温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年10月11日

上牧温泉 「辰巳館」②

 上牧(かみもく)温泉の老舗旅館、辰巳館の4代目主人、深津卓也さんからメールが届きました。

 今回出版した『群馬の小さな温泉』に掲載されたことへの、丁寧なお礼のメールです。

 辰巳館へ取材に行ったのは、確か2月です。取材がスタートしたばかりの頃でした。
 いち早く趣旨を理解していただき、こころよく取材を引き受けてくれたのが深津さんです。


 本の制作とは、実に少ない予算で進められています。
 すべての宿の宿泊費、交通費が出ているわけではありません。
 そんな限られた経費の中で、今回36軒の宿を取材してまわりました。

 おかげさまで、予算内での取材が無事終了したからこそ、こうやって書店に本が並んでいるのですが、そこいたるまでには、スタッフの並々ならぬ努力と、温泉旅館の多大なる協力があってこその賜物(たまもの)なのです。

 深津さんは、その中でも最初に取材を協力してくれた方です。


 上牧温泉は、深津さんの祖父が大正時代に発見した温泉です。
 利根川沿いの田んぼに、冬でも雪がとけ、稲の枯れる場所があり、不思議に思った初代の深津謙三さんが、原因を探ろうと掘ったところ、温泉が湧き出たといいます。
 当初は、無料で村人に温泉を開放していましたが、昭和2年に辰巳館を開業しました。現在、上牧温泉には5軒の温泉旅館がありますが、最も古い宿です。

 源泉の温度は約41℃と、ややぬるめですが、弱アルカリ性の湯は肌にサラリとまとわりつく、やさしい浴感です。
 泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉。昔より「中風の湯」とも「化粧の湯」とも呼ばれ、保温保湿効果に優れている温泉です。


 また、ゆっくりと温泉に入り、湯上りには名物の献残焼(けんさんやき)をいただきながら、囲炉裏端で地酒を酌み交わしたいものです。
 そう、僕からもメールを返しました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)
 伊香保はどんな所です? (2018-04-04 11:52)
 谷川温泉 「金盛館 せゝらぎ」② (2018-03-28 12:14)

この記事へのコメント
付き人には縁遠いようですので、2冊の本を仕事場のデスクトップに置いています。実は、小暮さんは私のやりたいことをみな実行されていて、ちょっぴり嫉妬も交えて応援しています。私は両親が40才の時の子で、別れが早かったので(泣)、お体を労わって長~く温泉についてみんなに紹介してください。そしてお子さんの為にも。うちの父も温泉が大好きな人で、最後の言葉が、「川古温泉に行きたい」でした。代わりに川古温泉に行きたいと思っているところです。
Posted by ぴー at 2010年10月12日 12:24
 ぴーさんへ

 いつもありがとうございます。

 ちょっぴり、身につまされるコメントですね。
 末娘は、僕が41才の時の子です。
 仕事もなくて、毎日ぷらぷらしていたものですから、完全に主夫をしながら子育てをしました。

 ところで、川古温泉へは、ぜひ一度行ってみてください。

 川古温泉は、愛すべき群馬の古湯です。
 源泉の温度が40℃という、ぬる湯ゆえ、「持続浴」という長時間、湯に浸かる伝統的な湯治療法が、今も残されている温泉です。湯治客は、日に8時間以上、入浴しています。

 ただし、露天風呂は、完全混浴です。
 湯治の世界では、男も女もありませんから。

 ぜひ、お父様の代わりに、行ってあげてください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2010年10月13日 03:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上牧温泉 「辰巳館」②
    コメント(2)