温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月15日

新刊本のごあいさつ

 書店&コンビニの発売を前に、先週末、著者分の本が納品されました。
 よって、今週から仕事の合間をみて、お世話になった機関や個人をあいさつして回っています。

 今日は午前1本、群馬大学にて准教授のインタビュー取材を終え、午後からあいさつ回りをしました。
 午後イチのスタートは、たびたび僕の講演会を開いてくださっている㈱ライフプラン21の代表・本多輝雄さんを訪ねました。

 本多さんは無類の温泉好きです(僕よりも温泉が好きかも)。
 僕は温泉が仕事ですが、本多さんにとっては趣味のはずなのに、連絡をいただくと必ず温泉地からです。それも平日の真昼間だったりします。
 いったいいつ、仕事をしているのですか?
 そう僕が言うと、「だって、小暮さんのブログ読んでいると、無性に温泉に行きたくなっちゃうんだもん」と駄々っ子みたいなことをいいます。
 ふつう、そう思っても、グッとこらえるのが大人の世界なのですが、本多さんは違います(駄々っ子ですから)。
 居ても立ってもいられなくなって、仕事を放り投げて(ウソです)、温泉地めがけて車を飛ばしてしまいます。

 そんな本多さんと僕が出会えば、ずーーーーーっと温泉の話です。
 今日も、僕の新刊本 『群馬の小さな温泉』 を手に取りながら、「いいね、いいね」「ああ、行きたいな」を連発しながら、温泉談義に盛り上がってきました。
 本多さんのような、熱い温泉ファンに喜んでもらえると、「ああ、本を作って良かった」と素直に思えるのです。

 本田さん、本10冊お買い上げ、ありがとうございました!


 今度はその足で、県庁へ移動。関係機関にごあいさつ。

 前著に続き、新刊本でも協力の欄にクレジットを入れさせていただいた群馬県健康福祉部薬務課、温泉係の森尾誠さんを訪ねました。薬務課とは前任の細野泰志さんからの付き合いです。
 薬務課は、県内の温泉の泉質調査と管理をしている部署です。よって、温泉を取材してまわるライターの僕には、絶対的に必要不可欠な機関なのであります。つねに新しい情報、正しい情報をいただいているところです。

 森尾さんは、直接、源泉湧出地の泉質や湧出量を検査してまわっている方ですから、一般の人はもちろん、この僕でさえ知りえない裏事情なんかも知っているのです。もしかしたら、温泉旅館のご主人でさえ把握していない事実なんかも知っていたりする人なのです。

 「温泉を大切にしているご主人に出会うと嬉しいですね。温泉を大切にしている人は、湯量に見合った浴槽の大きさを知っていますし、浴室の掃除も行き届いています」と森尾さん。
 森尾さんの話は、毎回、とてもタメになります。僕なんかと、温泉を見ている角度が違うんですね。
 森尾さん、ぜひ 『プロが覗いた 群馬の温泉裏事情』 を書いてください。
 ベストセラーになること、間違いなし!

 それとも、2人で組んで、僕が書きましょうか?
 もちろん、印税は折半ということで……。


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 山頂に立つ (2018-06-14 11:00)
 ディレクター魂 (2018-06-07 15:38)
 どこかで 誰かが⑨ ディレクター (2018-05-29 11:18)
 不自由なれど (2018-05-21 13:34)
 読者の目 (2018-04-27 12:09)
 どこかで 誰かが⑦ 写真 (2018-01-31 12:21)

この記事へのコメント
おぉ~~~、淳!!
この本まだアマゾンなどで検索したが、無いよ~~~(@_@。
あったら購入し読むかんね。。。

秋~冬、群馬の温泉には絶好の季節、温パラチンドン企画もヨロシクね~~~(^o^)丿
Posted by クラウン“wakuwaku” at 2010年09月19日 11:53
クラウンさん へ

退院、おめでとうございます。
体の調子は、いかがですか?
もう、お互い若くないのだから、無理をせずに、ゆっくり行きましょうね。

そーですか、アマゾンはまだですか。
ヤフーブックとセブンネットは、もう扱っていましたよ。
署名と著者名のダブル検索してみてくださいな。

それから、オンパラは来月、前橋まつりに出演しますよ。
ぜひ、またチンドンとのコラボを楽しみにしています。
Posted by 小暮 at 2010年09月19日 20:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新刊本のごあいさつ
    コメント(2)