温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月16日

謎学の旅⑥ 「三途の川」

 みなさんは、三途の川を渡ったことがありますか?

 僕は何回もあります。
 たぶん、みなさんの中にも、何度か渡ったことのある人がいるんじゃないですかね。

 「三途の川」とは、ご存知、人が死んでからあの世へ行くときに渡る想像上の川の名前です。
 ところが、その川が、全国に3ヶ所も存在するのです。

 千葉県長南町を流れる三途川、宮城県蔵王町を流れる三途川、そして、もう1つが群馬県甘楽町を流れる三途川です。
 しかも一級河川は群馬の三途川だけ。これは、日本を代表する「三途の川」ということで、過去には日本三途の川サミットも当地で開催されています。

 国道254号を旧吉井町側から車で走ると、「あっ」という間に通り過ぎてしまいます。もう一度、Uターンして戻ってみたのですが、「あれれっ」と思っている間に、あの世とこの世を往復してしまいました。
 かなり注意をして通らないと、あの世とこの世の境目を発見することはできません。それくらい、小さな川です。

 そこで目印となるのが、国道に架かる「三途橋」のたもとに建つ 「姥子堂(うばこどう)」 です。
 小さなお堂の中には、江戸時代に作られた 「奪衣婆(だついばあ) が祀られています。

 奪衣婆とは、三途の川のほとりにいて、死者の衣服をはぎ取るといわれている老婆です。
 脱がせた衣服の重さで、罪の軽重をはかり、生前に犯した罪を正し、閻魔大王(えんまだいおう)に送る役目をしています。
 善人は、衣服を取られずに、極楽へ案内されるといいます。

 恐る恐る、お堂の中を覗き込むと、オオオオ~!
 確かに凄腕風のニタリ顔したお婆が、こちらをにらんでいます。
 これは死ぬまで善人で過ごし、このお婆の世話にはならんほうが、身のためですな(それくらい、恐ろしい顔をしてます)。

 三途川は、上信越自動車道の甘楽PAの南側を水源地に流れ出し、その後、白倉川に合流し、鏑川に合流して、最後は利根川と合流します。水源地から白倉川との合流地点までは、わずか2・5キロ。なんの変哲もない、どこの田舎にも流れているような小河川です。
 でも、やはり、ネーミングが凄い!

 で、僕は三途川に架かる三途橋の真ん中で考えました。
 どっらがあの世で、どっらがこの世なのか?
 これがはっきりしないと、帰れません。

 どうも奪衣婆が川の右岸にいるところをみると、この世は旧吉井町側のようです。
 すごすごと右岸に渡り、この世にもどって帰ってきました。


 謎学の旅はつづく。

 

同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 謎学の旅はつづく (2018-12-08 19:33)
 妖精ふたたび (2018-08-15 10:37)
 不思議、大好き! (2018-04-12 11:35)
 犬にまつわるエトセトラ (2018-03-13 10:53)
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)

この記事へのコメント
↑上に変なコメントついちゃってますねTT

三途の川、以前取材で通りましたね!
なつかしい…。
群馬の三途の川は、ツイッターでも
先月辺りに話題になってましたよ!!
本物の三途の川は、まだまだ渡りたくないですねぇ^^;

群馬って、もう何年も住んでるのに
まだまだ知らない所っていっぱいあるんだろうなぁ。
Posted by SHIZUKA at 2010年09月16日 23:38
SHIZUKAさんへ

ご無沙汰していますが、元気にやってますか?
あの頃は、県内方々へ取材に出かけましたね。

移動中の車の中で、SHIZUKAさんの夢をいっぱい聞きました。
「夢は叶うもの」だと、応援していましたよ。
そして今、独立して、自分のアトリエで頑張っているんですね。

ぜひ、今度は人生の先輩として、後輩たちに夢の見方と叶え方をレクチャーしてあげてください。
さらなる飛躍を楽しみに、陰ながら応援しています。
Posted by 小暮 at 2010年09月17日 10:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
謎学の旅⑥ 「三途の川」
    コメント(2)