温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月26日

大胡温泉 三山の湯「旅館 三山センター」②

 今日の午後、大胡温泉の女将から電話がありました。
 「小暮さん、ご活躍じゃないの! 今朝の見ましたよ」

 “今朝の見た”と言われて、思い当たることは2つ……。

 1つは、上毛新聞の10ページ、読書欄です。
 「週間ベスト10」のコーナー(煥乎堂本店調べ)で、5位に拙著の『群馬の小さな温泉』が載ったこと。
 “5位は、閉ざされた商店や飲食店、廃虚と化した老舗旅館…、それでもかたくなに湯を守り継いでいる本県の18温泉と36の宿を案内する” と書店からのコメントも添えられていました。

 もう1つは、今日、上毛新聞に折り込まれたフリーペーパーの月刊「Deli-J」。
 連載中のエッセイ「源泉巡礼記」の下に、ちゃっかり新刊本の広告が入っています。

 どうも、女将が今朝見たのは、後者のようです。
 「毎回、読んでるんだけど、もう本になっちゃったの? うちも載ってるかしら?」
 「いえいえ、この本は、すべて書き下ろしなんですよ。エッセイが出版されるときは、ちゃんと連絡しますから」

 「なーんだ、うちは載ってないの。でも買わせていただくわ。書店で売ってるって書いてあったわね?」
 「今なら、コンビニでも売ってますよ。よろしくお願いします」

 てな会話をして、電話を切りました。


 僕は、温泉地に、湯と宿と人を訪ねます。
 そのどれかに魅力を感じた事柄を徹底的に取材して、文章を書きます。
 でも、湯と宿と人の三拍子揃った温泉って、なかなかあるもんじゃありません。
 また、必ずしも揃わなくても、いいんです。満点じゃなくても、平均点じゃなくても、どれか1つが際立った温泉が、魅力的なんです。

 人も同じですよね。

 で、大胡温泉は、人に会いに行きます。
 ズバリ、女将の中上ハツ枝さんの天真爛漫で天衣無縫な性格に、引き寄せられるんですね。
 だから、近くを通った際は、用がなくても顔を出してしまいます。

 いつぞや、ひと風呂浴びようと、ぷらりと寄ったら、
 「ごめんなさいねー、今日はお休みなのよ。これから私、でかけるの。あらら、残念だわ~」
 と言いながら、長々と立ち話が続いてしまい、そのうち、女将ったら、
 「お腹、空いてない? 何か作るから、食べて行きなさいよ」
 と、遠りょする僕を、無理やり座敷に上げて、しまいには、
 「すぐ作るから、できるまで、お風呂入ってらっしゃい!」
 と言って、厨房へ入ってしまいました。

 えっ? 今日は休みで、出かけるんじゃないの?

 いっつも、女将はこんな調子なんです。

 温泉宿の開業までは、ずいぶんと苦労をした人です。
 その波乱万丈な人生は、愛と笑いと涙にあふれています。

 「私さ、本出したいの。面白い人生だと思わない? ねっ」
 と、ワッハハ、ワッハハと豪快に笑うのです。

 僕が書いてあげようかなぁ、なんて、ちょっぴり本気で思えちゃう人です。


 女将さん、近々、また行くね。
 そのときは、この間の恋愛話のつづきを聞かせてくださいな。
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大胡温泉 三山の湯「旅館 三山センター」②
    コメント(0)