温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年10月28日

奥嬬恋温泉 「干川旅館 別邸花いち」②


 昨日のつづきです。


 奥嬬恋温泉の「干川旅館 別邸花いち」へは、雑誌や出版本の取材等で、なんだかんだとたびたび訪ねています。
 3代目主人の干川英男さんも、女将の陽子さんも、とても気さくで、まだお若いのに仕事熱心で、いつもいつも感心してしまいます。

 一昨日は、僕の温泉講座の受講生を23名も連れて行ったのに、そつなく応対してくださり、湯と料理にうるさいご婦人方も、大満足して帰られました。ありがとうございます。

 で、女将の干川陽子さんとは、最初にお会いしたときからパワースポットを紹介してもらうなど、温泉以外の話で盛り上がった仲ですが、今回、またしても摩訶不思議な話を聞かされてしまいました。


 それは

 「座敷わらし」

 です。


 「座敷わらし」といえば、火災で全焼してしまった岩手県の「緑風荘」という旅館が有名ですが、なななんと! 干川旅館にも住んでいるらしいのです。

 女将いわく、「座敷わらし」は昔からここに住んでいたそうです。が、平成15年に旧館を壊して別邸を建て替えてから、どーも今度は本館に引っ越したようだと言います。
 現在、住んでいる場所は、食堂。
 我々が一昨日、食事をした広間です。

 ただし、姿が見えるのは子供だけだとか。
 大人は、視線を感じとれる人が稀にいるとのこと。
 そして、その視線は、とても低い位置から感じるようです。

 「お子さんはよく、座敷わらしと追いかけごっこをしています。でも、子供は滅多に来ないので、淋しいだろうから、遊び相手に市松人形を置いてあげたんですよ」と女将は、食堂の棚を指さしました。
 確かに、人形が置いてあります。


 「座敷わらし」は子供の霊です。
 昔から、「座敷わらし」に出会うと、幸運に恵まれるといわれています。
 男なら“出世”をし、女なら“玉の輿”に乗れるとも伝わります。

 地元の人が「干俣様」と呼ぶ、諏訪神社のご利益をこちらの旅館が授かっているのも、もしかしたら「座敷わらし」が招いているのかもしれませんね。


 残念ながら、僕は何回も訪ねていますが、まだ一度も「座敷わらし」に出会ったことがありません。
 だから、出世できないのかもね。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

この記事へのコメント
こんにちは、温泉の話が好きで寄らせてもらってますが、ぜひ、ぜひ、群馬の摩訶不思議な話を本にまとめてもらえませんか?個人的に仕事の参考書になりますし(笑)、きっと、きっと、きっとべストセラーになると神様から……‥‥.
Posted by ぴー at 2010年10月29日 10:43
ぴーさんへ

いつもありがとうございます。
上毛新聞社へも、「『謎学の旅』は本になっているのか?」という問い合わせがあるそうです。が、まだ出版には、こぎ着けてません。
ただ、出版部からは「群馬の不思議話を集めた本を書きませんか?」という話は出ています。ので、来年は、少し真剣に出版化へ向けて、新たに取材を進めて行こうかと思っています。
本になったあかつきには、よろしくお願いしますね。
Posted by 小暮 at 2010年10月30日 12:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
奥嬬恋温泉 「干川旅館 別邸花いち」②
    コメント(2)