温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年11月16日

妖精目撃


 直木賞作家、朱川湊人氏の小説に 『妖精生物』 という短編があります。

 10歳の少女が、ある日、高架下でビンを並べて商いをしているおじさんから、奇妙な生き物を買うところから話は始まります。
 この生物は一見、クラゲのように水の中で、ふわふわと漂っているだけなのですが……
 その日以来、少女の日常に摩訶不思議な出来事が、次々と起こります。

 僕は、この小説を読んだとき、完全に忘れていた、ある出来事を思い出しました。


 それは、“妖精” を見た日のことです。


 あれは数年前の、真冬の夜。
 親しい友人らが集まる飲み会の席へ向かって、自転車をこいでいました。
 たぶん、7時前後だったと思います。
 歩道を走っていると、何か光るものが僕を追い抜いて行きました。
 といっても、そんなに速いスピードではありません。僕のこぐ自転車より、少しだけ速いくらいですから、ずーっと目で追うことができました。

 自転車に乗った僕の右側、上方。
 車道と歩道の間。
 電線よりは低い位置です。

 まるで、「お先に失礼!」みたいに、ゆっくりと追い抜いて行ったのです。光の玉が!

 大きさは、距離からしてピンポン玉くらいに見えましたが、奇妙なことに、線香花火のような火の粉を散らしているのです。
 最初は、ロケット花火が水平に飛んできたのかと思ったくらいです。
 でも、それにしてはスピードが遅過ぎますし、煙もでていません。また、まったく音もしませんでした。

 スロースピードで僕を追い抜いて行った光の(火の?)玉は、電柱1本分くらい先で、突然、パッと消えてしまいました。


 飲み屋に着いた僕は、友人らに第一声 「真冬に大きなホタルを見ちまったよ」 と、話し出しました。
 すると、僕の目撃談を聞いていたS君が、
 「それ、妖精かもね」と、ぽつり。

 「えええーっ 、妖精?! 」と一同、びっくり。

 「そう、妖精だ。目撃例はいくつもある。ところで、その光はさ、まっすぐ飛んでたかな? それとも、フラフラと蛇行して飛んでいた?」とS君。
 「まっすぐ飛んでいたよ」と僕。


 すると、またもや彼は仰天なことを言ったのです。


 「じゃぁ、淳ちゃんが見たのは、オスだね」

 「オスだぁーーー?!?!?!?! 」一同。

 「そう、オス。でも消えちゃったんだよね。惜しいなぁ~。どこかガラス面にとまれば、足跡が採取できたのに」

 「足跡だぁーーー?!?!?!?! 」一同。

 おいおい、みんな何のことだか、さっぱり分からんのだよ、S君! 説明したまえ!


 「メスの足跡は、点の連続。オスの足跡はカギ状になっている」
 
 待て待て、どーして、そんなに詳しいだよ。お前?


 その後、延々とS君の妖精についての講義が始まったのです。
 なんでも、彼の知り合いに、妖精の捕獲に成功して、飼っていたことのある男がいるのだそうだ。
 どこまで信じていい話なのやら……。


 ということで、あまりに話がバカバカし過ぎて、小説を読むまで妖精のことは、すっかり忘れていたのです。

 その後、僕は、妖精に会っていません。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妖精目撃
    コメント(0)