温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月13日

聞く前に浴め!

 新刊本の発売が近くなったからでしょうか?
 ここにきて、講演の依頼話が多くなってきました。

 まあ、さくい話、講演が一番本が売れるんでよ。
 だから出版元も、「じゃんじゃん、講演してください」と、話を持ってきたりします。
 購買率でいうと、聴講者の半分以上が買って帰ります。
 講演を聴いた、記念のお土産といった感覚なのかもしれませんね。
 でも、いいんです。売れれば(キッパリ!)。

 講演会のいいところは、新刊本だけではなく、古い本も売れるところです。
 『上毛カルテ』(上毛新聞社)は、10年以上も前に書いた本なのに、僕の処女作ということもあり、温泉本を持っている人が買い求めていきます(この本、まだ絶版になっていないようです。アマゾンで売ってましたから)。
 レア本では、ベトナム旅行記の『ヨー!サイゴン』(でくの房)です。
 講演会でしか販売しない、自費製作本ですから。


 ところで、講演会やセミナーを引き受けておいて、なんですけど、温泉って、学ぶものですかね?
 実は、温泉講座の講師をやっていて、いつも疑問に思っていることなのです。
 温泉って、自分で勝手に楽しむものですよね。授業で学ぶものではないはずです。
 頼まれるから引き受けていますけど、毎回、ふに落ちずにいます。

 “おいしいもの”が人それぞれ違うように、“いい温泉”“好きな温泉”も人それぞれ異なります。
 どれが“正しい温泉”なんてありません。
 温泉にプロもアマチュアもないんですから、その人が感じたものが、正解です。
 僕の話なんて聞いたって、僕が体験して感じた湯ですから、万人にあてはまるとは限りません。

 「百聞は一見に如かず」

 “聞く前に浴(あ)め!”です。

 おいしい料理の話を100遍聞いても、空腹は満たされません。
 温泉も同じです。
 知識の前に、体験を!

 なーんて言いながら、本が売れるから講演会はやりますけどね(節操がないヤツですみません)。
 

同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 一番いい温泉は、どこですか? (2018-09-03 19:38)
 公民館めぐり (2018-08-24 18:30)
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
聞く前に浴め!
    コメント(0)