことになったぞ」「しばらく、海外旅行は行けなくなるな」「俺も人の親になったんだ」「真面目に働こう」……なんて、かなり前向きに気負ってみたものです。

 長男のときも、多少緊張感は薄れたものの、「うわぁ~、養育費かかるぞ」とか「アパートじゃ、狭過ぎるな」とか「男の子には、働く父親の背中を見せてやらなくちゃならんな」とか、人生を構えたものです。

 次女のときは、もう、かなり気持ちはゆる~くなってましたが、それでも「かあちゃん、もう打ち止めにしような」「この子が成人するときは、俺はいったい何歳だ?」「ええい、1人も2人も3人も、同じじゃい。貧乏に変わりはないや」と、開き直ったものでした。

 でも、孫は違います。
 なんだか他人事のようです。子育ての責任がないからでしょうか?
 ただただ、心から娘夫婦に「おめでとう、良かったね」と、言えるのです。


 ところで問題は、僕のことを何と呼ばせるかです。
 「おじいちゃん」は、もう少し大きくなってからでしょうから、その前です。
 世の中には、格好つけて「グランパ」とか呼ばせる人がいるようですが、日本人ですから、それもヘンでしょう。

 この際、「ジジ」と呼ばせましょう。
 でも、音では「ジジ」ですが、表記は「GG」です。
 「GG」は、GOGOに似ています。はい、『GO!GO!温泉パラダイス』に通じますものね。


 なんだか、無駄な抵抗のようで、むなしくなってきました。

 今日のところは、素直に新しい生命の誕生を喜び祝いたいと思います。


 「めばえ、まさし君、おめでとう!」  GGより
 


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

この記事へのコメント
お孫さん、無事、誕生おめでとうござます♪

て、ことは奥様はBBか!?
同い年のワタシとしては複雑です(笑)
気持ちは、Junちゃんちでワイワイ騒いでた頃のままなんだけどな~。
Posted by サマンサ at 2010年08月30日 10:40
サマンサさんへ

ありがとうございます。
ご主人様には、いつも大変お世話になっております。
昨日も、一緒に雑誌の取材に行って来ました。

懐かしいですね。
娘がまだ小さい頃、サマンサさんのことを 「バリアのお姉ちゃん」 と呼んでいたことを思い出しました。
ファミレスでしたっけ、娘が騒いで通路を走り抜けようとすると、「バリアー!」と言って、捕まえてくれたんですよね。

おかげさまで、世間に迷惑をかけることもなく(その分、親には多大なる迷惑をかけていますが)、すくすくと育ち、今は家庭も持ち、人の親となりました。

あの時のサマンサさんの “しつけ” のおかげだと、感謝しております。
Posted by 小暮 at 2010年08月31日 02:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「GG」と呼んで
    コメント(2)