温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年11月09日

謎学の旅⑫ 「十石犬を追え!」(上)

 僕の犬嫌いは、仲間内ではつとに有名です。
 大型犬はもってのほか、チワワやマルチーズだって、触れなかったのです。

 そんな我が家に4年前、家長の僕の許可なく(家内と娘の策略)、突然、チワワのマロ君がやって来ました。それも、家の中で飼うという(チワワですから当然ですが)。これはもう、生きた心地がしませんでしたよ。

 でも、一緒にいると、だんだんと情ががうつるんですかね。気が付いたら、僕が散歩までさせていました。今では、家族の中で、一番心を許せる友になっています。
 が、依然として、他の犬はダメです。マロ君のみ平気になりましたが、相変わらず犬はニガテです。

 そんな僕が唯一、眺めるのが好きな犬がいます。柴犬です。
 自分でも理由は分からないのですが、なんとも牧歌的な味わいがあり、見ていると心が和むんですね(もちろん、触ることはできませんが)。

 で、その柴犬のルーツともいえる土着犬の血筋を受け継ぐ犬が、今も群馬県の上野村にいるというのです。
 その名は、十石犬(じっこくいぬ)。

 昭和30年代に絶滅したと思われていた、幻の日本犬です!


 十石犬は中型犬で、毛色は柴色と黒色の2種類。
 人間には従順だが、クマやイノシシなどの獲物には、勇猛果敢に立ち向かう気迫があり、古くはマタギ犬(猟犬)として使われていた犬です。

 昭和のはじめ、群馬県上野村と長野県佐久町の県境にある十石峠付近で、「すごい犬を見た!」という噂が広まりました。
 昭和3年、日本犬保存会の初代会長である斉藤弘吉氏が、地元の猟師から譲り受け、東京へ持ち帰った犬に「十石号」と命名。この犬の写真が当時、新聞や雑誌に紹介され、その素朴な風貌と自然な味わいの深さから “柴犬の最高峰” と称され、柴犬の名を一躍世に知らしめることになりました。

 「ああ、十石犬に会いたい!」
 知れば知るほど会いたくなる。
 犬嫌いの僕が、十石犬とたわむれる夢を見たくらいです。

 ところが願いとは、念じていると不思議と叶うものなんですね。
 仕事で上野村役場の人と会う機会がありました。
 すかさず十石犬の話を切り出すと、詳しい人を紹介してくれると言うではありませんか!
 さっそく僕は犬好きのカメラマンを連れて、上野村を訪ねることにしました。


 某月某日。
 十石犬保存会会長の今井興雄さんが、待ち合わせ場所に指定してきたのは、上野村ではなく、意外にも安中市でした。

 コンビニエンスストアで合流。
 あいさつもそこそこに、言われるままに付いて行くと、住宅街の一軒のお宅へ入って行きました。

 「おおおぉぉぉー、いる~!」
 いきなり車から飛び降り、シャッターを切り出すカメラマン氏。
 僕には、ただの柴犬に見えますが、彼は 「目が違う! 骨格が違う! 毛質が違う!」 と、興奮しています。


 「コイツは、まだ目が明るい。
  本来の十石犬は、もっと目に沈みがあるんだ。
  さあ、行くよ。ついておいで」

 今井さんは、そう言うと、車に乗り込んでしまった。

 僕らは、十石犬の故郷、上野村へと向かった。


 <つづく>
 

同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 妖精ふたたび (2018-08-15 10:37)
 不思議、大好き! (2018-04-12 11:35)
 犬にまつわるエトセトラ (2018-03-13 10:53)
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)
 編集長は、どこへ行った? (2016-06-27 22:36)

この記事へのコメント
こんにちは、小暮さん!私も同じ症状(笑)です。どーも犬はみているだけでお腹一杯です。触れないけど気にはなる、ちとやっかいな生物ですね。心の友マロ君は、かわいいんでしょうね。
Posted by ネコ派な、ぴーです at 2010年11月10日 13:50
ネコ派な、ぴー さんへ

ありがとうございます。
さっそく、ぴーさんからコメントがあったことをマロ君に伝えました。
すると彼も、涙をためて喜んでいましたよ(本当です。最近、目がウルウルしてます)。
僕もネコ派です。ネコなら、触れるんですよね。

ちなみにマロ君は、茶毛のロングコート。
鼻筋が通っていて、チワワっぽくないところが気にっています。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2010年11月10日 22:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
謎学の旅⑫ 「十石犬を追え!」(上)
    コメント(2)