温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月19日

書店はステージ

 先週金曜日に、新刊 『群馬の小さな温泉』 が無事に発行されました。

 通常、書店販売ありきで、コンビニでの販売は後発になるのですが、今回は、どうもコンビニの力が強かったようですね。
 すでに連休初日の昨日、セブンイレブンもセーブオンも陳列されていました。

 さてさて、書店は……と思い、本日、大手書店をのぞいてきましたが、まだ 『ぐんまの源泉一軒宿』 が単独で販売されていました。新刊は流通都合から、連休明けの陳列になるらしいです。

 で、ネットはどうなのかと検索してみると、ヤフーブックスやセブンネットサービスでは、すでに取り扱っていました。
 なんだか、時代を感じますね。
 書店より先に、コンビニやネットでの販売が先だなんて。昔では考えられなかったことです。

 本が好きで、この世界に入って、「いつかは自分も本を書いて、書店や図書館に自分の本を置くんだ!」と目標にして頑張ってきた場所ですからね、本屋さんは。
 だから、やっぱり書店への思いは強いですよ。

 棚ではなく、新刊本コーナーで、平積みされることが、物書きの夢ですから。
 これは、時代に関係なく、あこがれなんです。

 今日、コンビニで、自分の本を手にとって眺めてきました。
 うれしいことは、うれしいのです。でも、なんだか、書店で出会う感動とは異なりますね。
 「なぜだろう?」
 と思って、本をラックに置いて、全体をしげしげと眺めました。

 やっぱり、存在感が軽いんですね。
 週刊誌やコミックや、近くにはアイスクリームが売っていて、なんだか期間限定商品のようです。
 当然、ゴミになるということで帯はついてません。なんだか服を脱がされた裸ん坊のようです。
 それから、スリップという本の間にはさまっている二つ折りの書店専用注文カードも付いていません。

 昔々、苦学生の頃。
 都内の書店で永い間アルバイトをしていましたから、このスリップには、思い入れがあるんです。
 本が売れるたびに、このスリップを本から抜いて、レジを打ちます。
 一日が終わると、スリップの数を数えます。
 当時、黒柳徹子の『窓際のトットちゃん』が大ベストセラーでした。スリップの数も一番多かったことを覚えています。

 いつか、このスリップの著者欄に自分の名前を刷り込んでみせる!

 それが、20歳の淳青年の夢だったのです。


 月日は流れて、30数年。
 夢が叶ってからも、1冊1冊本を作り上げるたびに、やはり書店は僕のあこがれの場所です。
 そして今は、僕のステージだと思っています。

 連休が明けたら、書店へ行って、スリップを抜いてもらった本を1冊、買ってこようと思います。



同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あっぱれ! くまざわ書店 (2018-11-15 13:09)
 7年ぶりのランクイン (2018-11-04 11:40)
 つぶれない理由 (2018-10-28 12:31)
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
書店はステージ
    コメント(0)