温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年08月29日

温泉に入ってるだけ

 以前、ブログにも書きましたが、僕は今年、育成会長さんなのです。
 夏から秋にかけては、子ども会のイベントが、てんこ盛りです。「こりゃ、仕事なんてしている場合じゃないぞ!」と言って、本当に仕事を放り出したい気分です。
 完全に、今の僕の職業は「育成会長」です。名刺を持ったほうが、良さそうですね。

 今日も、朝から夜まで、2本のイベントのかけ持ちをしてきました。

 スマイルボウリングって知っていますか?
 前橋市で生まれた、屋内スポーツです。
 5人1組となって、ボウリングの10本のピンを全部倒すまで、1人ずつ投げる単純な競技なのですが、これがなかなか面白い。前橋市では、子どもからお年寄りまで、頻繁に行われています。

 先週、このスマイルボウリングの地区大会で、うちの町が優勝してしまつたのです。
 で、今日は朝から生涯学習センターの体育館で開催される前橋市大会に、子どもたちを引き連れて行って来ました。

 結果は、予選リーグ突破!
 ベスト16に残ったのですが、トーナメントの初戦で敗退してしまいました。

 でも、すぐさま子どもたちを連れて次の会場へ。
 某企業のお祭りイベント広場です。
 うちの町の子ども八木節が、夕方から出演するためです。

 八木節保存会の大人たちと、無事合流して、定時にステージへ立つことができました。


 「いやぁ~、小暮さん、良くやるね。みんな、感心してるんですよ」
 と、保存会の1人が言うと、
 「育成会長、適任だよ。来年もやってくれると、嬉しいんだけどな」
 と、もう1人。
 「カンベンしてくださいよ。だいぶ、仕事にシワ寄せがきてるんですから」
 と僕。

 すると別の1人が、
 「よく言うよ、小暮さんの仕事はさ、温泉に入ってればいいんじゃない」と……

 この言葉、最近、富に言われるんです。
 とても気になるのですが、できるだけ、エヘラエヘラ笑っているようにしています。

 でも、世の中に、そんな仕事ってあります?
 例えば、プロ野球選手は「野球やっているだけ」ですか? 陶芸家は「土をいじっているだけ」ですか? 競輪の選手は「自転車こいでるだけ」ですか?
 歌手は、歌を歌っていれば、それだけでいい仕事じゃありませんよね。

 でも、気持ちは分かるんです。
 そう言う人たちは、決まってサラリーマンですから。
 僕もサラリーマンをしていましたから、その“つらさ”は、よーく知っています。
 サラリーマンって、“○○だけ”やっている仕事じゃないんですよね。心中、察します。

 確かに○○だけやっている仕事って、楽しそうだし、ラクそうだし、好き勝手に生きているように見えるんですよね。
 僕も、そう思いましたもの。だからサラリーマン、辞めました。

 で、結果、そのとーりでした!

 好きなことに熱中できるし、やりたい事をやりたいだけやれるし、誰にも文句は言われないし、ストレスはたまらないし、何よりも楽しいんですよ。
 サラリーマンやっている時より、100倍は楽しいですね。

 だから「温泉に入っていればいいんじゃない」と言われれば、そのとおりなんですけど、たった1つだけサラリーマンより“つらい”ことがあるんですね。
 それは「いつまで温泉に入っていられるのか?」ということ。

 プロ野球選手も、競輪選手も、歌手も、陶芸家も同じだと思います。

 願わくば、ずーと○○だけの生活を続けていたいものです。
 そのために、人が見ていないところで、チョッピリだけ努力もしているんですけどね……


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
はじめまして、こんばんは☆
楽しくブログ拝見させて頂いてます♪

今日は午前中、真沢温泉『真沢の森』の湯を浴び、午後は上牧温泉『大峰館』の湯を浴びました。

おっしゃるとおり、どちらも素晴らしい温泉でした(^O^)/

大変有り難いブログです!
これからも参考にさせて頂きます。

育成会長とお仕事、頑張って下さい。
Posted by ちまちま at 2010年08月29日 22:46
ちまちま さんへ

いつもありがとうございます。
嬉しいですね。湯の分かる方が、湯を訪ねてくださるのが、一番嬉しいんですよ。

雑誌や新聞では、なかなか詳しいことは書き切れません。
その点、ブログは、けっこう本音が書けるので、参考にしてください。
講演やセミナーだと、もっと温泉の裏話が話せるんですけど……。
Posted by 小暮 at 2010年08月30日 02:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉に入ってるだけ
    コメント(2)