温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月11日

白根温泉 「加羅倉館」

 ライターの仕事というのは、1年を通したら、ヒマな時期のほうが多いんですけどね。
 なんだか、このところは、息継ぎする間もないような、ジェットコースターライフが続いています(本当は、忙しい自分がキライです)。

 昨日は朝から、栃木県境にある白根温泉へ行ってきました。
 群馬の人は「白根」と聞くと、ふつう草津白根山を思い浮かべますが、白根温泉があるのは日光白根山のふもとです。
 その日光白根山の加羅倉(からくら)尾根と赤沢山の谷間を流れる大滝川のほとりに、一軒宿の「加羅倉館」があります。

 加羅倉館を訪ねるのは、もう何回目になるのか分からないほど、訪ねています。
 本や雑誌、JRなどの取材でお邪魔しているのですが、その都度、5代目管理人の入澤眞一さんには大変お世話になっています。

 入澤さんとの出会いは、5年前になります。
 初めて泊まった晩に、「特別だよ。一般客には出さないんだからな」と言って、てんこ盛りの鹿肉をごちそうになりました。近くの猟師が撃ってきた新鮮な鹿肉です。
 それまで、鹿肉というものを食べたことがなかったわけではありませんが、「おいしい」という記憶はありませんでした。が!これがうまかった! 「鹿肉って、こんなにもおいしいものなのだ」と感動しながら、同行のカメラマン氏と、ぺロリと平らげてしまいました。


 今回は、月刊「Deli-J」の取材です。
 と、いうことは、相棒は?
 はい、フルチン改め、海パンカメラマンこと、竹沢佳紀くんでーす!

 我らが竹ちゃんマンは、昨日も絶好調です。それもそのはず、彼が表紙を担当した僕の本が、納品される日なのですから。
 この仕事が終わって前橋にもどったら、2人して、新刊本完成の打ち上げ会に参加するのです。
 竹ちゃんに負けじと、僕もテンションを上げながら、取材に取り組みました。

 白根温泉は、「湯量豊富」「泉質良好」「管理人のオヤジ最高」と三拍子揃った、僕がおすすめする群馬の温泉十指に選ぶ、大好きな温泉の1つです。
 とにかく湯量が凄い!

 所有する自家源泉は、驚きの13本。そのうち使用しているのは、たった4本です。
 以前、使用していない源泉を見に、入澤さんと川の対岸の森へ入ったことがありますが、ボコボコと源泉がただ自噴して、川へ流れ込んでいました。これが本当の 「源泉たれ流し」 です。

 使用している4本の内訳は、男湯1本、女湯1本、シャワーに1本、そして厨房で1本。
 なんと贅沢な話でしようか。
 全国の温泉地では、湯が足りなくて加水して、循環している宿や入浴施設があまたとあるというのにね。

 その湯量は、毎分600リットル!
 「こりぁ、凄いや。撮影前にお湯をまかなくて済むなんて、ホンモノはちがいますね」と、竹ちゃんは驚愕していました。

 実は、カメラマンは、温泉の撮影時に、よく浴室の床に湯をまくんですね。
 きれいに写るというのもあるんでしょうが、湯が豊富に見えるからということもあると思います。
 でも、ここは湯舟の三方の縁から、これでもかというくらいザーザー湯があふれ出ているのですから、その必要もありません。

 入澤さんのインタビューも無事終了して、一路、前橋へ。

 いやぁ~、夕べは竹ちゃん、はじけまくりました。
 熱く、写真論を語っていましたよ。

 いよいよ来週、竹ちゃんの写真が表紙を飾る新刊本 『群馬の小さな温泉』 が、書店&コンビニデビューします。
 みなさん、よろしくお願いいたしますね。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑨ (2019-04-17 23:37)
 松代温泉 「松代荘」 (2019-03-27 20:58)
 湯宿温泉 「太陽館」③ (2019-02-27 11:03)
 高崎観音山温泉 「錦山荘」⑤ (2019-02-04 18:53)
 大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑫ (2019-01-25 18:24)
 老神温泉 「伍楼閣」③ (2019-01-23 14:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
白根温泉 「加羅倉館」
    コメント(0)