温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年10月12日

謎学の旅⑩ 「幻のガラメキ温泉」(下)

 行く手をさえぎる沢で、立ち往生をしていると、後方から颯爽(さっそう)とマウンテンバイクに乗ったおっちゃんがやって来ました。

 「ガラメキ、行くの?」

 埼玉から来たという男性は、そう僕に声をかけると「では、お先に」と、難なく沢を渡って行ってしまいました。

 世の中には変わった人もいるものだ、と感心して後姿を見送りましたが、思えば我もその一人である。
 負けてなるものか!

 沢を良く見れば、上流の方に、先人により木の橋が渡されているではないか。
 こちらは徒歩なれど、おっちゃん(僕とあまり歳は変わらないと思います)に遅れをとるまいと、必死で後を追いました。

 ゲートから、かれこれ1時間。地図を見れば、ゴールは近い。


 最終関門の三叉路に出ました。
 3本の道のいずれかの選択です。確率は3分の1。
 ……が、あたりをよーく見渡し、慎重に判断をすれば、左の道の木の枝に、これまた先人の残した赤いテープを発見!

 間違いない! こっちだ!

 一気に急な坂道を、息を切らして登りつめると、前方に見覚えのあるマウンテンバイクが止めてあります。
 ついに、幻の温泉に、たどり着いたのです!


 でもそこは、何の変哲もない、ただの沢でした。
 でも、上流にヒューム管が埋まっていて、その傍らに、さっきのおっちゃんが座っています。

 「よっ、お先に湯をもらったよ。沢の水が入り込んで、泉温は24℃とぬるめだが、さっぱりするぞ!」

 なぬ? このおっちゃんはもうすでに、ひと風呂浴びたのか?
 タダ者ではない、と見た。

 ならば、我も負けじとばかり、素っ裸になり、ヒューム管の中へ……

 ヌ、ヌ、ヌル~イ! が、足底からプクプクと、気泡とともに天然温泉の湧出を感じます。


 ガラメキとは、「我楽目嬉」と表記するらしいが、定かではありません。
 発見は、2世紀末とされていますが、これも定かではありません。

 明治時代には3軒の旅館があったようですが、昭和21年、旧日本陸軍の相馬ヶ原演習場を米軍が接収し、旅館は強制立ち退きを命じられたといいます。

 そして、地図からもその名が消えた今、 秘湯中の超秘湯として、全国の野湯マニアの聖地となっています。



 ●源泉名 : ガラメキ温泉
 ●湧出地 : 群馬県北群馬郡榛東村鷹ノ巣山中
 ●湧出量 : 不明 (自然湧出)
 ●泉  温 : 約30℃ (湧出地の噴き出し口)
 ●泉  質 : 単純温泉とも硫黄泉とも炭酸水素塩泉とも……不明
 ●効  能 : やけど、皮膚病に特効あり
 ●施  設 : 直径約70cm、深さ約150cmのヒューム管のみ
 ●料  金 : 無料 (ただし、体力と勇気が必要)


 謎学の旅はつづく。


同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)
 編集長は、どこへ行った? (2016-06-27 22:36)
 怪談めっけ (2016-06-02 20:27)
 坂東太郎って誰よ? (2016-04-30 22:33)
 死んだ博士の呪い (2016-02-06 20:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
謎学の旅⑩ 「幻のガラメキ温泉」(下)
    コメント(0)