温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年11月19日

○○のために……


 こんなことを言うと、すごくヒドイ亭主で、最低の父親だと思われるかもしれませんが、誤解を承知で話せば、僕は “家族のために” 働いたことがありません。
 では「何のために仕事をしているのか?」と問われれば、やっぱり自分のためになんですね。

 だからって、家にお金を入れてないわけでは、ありませんよ。
 家のローンも生活費も、僕のために稼いだ中から、お金が “ある時” は入れてます。
 当然、ない時は、入れられません。
 この辺が、世のお父さんたちと、若干違うところでしょうか。

 このスタイル(生き方?)は、結婚をして、所帯を持った時から、家人には話してあります。
 「決して、家族のためには働かない」と……。
 だから、そんな頑固な夫、父ですから、家族も承知して暮らしています。

 僕の仕事は、フリーランスですから、収入は一定してません。
 思わぬ高収入の月もあれば、一円も稼げない月もあります。
 だから“ある時”は出せるけど、“ない時”は出せないのです。

 よって、子供たちには 「とーちゃん、またケンカしたから、 とーぶん家は貧乏だぞ」と、真実を告げることになります。
 すると子供たちも心得ていて、「わかった、バイトするよ」と自分の小遣いを稼ぎにでかけます。


 なぜ、僕は自分以外の人のために働かないのか?

 人間の一生は、睡眠時間を除けば、残りの半分以上を働いています。
 いえ、いえ、睡眠時間以上に働いている人もいるはずです。

 と、いうことは“仕事” が、その人の人生の“顔”だということになります。
 お医者さんはお医者さんの“顔”を、野球選手は野球選手の“顔”を、歌手は歌手の“顔”で一生を生き抜きます。

 もし、その“顔”となる仕事が、“誰かのため”だったら……
 ブッダやイエスならいざ知らず、人間なら必ず見返りや代償を求めます。
 一番、ポピュラーなものが、“お金”ですよね。

 でも、代償は労働と釣り合ってないと、不平不満を生みます。
 「こんなに働いてんのに、なんで安給料なんだよ」とか、「どーして俺よりアイツの方が、多く金をもらってんだよ」とかね。
 ひと昔前なら、“家族のために”働いているお父さんたちは、こんなことを言いました。

 「誰のおかげで、メシが食えてると思ってるんだー!」(ちゃぶ台をひっくり返す)


 みーんな、代償が欲しいんですよね。
 自分の“意”としないことをしている、代償が……

 だから僕は、代償を求めない人生を選んだのです。

 “自分のため”なら、見返りも代償もいりません。
 その仕事自体が、僕のためのものですから、それにより発生したギャラ(お金)は副産物(おまけ)みたいなものです。
 これは当然、家族へ分配されます。


 なんだか、我がままで自分勝手な人間のたわごとに聞こえましたかね?

 でも僕は思うんです。
 もし、僕の子供たちが 「お父さんのために学校へ行ってる」 なんて言ったら……。
 こんな不幸なことはありません。


 あなたは、何のために働いていますか?


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 憧憬と焦燥 (2017-11-18 23:25)
 マロの独白(33) くっつき虫に御用心! (2017-11-16 18:49)
 特殊任務遂行指令 「HHS」 (2017-11-13 19:37)
 「いまに見ていろ!」 の今 (2017-11-06 12:13)
 遺伝子のバトン (2017-10-31 11:36)
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
○○のために……
    コメント(0)