温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月17日

ヘビだってカエルだって

 「淳ちゃん、ぜったいに笑わないで聞いてよね」

 先日の飲食店の社長さんです。

 20年も前、タウン誌の編集をしていたころ、営業でお世話になった方です。
 あの頃は、恐くて恐くて、あまり近寄れなかった人なのに、変われば変わるものです。歳月が経つと、石も人間も風化して丸くなるんですね。だって昔は「おい、小暮!」って怒鳴っていた人が、今じゃ「淳ちゃん」ですよ。

 「今日これから○○温泉に行こうと思っているんだけど、ヘビって露天風呂に入って来るよな?」
 「はい、入って来ます」(きっぱり!)
 「だよな、入るよな。人間だって気持ちいいんだから、ヘビだって入るさな。でもよ、この世で何がキライかって、俺はヘビが一番ニガテなんだよ」

 それを聞いて、僕は「ガッハハ、ガッハハ」大笑いをしてしまいました。
 「ほれ、笑った。笑わない約束だろうが」

 そりゃあ、笑いますよ。だって社長の風貌は、ほとんどクマですよ。顔もイカツイし、社長が逃げ出す前に、ヘビのほうがビビッて湯舟に入って来ないって。
 ま、そんな話をして電話を切りましたが、人は見かけによらないですね。

 果たして、社長は温泉へ行ったのでしょうか?
 まだ、連絡はありませんが。


 ところで、ヘビの話ですが、今夏もヘビが露天風呂を泳いだ話は良く聞きました。
 ヘビだけではありません。
 カエルだって飛び込むし、カモシカだって現れます。
 でも、一番やっかいなのは、アブやハチのたぐいです。夏の露天風呂は、昆虫の楽園ですから。
 クスサンとかいうんですか? 人の手のひらくらいあるドでかいガです。
 僕はヘビは大丈夫ですけど、ガはダメですね。気を失いそうになります。

 秋は落ち葉、冬は砂ぼこり、春は花びらと、一年中露天風呂は、いろいろなモノが飛び込むんです。
 だから露天風呂は、ご主人泣かせの存在なのです。

 どこの温泉旅館のご主人も「露天風呂は造りたくない」が本音です。
 でも、客からの問い合わせで「露天風呂ありますか?」と言われて、「ありません」と答えた途端、ガチャン!と電話を切られてしまう話を、もう耳にタコができるくらい方々で聞かされました。
 泣く泣く、露天風呂を造ったという宿は、たくさんあります。

 その一方で、豊富な湧出量がありながら、かたくなに露天風呂を持たない旅館があります。
 露天風呂の湯量に見合わない非合理的な造りに、湯守(ゆもり)として疑問を抱いている主人たちです。
 本当の湯の良さを味わってもらうならば、露天風呂は不必要なのです。
 この考え方は、僕も同感です。
 僕は、完全なる“内風呂主義者”です(湯量と湯温に見合った露天風呂のみ認めます)。


 ちなみに、湯量がありながら露天風呂を持たない湯守のいる宿を思いつくまま挙げると……

 ・鹿沢温泉「紅葉館」 ・白根温泉「加羅倉館」 ・湯檜曽温泉「林屋旅館」 ・尻焼温泉「ホテル光山荘」 ・松の湯温泉「松渓館」 ・平治温泉「逢友荘」 ・丸沼温泉「環湖荘」

 などがあります。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 金は出すが口は出さぬ (2018-12-02 13:37)
 美肌と温泉と空っ風 (2018-11-21 14:10)
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)

この記事へのコメント
小暮さん、いつもありがとうございます。
昨日、新刊が届いていました。
下世話ですが「売れそうなにおい」がしますねぇ〜。値段も手頃だし。
今までのこの手の本て編集プロダクションまる受けで、バイトのカメラマンとフリーランスが既出の情報をもとにやっつけで作ってくるのが大半でしたね。もし県内だけの販売でしたら、ちょっともったいないですよ。せめて関東圏を期待します。

ちなみに、今月贈呈いただいた本は
「満州の情報基地ハルビン学院」「日本海軍の潜水艦」そして「群馬の小さな温泉」
です。ジャンルは異なりますが、どれも作者の人となりと研究対象に対する愛情・責任感あふれる作品でした。
こちらも、そろそろ背中に火がついてきました・・・
Posted by しばた at 2010年09月18日 14:56
しばたさん へ


いえいえ、こちらこそ、いつも本を送っていただき、ありがとうございます。

この連休を前に、県内の書店およびコンビニでは販売がはじまりました。
あと、一部の埼玉県(群馬寄り)。東京では、紀伊国屋やジュンク堂など、大きな書店では販売されます。

地方出版社なので、なかなか首都圏の書店には取次ぎが卸さないようです。
そのぶん、今はネットで買えますから。楽天トラベルもタイアップ企画を特集してくれるとのこと。こちらも期待しています。

ぜひ、群馬の小さな温泉へ、奥様とお出かけください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2010年09月18日 18:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ヘビだってカエルだって
    コメント(2)