温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年10月20日

自分の怠惰は棚に上げて

 これは有名なエピソードですが、かの長嶋茂雄のことを現役時代に、「天才」と表した新聞記事がありました。
 それを見た当時の同胞、張本勲は「長嶋さんほどの努力家を、たった“天才”の二文字で片付けるとは何事か!」と激怒したそうです。
 まったくもって、そのとおり。無責任な表現です。

 僕のまわりでも、似たようなことが起きました。
 近年、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している画家のS女史。彼女をやっかむ声は、確かに、方々から聞こえていました。

 その彼女が数年前、栄えある賞を受賞した時のことです。
 さる婦人が、女史に向かって言いました。
 「Sさん、あなたって幸せよねぇ」と……

 きっと婦人に、他意はなかったのだと思います。素直な表現だったのかもしれません。
 でも、まわりにいた知人たちは、誰もが前述の張本の心境だったに違いありません。


 悲しいかな、凡人は、どこまで行っても凡人の表現しか持ち合わせてないのですね。

 当の女史はというと、「ありがとうございます。みなさんに感謝しています」と、そつなくかわしていました。
 さすが、鷹は爪を隠します。


 時に、人は他人の“幸福”を見て、あたかも宝くじが当たった“幸運”のように、理由もなく嫉妬することがあります。
 自分の怠惰は棚に上げて、他人の勤勉は見ぬふりをして……。


 さーて、そろそろ僕も棚の上のモノを下ろすとしますかねっ。
 うかうかしていると、今年もあっという間に終わってしまいそうです。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 カウントダウン (2018-05-07 18:02)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)

この記事へのコメント
GoGo温泉パラダイス!に乾杯! 
Posted by ぴー at 2010年10月20日 17:03
ぴーさんへ

ありがとう!
来月、前橋市で開催される「全国アマチュアちんどん競演会」で、歌いますよ。
群馬の温泉のPRのために、これからも、いろんな所で歌って踊りますから、応援してくださいね。
Posted by 小暮 at 2010年10月20日 20:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自分の怠惰は棚に上げて
    コメント(2)