温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年09月29日

名刺あそび                      

 「名刺あそび」って、知っていますか?

 銀座のホステスたちが、顧客の自慢をひけらかす遊びです。
 イチ、ニイのサンで、名刺をテーブルの上に出します。
 ○○工業の部長と△△商事の部長では、どっちが上か?

 子供の頃にやったトランプ遊びの名刺版ですよ。
 数字の大きい札が勝ち、相手の札をゲットできるというルール。

 さしずめ一流企業の社長さんが、キングでしょうね。
 そうなると、医者や弁護士の先生方は他の絵札となりますか。
 でも、キングはエースに負けるんですよね。

 社長に勝つ肩書きは?
 たぶん、政治家の先生あたりなのでしょうな。


 「俺たちなんて、数字の2だもんなぁ…」
 そう、ひとりごちたフリーカメラマンのO君。
 何のことかと問えば、名刺あそびの肩書きランキングのことを言っているのだ。
 「フリーランスの職業は、社会の中の底辺。そもそも肩書きがないもの」
 そう嘆いているのだ。

 「俺たちとはなんだよ、この俺もか?」と僕。
 「当然! 仕事がなけりゃ、お互いただの無職じゃねーの。名刺出して、誰か頭を下げるか?」

 やけに説得力のある言葉です。確かに、仕事がないときは、無職と変わりない生活をしている。
 名刺を出しても、「フリーターなの?」と勘違いされることも。ああ、フリーライターという肩書きそのものが、うさん臭いんですね。
 確かに名刺だけでは仕事が来ない職業です。下請けのそのまた下請けのような商いではあります。

 が、待てよ!
 数字の2は、3から13の札には負けるけど、エースには勝つではないか!

  ん? 例えにならないって。説得力ないよなぁ……。


 「名刺あそび」で、フリーランスの名刺は、真っ先にはじかれるんでしょうねぇ。
 っていうか、その前に、銀座のクラブへ行けねーし! 
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
名刺あそび                      
    コメント(0)