温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2010年11月20日

島人たちの唄⑦ 「夕暮れの井戸端会議」


 「家のカギなんて、かけたことないね」

 「島にドロボーなんて、いないもん」

 浜に面した道端に、一列になってイスを並べて、夕涼みをしている年寄りたち。
 島のあちこちで、よく見かける光景だ。


 「ドロボー入っても、すぐ捕まっちまうだわ」

 「ああ、船で逃げなかならんもん」

 「乗り場、止めちまえばええんだ」

 アッハハハー! ウワッハハハー!


 笑い声が浜通りに響き渡る。
 それをかき消すように、2人乗り 、3人乗りの原付バイクが行き交う。
 もちろん、ナンバープレートなんて付いていない。
 停めてあるバイクもクルマも、みんなキーは差したまま。
 それでも盗まれることはない、と言う。

 誰ともなしに 「ナンバー付いてないけど、あれ違反じゃないの?」 と尋ねると、すかさず1人の老人が応えた。

 「あれね、付けておくと違反なんだわっ」

 アッハハハー! ウワッハハハー!

 またもや、大爆笑が沸き起こった。

 「ウソだと思ったら、ほれ、駐在さんに訊いてみろ」
 「自転車あるで、奥におるよ」
 と、島でたった1つの交番を指さした。



 「駐在ひとりじゃ、取り締まれたもんじゃない。だって、そんなことしたら簀(す)巻きにされて、海に放り込まれちゃうもん」

 頭をかきかき、おまわりさんは苦笑いをした。
 この島に赴任して、4年が経つという。

 「本当は3年が任期だけどね。島って、なかなか来手がいないんよ」

 休みの日に、家族のいる名古屋へ帰るのが、唯一の楽しみなのだとも言った。

 「良く言えば、団結力。悪く言えば、島根性ってやつだな。よそ者が何か言えば、それが島中に広がる。やたらの事は、言えないよ。この間、急性胃炎になっちゃって、胃カメラを飲んできたんだ」

 そう言って、おまわりさんは腹をさすってみせた。
 そして、言葉を付け加えた。


 「俺が島に来たときは、ナンバーなんて1つも付いてなかったんだ。これでも少しは良くなったんだよ」



同じカテゴリー(島人たちの唄)の記事
 島人たちの唄⑬ 「ぼくと、ぼくらと篠島の夕日」(下) (2011-09-08 14:07)
 島人たちの唄⑫ 「ぼくと、ぼくらと篠島の夕日」(中) (2011-09-06 18:28)
 島人たちの唄⑪ 「ぼくと、ぼくらと篠島の夕日」(上) (2011-09-05 17:29)
 島人たちの唄⑩ 「小女子とクラゲと島の春」 (2011-03-01 09:54)
 島人たちの唄⑨ 「カオスの片隅で」 (2011-01-21 13:36)
 島人たちの唄⑧ 「坂道と少女」 (2010-12-08 10:53)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
島人たちの唄⑦ 「夕暮れの井戸端会議」
    コメント(0)