温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年10月27日

神様のいる神社

 神社には、神様のいる神社といない神社があるんだそうです。


 昨日は、NHK文化センターの温泉講座日でした。
 おかげさまで、人気の講座のようで、今月から「秋・冬編」と題して、追加講座が始まりました。
 これまた、おかげさまで満席。ただいま、キャンセル待ちの状況です。

 今回は、正規講座の受講生を優先に受け付けたため、新規受講生は3名のみ。
 それも僕の読者ということで、著書を持参しての参加でした。
 うれしい限りです。

 「秋・冬編」の1回目の昨日は、奥嬬恋温泉の「干川旅館 別邸花いち」へ行って来ました。
 奥嬬恋温泉といえば、「今、地元が大変なことになっています」と以前、このブログに女将の干川陽子さんからコメントをいただいた温泉です。その後、諏訪神社がどうなったのか知りたくて、昨日の講座を大変楽しみにしていました。


 いったい、奥嬬恋温泉の周辺で、何が起きているのか?

 月刊 『Deli-J』 7月号で、連載している「源泉巡礼記」というエッセイに、奥嬬恋温泉の近くの神社がパワースポットだと僕が書いたものだから、読者が殺到しているとのことです。
 やがて、読者のみならず、僕のブログを見た人やネット上の書き込みなどで、その数が増え、ふだんは地元の人しか参拝しない無人の小さな神社に大勢の人が来るようになり、村人はビックリ! ついには役場の職員まで対策に借り出される事態に発展しているというのです (当ブログ内 「干俣の諏訪神社」 「パワースポット」参照)。

 女将に会うと、第一声は「小暮さん、ありがとうございます。たくさんの人がお見えになってます」とのこと。
 何でも僕の記事を読んだ人が、病気を抱えた子供を連れて宿泊し、諏訪神社へ参拝したそうです。
 そしたら後日、その家族は「子供の病気が良くなったお礼を言いに」と、また泊まりにきたというのです。

 「そのときは、本当に鳥肌が立ちました。これもそれも小暮さんのおかげです」と、また女将は深々と頭を下げるのです。

 ただ、良いことばかりではありません。
 たくさんの人が神社に訪れるおかげで、拝殿のまわりに酒の一升瓶や米のキロ袋が供物として並ぶようになりました(僕が記事の中に “酒と米を持って” と書いたのです)。
 これらを掃除するのは、地元の老人会の方々です。申し訳ありません。

 さらに、問題が起きました。

 たくさんの参拝客が来るようになったため、賽銭も貯まるようになりました。
 村では、「どうしようか?」と思案の矢先でした。
 賽銭泥棒に盗まれてしまったのです。これまた申し訳ない。

 僕が記事にしたばかりに、静かだった村が騒々しくなってしまったようです。


 で、温泉講座の一行ですが、僕が前回の講座時に「酒と米を……」と話をしておいたものですから、しっかり持参して来ていました。
 と、いうことで、ついに小さな村の小さな神社の前に、観光バスが横付けされることになってしまったのです。

 確かに神社の境内は、以前訪ねた時と、だいぶ雰囲気が違っていました。
 酒が並び、米が散乱しています。
 賽銭箱も社内にしっかりとしまわれ、鍵がかかった状態で、扉の穴から賽銭を入れるようになっていました。


 すべては6年前のあの日。
 僕が干川旅館に泊まった晩に、女将から聞いた摩訶不思議な話から始まったのです。
 信州の偉い僧侶が 「干俣の村社には、神様がいる」と言った言葉……

 すべての神社に神がいるわけでは、ないんだそうです。
 願い事は、神様のいる神社にしなければ、何の意味もないということです。


 恐るべし、干俣の諏訪神社!


同じカテゴリー(講座・教室)の記事
 後期講座 開講のお知らせ (2018-09-23 12:02)
 野外温泉講座 冬期受講生募集 (2017-11-22 15:04)
 「大人の休日倶楽部」 群馬の名湯・秘湯ツアー (2017-07-28 18:40)
 公開講座のお知らせ (2016-11-14 13:25)
 群馬の温泉に行こう! (2016-08-05 18:06)
 TENGU (2015-11-27 18:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
神様のいる神社
    コメント(0)