温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月21日

新刊本のごあいさつ②

 連休明けの今日は、朝からまたまた新刊本のごあいさつ回りです。

 最初は、群馬県温泉協会へ。

 十数年前、僕の温泉取材は、ここから始まりました。
 県内の温泉情報をもらったり、ぷらっと寄ってお茶をもらったり、現在の僕の仕事に欠かせない機関です。
 今日も、ぷらりと寄って、お茶をいただきながら、温泉雑話をしてきました。

 「あら、お久しぶりね。本、できたの? まぁ、またこの本も売れそうねぇ」
 と、相変わらずお元気そうな事務局長の酒井幸子先生。
 先生は、温泉アドバイザーの研修会やら前著の取材時でも、大変お世話になっている僕の知恵袋的存在です。

 先生の名前を聞いて、ピンときた人いますか?
 あなたは、かなりの温泉通です。

 温泉地の浴室に、「温泉分析書」というのが開示されています。
 最近は、十年に一度の検査が義務づけられたので、新しい人の名前になっていますが、古い温泉地へ行くと、今でも先生の名前が認可者の欄に記載されています。
 酒井先生は、温泉科学者なのです。
 温泉の泉質のことなら、先生に聞けば何でも教えてくれるのです。


 群馬会館内の温泉協会を出て、通りを渡り、群馬県庁昭和庁舎3階のNHK文化センターへ。
 僕が昨年から講師を務める温泉教室を開催してくれているところです。

 突然行ったのですが、運良く、高山承之支社長と、担当の田中敬忠さんがいました。
 「先生、いつも大変お世話になってます。あれ、また本が出たんですか?」
 (ここだけは、僕のことをみんな“先生”と呼びます)

 高山支社長も田中さんも、温泉好きです。
 本を手に取るや、「ここの湯はどうですか?」「○○温泉は一度行ってみたいですね」「知らない旅館が、けっこうありますね」と、温泉談義が始まりました。

 「前の本もまだ売れてますでしょ?」と支社長。
 「はい、おかげさまで、また増刷になりました」
 「先生、これも売れますよ」
 「はい、まずはNHKの生徒さん全員に買っていただかないと(笑)」

 来週は、また今月の講座があります。
 「もう、アブはいないでしょうね?」と田中さん。
 次回は、夏に予定していて、アブの大量発生のために延期になっていた川古温泉です。
 「これだけは、アブに聞いてみないとね(笑)」


 来週あたりから、やっと秋がやって来そうです。
 いよいよ、温泉のハイシーズンです。

 さあ、みなさん。深まる紅葉を愛でながら、群馬の名湯、秘湯、珍湯、奇湯をめぐりましょう!  


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あっぱれ! くまざわ書店 (2018-11-15 13:09)
 7年ぶりのランクイン (2018-11-04 11:40)
 つぶれない理由 (2018-10-28 12:31)
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新刊本のごあいさつ②
    コメント(0)